「芸術を生むために日々努力をしている人に感謝します。僕は芸術なしでは生きられない」(S・ソダーバーグ監督、アカデミー賞受賞式にて)
「人間性への信頼を失ってはならない。人間性とは大海のようなものである。ほんの少し汚れても海全体が汚れることはない」(ガンジー)
「私は祖国を愛している。だが、祖国を愛せと言われたら、私は遠慮なく祖国から出ていく」(チャールズ・チャップリン)
「後世に残るこの世界最大の悲劇は、悪しき人の暴言や暴力ではなく、善意の人の沈黙と無関心だ」(マーティン・L・キングJr)
「文学者の戦争責任は決して過去のことでなくすでに始まっている。気を抜くなよ、俺は自分を含めとっくに厳しくチェックし始めてるぜ」(いとうせいこう)
「私は貴方の意見には反対だ。しかし、貴方がそれを言う権利を、私は命にかけて守る」(ヴォルテール/S・G・タレンタイア)


米首都ワシントンDC 2013.12
文芸ジャンキー・パラダイス
http://kajipon.com
since 1999.5.12
【祝20周年】
オヌシは 番目の旅人でござる
※2016.10.23/6000万件Hit!  ★English Version

天安門1989.6.4

ダウンロードして使ってネ♪なぜ芸術はスゴイのか!?〜初来訪の方へ

文芸ジャンキー・パラダイス(文ジャン)へようこそッ!!
このサイトは映画、文学、音楽、マンガ、絵画等あらゆる芸術ジャンルと偉人たちの『お墓』情報を、不肖・ド根性文芸研究家カジポン・マルコ・残月(52)が、
鬼神の如く全世界へ紹介する、愛と狂気と執念の電脳空間!旅&墓関連の掲載画像は怒涛の8000枚、総コーナー数は100ヶ以上、容量25ギガ!
うっかり足を踏み入れたのも何かの縁、この文芸天国にトコトンつきあってもらいましょう。そう、毒を喰らわば皿まで!ビバ、アート・サンダー!!
この世は芸術であふれ返っている!人間に他者への共感力があるからだ。芸術は人類が分かりあえる証拠!人間は国籍や文化が違っても、相違点より
共通点の方がはるかに多い
。常にこれを忘れちゃいけない!他人と自分の中に“違うところ”を見るのが「戦争」、“同じところ”を見るのが「芸術」!
芸術は難しくない!敷居を少しでも低くして全人類が親しめるものにする事が、このHPの主旨ッス!


(名言救命ロープ) (恩人墓巡礼) 日本人/外国人 (徒然日記) (ジョジョ総目次) Twitter/フェイスブック/インスタ/育児blog (お絵描き) (掲示板)



アジア大気汚染速報
200深刻/300危険
毎日更新・人類恩人カレンダー(食前に彼らを讃える杯を!)※記号説明&年間分※1872年以前は旧暦
12月 6日 1924鶴田浩二生(役)1988ロイ・オービソン命(M)、1950久石譲生(曲)、1929ニコラウス・アーノンクール生(C)、
1953車田正美生(マ)
12月 7日 1949トム・ウェイツ生(M)、1878与謝野晶子生、BC43キケロ命(思)、1827西郷隆盛生、1965香川照之生(役)、
1928ノーム・チョムスキー生(思)、1957森博嗣生(文)、1954古舘伊知郎生

〔おすすめ番組表〕★番組はイチオシ ※過去の番組 ※YouTube ※アマゾン ※musictonic ※翻訳 ※海外 ※映画 ※サーチナ ※乗り換え ※東京新聞 ※地図 ※首相動静 ※護憲運動 ※画像検索
【12月6日のおすすめ番組】 【12月7日のおすすめ番組】
●5時BSプレミアム『クラシック倶楽部 アメリカ海兵隊バンド 日本公演』…世界最高峰の吹奏楽団のひとつ。1798年創立!
●7時Eテレ『シャキーン!』…朝から頭をフル回転!幼児も大人も楽しめるクイズが続々と出てくる、充実の15分番組。
●8時NHK『連続テレビ小説 スカーレット(59)好きという気持ち』…今回のヒロインは陶工の職人さん。まずは絵付け師に。
●9時25分Eテレ『Q〜こどものための哲学 良いこと、悪いことってなに?』…日本初の子ども向け哲学番組。
●13時BSプレミアム映画『アパートの鍵貸します』…名匠ビリー・ワイルダー監督がサラリーマンの恋と悲哀を描き、アカデミー賞5部門に輝く傑作ロマンチック・コメディー。1本の映画(本作)で作品賞、監督賞、脚本賞をとったの人間はワイルダーだけ!
★23時NHKBS1『さしのべられた救いの手〜“原爆孤児”たちの戦後』(再)…原爆で推定6500人もの孤児が生まれた。頼る者のない孤児たちはどう戦後を生き延びたのか。孤児救済のため全米を動かした1人の被爆者がいた。
●5時BSプレミアム『クラシック倶楽部
●7時Eテレ『シャキーン!』…朝から頭をフル回転!幼児も大人も楽しめるクイズが続々と出てくる、充実の15分番組。
●8時NHK『連続テレビ小説 スカーレット(60)好きという気持ち』…今回のヒロインは陶工の職人さん。まずは絵付け師に。

3日おきに更新・人生の名言(救命ロープ)
人生に時間がない時、価値観は変わる(映画『渚にて』)


【勝手に支援】リベラル系・外部サイト最新記事【絶滅危機】
※ポップアップをブロックする「Adblock」をGoogle Chromeに入れるとリンク集が非表示に。個別設定で閲覧許可を。
※一段目のみ、業者がジャンル無関係に自動表示(消せない…)


ダウンロードして使ってネ♪ ★アマゾン検索BOXご利用の方へ(管理人より御礼) ダウンロードして使ってネ♪
サイト内検索 powered by Google

文芸ジャンキー・サイト内検索

〜あの人に会いたい〜
世界恩人巡礼写真館

海外1022名 / 国内1498名
ジャンル別
or地域別国内海外
恩人巡礼墓ベスト800

謁見希望者リスト
烈風伝
実録!墓をたずねて三千里
    (胸キュン・イラストつき)
あの人の人生を知ろう
 09夏 15夏 18夏
史上最強の超名作
洋画ベスト1000
タイトル編  解説編

監督ベスト80  撮影16
男優ベスト70
女優ベスト40
名画・NG映画の条件
大傑作!邦画ベスト333
タイトル編  解説編

映画音楽作曲家30
シネマ・ジャンキーの掟
映画のひみつ

シネマ・ロケ地写真集
この映画に、もの申す
このサウンドを聴くべしッ!
洋楽ベスト200
邦楽ベスト150
爆発!クラシック作曲家
ジャズJAZZ ●テクノ
ワールド・ミュージック

夭折ミュージシャン表
《文学・絵本・俳句》





外国文学編
日本文学編
特選名作川柳300首
魂の絵本ベスト200
ビバ・俳句!3大俳人
大至急読んで欲しい
オススメの7冊
《マンガ・絵本・アニメ》






傑作マンガTOP100
少女マンガ100(ネット順位)

傑作テレビアニメBEST30
熱血解説!ガンダムの魅力
ようこそムーミン谷へ!
ジョジョ・コーナー総目次
松本大洋の世界
《絵画・美術》
黄金の西洋画家70
いぶし銀・日本絵師50
カジポン国際美術館

名作茶器ウットリ展示室
やさしい仏像鑑賞入門
至福!傑作仏像写真館
京都・奈良この寺へ行け!
美形仏像バンド・イケメンズ
《エトセトラ》
新芸術!ゲームBEST50
ミュージカルBEST10

旅先ベスト101ヶ国
超バンジージャンプ
フィギュア・スケート入門
プロレスの芸術
昇天!洋酒78種類ガイド
缶ジュース・ランキング
《エトセトラ2》
びっくり宇宙豆知識
究極の天体写真10選
自分の部屋で宇宙旅行

人類史スペシャル年表
日本の山・面白豆知識
ヤバ過ぎ!紅葉特集
ネット不条理公式50選


《プライベート・ルーム》


カジポンのプロフィール
カジポン作・ド真剣純文学
若者の悩みQ&A

カジポンの『東京・鎌倉 有名人お墓お散歩ブック』
過去のオフ会、その他おもな活動
※【 ピック・アップ・コーナー 】にGO!

“時代に合わない”から憲法を変えるのではなく、憲法がうたう理想の方に時代を変えていかなくちゃならない。非戦を誓った憲法は国民が目指すべき旗。旗を降ろしたときに理想は遠ざかる。誇るべき旗!

          
【ジョジョラーMAP】(2013.4.21-)              【墓マイラーMAP】(2013.7.5-)
【旗はリアルタイム】★左の地球儀はジョジョコーナー閲覧者/★右の地球儀は墓巡礼コーナー閲覧者/★両方に表示されている人はこのトップを見ている人です


   残月徒然日記(最新文芸情報) ★ほっこり更新!日々前進!笑門福来!★



『ハチョ〜ッ!皆様の御訪問をお待ちしておりました〜ッ!ガルルルル…
(体調やペース配分を考えて、ごゆっくりどうぞ)』


 ダウンロードして使ってネ♪ ヤフーニュースで管理人紹介(2016)  サイト紹介記事(2007)


※時事問題は新情報が次々と出てきて日記の更新が追いつかない。僕が注目しているニュースはツイッターの方でも流しているので、よろしければフォローして頂けると有難いです。r(^_^;)
※日記の見方…トップのみ「今日の良かった」、それ以降は悲喜こもごも。

−−−−−−−−−
★『残月徒然日記』バックナンバー
★管理人紹介番組(墓マイラー)
★BBCニュース日本語版
★ 脱「愛国カルト」のススメ (ネットのデマ一覧)外部サイト

●12月4日…アフガニスタン、中村哲さんの死が悲しすぎる。ショックすぎる…。あんなに、あんなに良い人が。中村さんが作った用水路で65万人が飢餓から救われたのに…。

●12月3日…年末恒例のシネマ・レビュー(その1)。まずは2019年公開作品から。既に日記に書いた『イエスタデイ(88点)』『ゴジラ/キング・オブ・モンスターズ(50点)』『天気の子(90点)』『新聞記者(95点)』『アリータ:バトル・エンジェル(90点)』は除外しています。新作の半分以上が4DX鑑賞という、以前とは別次元の好環境で映画を“体験”できる有り難さ。今の若い人は想像つかないと思うけれど、僕の学生時代は劇場には煙草の煙が充満、入れ替え制じゃないため何度も繰り返して鑑賞できるメリットがある反面、座席が空かないので立ち見や通路に座って観るのが当たり前だった。エンドロールが始まって席を立つ人がいると、情け無用の座席争奪戦が始まり、後ろの席はスクリーンが見えず、場内に殺気が充満。つまり最終上映以外は余韻に浸るとか無理…。
事前にネットで座席指定できる現代は夢のようだ。ただし、たまに上映中にスマホをチェックしている極悪人がいるけど…あれは刑法でとんでもない重罪にすべき。※「アナ雪2」「ターミネーター」「i 新聞記者ドキュメント」は12月8日のチケットを買いました。

『4DX トイ・ストーリー4』(84点)ウッディの決断が過去のシリーズと矛盾するものであっても、自由意志を持った彼が選んだ道だから受け入れるしかないし、こうなった以上、彼の幸せを祈っている。最後のフォーキーの哲学問答、僕なら「笑うためじゃないかな」って答えるなぁ。

『ジョーカー』(98点)映画の冒頭からラストまでヒリヒリする緊張感が貫いていた。トッド・フィリップス監督いわく「この映画の大きなテーマのひとつは“思いやりの欠如”だ」。ベネチア国際映画祭金獅子賞も納得。今年の日本は超富裕層や権力者を指す「上級国民」という言葉をよく見かけた。格差は縮まるどころか拡大する一方。大きな格差はあって当然と考える人間が行政を支配しているんだから当然そうなる。そして、「自己責任」の名の下に弱者は切り捨てられていく。社会から「思いやり」が消えた時に、この映画のようなジョーカーを生む。一歩間違えると暴力扇動ととられる内容だけど、あれだけ踏んだり蹴ったりのキツい体験ばかり続けば、“プッツンするジョーカーが悪い”と言い切れない自分がいる。ゴッサム・シティの他者に無関心な社会の空気は、日本の近未来を見ているようだ。絵空事と思えない映画。
※一部の富裕層は庶民から向けられる怒りを「嫉妬」と呼ぶが、庶民は努力して財を築いた人に文句など言ってない。法律が平等に適用されないことを怒っているだけだ。

『4DX アベンジャーズ/エンドゲーム』(95点)2008年の「アイアンマン」第1作から11年越しの大団円。勝利確率1400万分の1の戦い、上映182分はアッと言う間だった。アイアンマンとキャプテン・アメリカのプライベートなドラマも完結。ありがとう、悩みを背負ったヒーローたち。ありがとう、アベンジャーズ。※農作業してたサノス、敵ながらなんか良かったな…。

『4DX スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(78点)「エンドゲーム」でド派手なCGに麻痺してしまい、余程のスペクタクルでないとアクションに興奮できなくなった今、敵キャラに魅力があることが名作の絶対条件。そこをクリアーできなかった。

『4DX キャプテン・マーベル』(88点)もう強いのなんの!マーベル・ヒーローで最強、パワーバランスなんかどうでもいい、彼女が規格外すぎて面白い。しかも、脳天気に楽しいだけじゃなく、何度でも立ち上がる姿はそれだけで感動があるし、宇宙人の難民のエピソードもよかった。宇宙猫フラーケンも(笑)

『メリー・ポピンズ リターンズ』(70点)前作へのオマージュは丁寧だったけど、ミュージカルの生命である印象に残る曲がないのが残念すぎる。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(75点)タイトルになっているにもかかわらず、肝心のビースト(魔法生物)があまり活躍しないのはどういう了見なのか。ビーストが出なくても話が先に進んでるんですけど!?クライマックスの舞台がパリの有名なペール・ラシェーズ墓地だったので、そこは墓マイラー的に嬉しかった(加算要素)。

『4DX シュガー・ラッシュ:オンライン』(65点)アーケードゲームから広大なネット世界に飛び出し、しかもディズニープリンセスを自由に使えるという大ボーナスがあるんだから、映画の制作陣は、もっと、もっと面白く出来たはず。設定を活かしきっていない。何よりヴァネロペ、前作であんなに自分のゲームを大切にしていたのに、あれは何だったのか…。殺伐とした世界が好きというイメージは前作になかったよ。ラルフがSNSで中傷されて落ち込むシーンを入れたのは、ネットのダークサイドについての大事な警鐘であり評価。

『4DX アクアマン』(90点)祝!DC映画史上興行成績No.1。僕は水が噴き出す4DXで鑑賞、今まで観た映画で最も服が濡れ、ちょっとしたウォータースライダー体験だった。そして意外にイタリア・ロケの地上戦も良かった。アクションのこだわりは海だけじゃない。ストーリーは二の次、それでも高得点。(つづく)

//『永遠の門 ゴッホが見た未来』の予告編が良く、見たいけど近所で公開していない…。ウィレム・デフォーはゴッホそのもの、まるで憑依したみたい。来年はゴッホ没後130年。

●12月2日…発売中の『音楽の友12月号』に「世界音楽家巡礼記(33)」を寄稿。今号は“近代の作曲家たち・後編”として、バルトーク、コダーイ、ヒンデミット、バーバー、ブリテン、そして「ゴッドファーザー」「太陽がいっぱい」など映画音楽で有名なニーノ・ロータの墓参レポートを書いています。ロータいわく「本業はあくまでクラシックの作曲で、映画音楽は趣味にすぎない」。近年は名ヴァイオリン奏者のギドン・クレーメルがロータの『弦楽協奏曲』(16分)を採り上げて話題に。
『ゴッドファーザー』(愛のテーマ) (4分52秒)何度も映画を見ているせいか、映像を見てるだけで泣ける。音楽の力だろうか、暴力の嵐なのに泣ける。

ナチス嫌いのバルトークはファシスト政権の弾圧を避けてアメリカへ移住。終戦翌月に病没し、遺言で「ナチスドイツや共産主義ソ連の影響が残る間は祖国ハンガリーに埋葬しない」と求めたことから、亡骸はニューヨーク州のファーンクリフ墓地に埋葬された。バルトークの遺族は葬儀費用もないほど貧しかったため、アメリカ作曲家協会が費用を丸ごと負担。その後、ハンガリーで共産政権が一党独裁を放棄するなど民主化が進んだことから、バルトークの弟子だったハンガリー人指揮者ゲオルク・ショルティと、バルトークの2人の息子の尽力で、1988年7月に棺がハンガリーに移され、国葬を経てブダペストのファルカシュレーティ墓地に改葬された。11年後にショルティが他界し、今、バルトークの隣りに眠っている。
※バルトーク『ルーマニア民俗舞曲』(9分)素晴らしい!

ヒンデミットは妻がユダヤ人であること、音楽仲間のユダヤ人と録音を続けたこと、社会主義の作家ブレヒトと仕事で組んだことがナチスの不興を買い、オペラ版『画家マティス』が上演禁止となる。1936年にはヒンデミットの音楽が「ドイツ文化を破るもの」としてドイツ国内で公式に演奏禁止となり、彼はドイツを見限りスイスに、そして米国に移住した。墓は晩年教壇に立っていたスイス・チューリッヒ。

バーバーはアメリカ出身の作曲家として初めて国際的名声を得た人物。27歳で発表した『弦楽のためのアダージョ』(10分)で注目を浴びる。7段の総譜に書かれたわずか67小節の本作がバーバーの名を不動にした。哀感に満ちた心を揺さぶる旋律が弦楽器のみで展開されていく傑作だ。
ペンシルベニア州のバーバーの墓の右隣には「To The Memory Of Two Friends(2人の友人の記憶へ)」と刻まれた石碑がある。もともと、右隣は40年余りも私生活のパートナー(同性愛)だった台本作家メノッティのために確保していた場所だった。メノッティはバーバー没後、さらに26年も生きて95歳で他界し、養子と暮らしていたスコットランドに遺言で埋葬される。そこでバーバーのファンが募金活動を始め、右隣の空き地に友情を讃える石碑を置いた。嗚呼メノッティ、隣りに来てあげて…。
※「弦楽のためのアダージョ」の原曲『弦楽四重奏曲』第二楽章(7分50秒)も心に染みる。深夜に聴くと最高。

ベンジャミン・ブリテンは第二次世界大戦時に良心的兵役拒否者として非戦を貫き、社会から排斥された人物に寄り添うオペラ作品を多く書いた。戦後、代表作『戦争レクイエム』を完成させ、犠牲者の哀悼を通して戦争の不条理さを炙り出した。ブリテンの墓はイギリス東海岸の小さな漁村にある。こちらは私生活のパートナーだったテノール歌手ピーター・ピアーズと墓が並ぶ。英国では約50年前(1967年)まで同性愛は“違法”であり刑事罰の対象だった。2人は関係を秘密にし続け、厳しい偏見が向けられていた時代を40年近く生き抜き、今は同じ形の墓に肩を並べて入っている…胸が熱くなる光景だった。
『シンプル・シンフォニー』第3楽章。作曲当時21歳でこの情感!控え目に言って天才だろ、ブリテン…。この曲は鬼才レオス・カラックス監督のフランス映画『汚れた血』(1986)のラストシーンで使用された。僕はてっきり映画用の音楽と思っていたので、原稿を書くために「全曲聴き」をするなかで『シンプル・シンフォニー』と出会い、「ぬおっ!“汚れた血”やんけ!」と仰天、公開から33年を経て改めて大感動、アート・サンダー直撃となった。
バーバーと友情碑 ブリテン(左)とピーター

●12月1日…会津若松の講演から帰宅。会場に足を運んで下さった方、有難うございました!滞在中、仕事の合間を縫って、地元の石屋さんと会津の墓巡礼。大河『八重の桜』を観て以来墓参したかった会津藩の家臣、山本権八(八重の父)、西郷頼母とその妻子、萱野権兵衛、神保内蔵助、中野竹子のほか、歴代会津藩主や名家臣田中玄宰(はるなか)、近藤勇や斎藤一ら新選組関係者の墓参ができて嬉しかった。滝沢本陣では戊辰戦争時の弾痕が建物のそこら中にあり、当時の激戦がしのばれた。
白虎隊記念館では学芸員の方から、「自刃したのは20名ではなく7名のようです」と聞いてびっくり。じゃあ架空の13名を足しているのかといえばそうではなく、みんな実在した若者。つまり、死亡した状況が分からない10代の白虎隊隊士を、飯盛山の自刃者とひとまとめにしているだけで、実際に若い生命が失われた悲劇には違いない。墓前にて合掌。4度目の会津巡礼で初めて“さざえ堂”も見学。上り階段と下り階段がすれ違わない建物で面白かった。
※会津の馬刺しがまっこと美味しく、これまで馬は可愛い動物と思っていたのに、食べ物に見えてしまう(汗)。あと椎茸の天ぷらと思って食べたら、あんこ団子でびっくり。会津では甘い団子を天ぷらにするそう。この3日間のすべての出会いに感謝です。

●11月28日…明日から3日間、仕事で会津若松に行きます。そして12月1日に市内の「ルネッサンス中の島」4階大広間で、墓マイラー講演をします。世界の偉人の墓と会津の墓を語ります。無料なので、生活圏内の方、ぜひ!

//観に行くつもりでいた映画、ターミネーター、アナ雪2、決算忠臣蔵、全部クチコミが「良」どまりで、二の足を踏んでいる(汗)

●11月27日…首相の「桜を見る会」、国民の税金で反社会的勢力にタダで飲食させた疑惑はシャレになってない。吉本芸人は“相手の素性を知らなかった”場合でも責任をとった。さらにはマルチ商法の犯人が首相枠の招待状を受け取り、宣伝に悪用して高齢者を騙していたのも酷い話。首相は国民の規範たるべき存在。きちんと国会で説明を。子ども達の手本になって下さい。
首相が無実だとして、だからこそ、それを証明する証拠として、参加者名簿はシュレッダーにかけちゃ駄目だったんだよ。最低でも一年間は保管しておかないと。
そもそも、多額の公金が使われたイベントなのだから、参加者名簿は官邸の所有物ではななく国民のもの。血税が使われた以上、勝手に廃棄していい類いの資料じゃない。国民には、事後に正しく税金が使われたのか知る権利があり、公開を前提にしていなければおかしい。
予算を3倍もオーバーする5200万円も使って、無料で飲み食いできて、お土産まで持たせてもらえるイベントであり、氏名の公開は当たり前。っていうか、「国家や社会に功績があった人」を招くイベントなんだから、公開はむしろ参加者にとって名誉なことでは?参加したことが明るみになると不都合になるなら、参加を辞退すればいいだけ。招待状をもらったときに「名前を秘密にしてくれるなら参加したい」って考えるようなイベントは、国民の税金でやる内容じゃないだろう。
大事なことなのでもう一度書く。国民の手本になって下さい。

●11月26日…昨日の東京ドームでのローマ教皇のミサ。日本の若者の自殺率は先進国でダントツのワースト1位であり、そんな今の日本を鋭く分析していた。
「(日本は)社会的に孤立している人が決して少なくなく、いのちの意味が分からず、自分の存在の意味を見いだせず、社会からはみ出していると感じている。家庭、学校、共同体は、一人ひとりが支えを見いだし、また、他者を支える場であるべきなのに、利益と効率を追求する過剰な競争意識によって、ますます傷ついている。多くの人が、当惑し不安を感じている。過剰な要求や、平和と安定を奪う数々の不安によって打ちのめされている」。
他国にも当てはまる要素はあるけれど、2000年以降の日本はこの傾向が強い。ほんとこの空気を変えたい!欧州では当たり前の「残業なし」「完全週休2日(さらに金曜は早退)」「有給休暇完全消化」「大人も約一ヶ月の夏休み」「議員の男女比は5:5」「選挙の立候補に供託金なし」「大学無料」「高速道路無料」「派遣社員は期間限定だから正社員より給料が高い」、これをどれ一つ導入できない国って、やっぱ集めた血税の使い方がおかしいと思う。「半分は真似できるけどあとは無理」とかじゃないもん…全部実現していない。欧州の人も日本の人も同じ人間、欧州で可能で日本で不可能なワケがないのに。
東京に行くと、働き盛りの中年男性の外国人旅行者が、旅を楽しんでいる姿をよく見かける。特に富裕層でなくとも、他の国ではああいうことが普通という、まさに生きたお手本です。もちろん他の先進国にも社会問題はあるし、貧富の差はあるけれど、ロンドン、パリ、ベルリン、ローマ、マドリード、どの大都市も東京のように悲劇的な人身事故が多発しておらず、それだけでも国民の“追いつめられ感”が大きく異なると思うんです。人身事故がない日がない、こんな異常な状況の首都は世界で東京だけです。

●11月25日…すごいな香港区議会選挙。選挙前の議席配分は、親中派7割、民主派3割。それが民主派8割、親中派2割になり、完全に勢力が逆転した。投票率は返還後最高の71.2%、香港政府に対する市民の不信感が見事に票数となってあらわれた。

●11月24日…昨日、フェイスブックとツイッターのフォロワーの方が突然増え、理由にまったく心当たりがなく「何事か!?」とたまげていたら、関西地区で土曜昼に『笑ってコラえて!新春SP』の再放送が!番組を見てフレンド申請して下さった方、今後ともよろしくお願いします!
…っていうか!再放送の連絡があれば、ばーちゃんをはじめ親戚じゅうに連絡できたのに、何も連絡がないなんて、グスン。とはいえ、1月の放送分を11月に再放送されるとは夢にも思わず、嬉しいサプライズでした。
歴史上の偉人と血は繋がっていなくともお墓参りをして感謝の言葉を伝えると、教科書の中の人物と思っていた故人に俄然存在感が増し、強く“親近感”(コレ重要)を覚えます。手を合わせた人が大河ドラマや歴史番組に出てくると「あっ!あの人が出ている!」とめっちゃ反応するようになります(経験者談)
人生の苦しい時に出会い支えてくれた作品があるならば、「このセリフのお陰で救われた」「この曲に励まされた」というものがあるならば、ぜひ作者の墓前へ。感謝を伝えたい作家、詩人、音楽家、画家、俳優さん、漫画家さんへ、一言「ありがとう」と。人生を豊かにしてくれた先人への御礼、そこには深い感動があります。(^^)/

//本日で52歳。アッと言う間の52年、あと4年でベートーヴェンとタメになる事実に驚倒しております。

●11月23日…11月の冷たい雨の中、本日の青山霊園巡礼会に参加された方、本当にお疲れさまでした!時折、横殴りの風も吹き、巡礼と言うより“行軍”という局面もあった気がします。お風邪を召さないよう暖かくお過ごし下さい。僕はすっかり鼻づまりです(笑)
 

●11月19日…全力で青山霊園巡礼会のレジュメ(資料)を作成中。当日配布します。既に告知している大久保利通ら12名にプラスしてさらに9名(小村寿太郎、加藤友三郎、白川義則など)についても簡単に紹介したく!レジュメ、炎の2万3千字です!

●11月18日…今月23日の青山霊園巡礼会まで定員は残り5名です。迷われている方、是非!歴史上の人物の墓参はまっこと感慨深いものがありますよ!熱烈におすすめします!(最も遠くから参加される方は、沖縄の宮古島からです!)
※今回のルートは墓地内の移動距離が少なくコンパクトにまとまっており、霊園も駅から徒歩圏内なので、墓マイラー・デビューにうってつけです。
※私自身家族で参加するので、お子さん連れでも大丈夫です。カジポン家大阪から夜行バスで出陣です。
※申込みはリンク先からお願いします。

●11月17日…世界初(?)のストリートの墓マイラー・トークライブ(160分!)が無事に終わりました!この企画は以前に講演を聞かれた富山石材会の方が、“石屋を対象にしたクローズドな空間の講座ではなく、オープンスペースでやってもいけるはず。予備知識がなくても楽しめるし、こういう積み重ねが業界全体の盛り上がりになる”と考えられ、実現に向け尽力されました。
また、僕自身にも、“普段はお墓にそれほど関心がないという方にこそ語りかけてみたい、もう50歳過ぎたし無謀であってもアウェイな場所で一度はやりたい”という思いがあり、大阪から富山に向かいました。
講演はノンストップで2時間40分、イタリア料理店やカフェに面した華やかなショッピングモール(イオン高岡)で、ひたすら墓巡礼の素晴らしさ=感謝している偉人に御礼を言える喜び、巡礼で体験する地元の人との温かい交流などを語り続け、吠え続け、厳選した520枚のスライドをすべて上映しました!
 
開始5分前の時点では35席のうちご年配の男性が1名だけ着席。「やはりここで墓マイラー・トークライブをやるのは“場違い”では(汗)」と、不安に包まれました。ですが、講演が始まると少しずつ客席が埋まり、14時半〜17時10分(雨天)という時間帯で、多いときは8割以上の30席(!)、周囲のカフェテラスから見ている方や2階で立ち見している方を入れると、主催の石材会の方いわく「のべ150人ほどが聞いておられたので大成功ですよ!」。ホッ。僕は満席に出来なかったことを申し訳なく思っていたので、その言葉に胸をなで下ろしました。
 
講演後、ご年配の女性が笑顔で「買い物にきて、5分だけ聞くつもりが最後までいて、こんな時間になってしまった。最初は外国まで墓参りに行って何が楽しいのだろうと思ってたけど、理由がわかりました。明るい話でした」と伝えて下さり、勇気を出してマイクを持ってよかったと胸熱に。富山石材会の皆さん、このように貴重な機会を与えて下さり、本当に有難うございましたッ!
 
※僕は気づかなかったのですが、途中、近くで小さな男の子がジッと見入っていたそうです。たぶん、大の大人が、客席に身を乗り出して雄叫びをあげている見慣れない光景、その鼻息、その「珍獣感」に驚いて目を離せなかったのではないでしょうか(笑)。
※遠く長野県から参加されたBさん、写真をたくさん送って下さったSさん、まっこと感動しました!
※そして富山石材会代表のMさん、翌日、早朝から富山の偉人12名への墓巡礼に車を出していただき、心から感謝しています。源平合戦の倶利伽羅峠、紅葉の中の五輪塔最高でした!
2時間40分も聞いて頂き
有難うございました!
宮沢賢治宮澤賢治さんは「雨ニモマケズ」の
詩碑が分骨墓になっており感動的
ジェームス・ディーンの墓はキス
マークいっぱい、今も愛されている
講演後、お客さんと交流しました。
背後の文字は「最高!一墓一会」
人は死して墓石となって生き、墓前を訪れた生者を結びつけます。

●11月15日…いよいよ明日16日、おそらく日本初、いや世界初になるかもしれない、ストリートでの墓マイラー・トークライブを14時半から富山の「イオンモール高岡」(東館1Fセントラルコート)で開催!2時間強、喋り続ける予定。主催は富山石材会、無料です。高岡のイオンは新幹線「新高岡」駅からは300m、在来線「高岡」駅からは約2km。生活圏内という方、よろしければ会場へ!450枚のスライドを駆使して、なぜ墓巡礼が素晴らしいのか、そこにどんな感動があるのか、全細胞をもって吠えたおします!
※会場では他のイベントもあり、勾玉(まがたま)作りを体験できるとのこと(先着50名)。マイ勾玉ほしい!

//そういうわけで、次回の更新は17日深夜になります!

//来週19日に日米FTAの衆院本会議採決。審議時間たった11時間、TPPの70時間を大きく下回っている。反対派が懸念しているのは「(アメリカのように)国民皆保険の撤廃」「警察、消防の民営化」「軽自動車の撤廃」「為替条項で消費税廃止不可能」「水道の再公営化不可能」等々。これ、締結をめぐって国民投票をすべきでは。はっきり分かっているのは、もっと時間をかけて議論する必要があるということ。

●11月14日…映画『イエスタディ』、ビートルズファンのための夢のような映画だった。地球に時空のズレ?が生じて、主人公の売れないミュージシャンが、自分以外誰もビートルズを知らない世界へ行っちゃうSFコメディ。彼は自作として「イエスタデイ」を歌って大ヒット、劇中では「エリナ・リグビー」なんてシブイ曲まで登場する。あらためて、ビートルズ音楽の魅力を実感。「レット・イット・ビー」「ザ・ロング・アンド・ワイディング・ロード」、ワンフレーズ流れただけで、その場の空気が変わってしまう。地球の歴史から消えてしまったものはビートルズ以外にもコカコーラや煙草などいくつかあって、中には爆笑小ネタになったものも。後半にはSFだからこそビートルズファンが落涙する展開もあり、そのエピソードは映画の鑑賞後も、しみじみと心に残っている。荒唐無稽な設定のストーリーを最後はうまくまとめていた。

//今月から新作映画公開の大ラッシュです!予告編を見てウズウズしていた映画がこんなに!
『ターミネーター:ニュー・フェイト』(既に公開中)早くも賛否
『アナと雪の女王2』(11月22日公開)オラフの吹き替えはピエール瀧そっくり
『決算!忠臣蔵』(11月22日公開)ソロバン視点という切り口が面白い
『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(12月20日公開)ついに完結
『実写映画版“キャッツ”』(来年1月24日)伝説のミュージカルが映画に!予告
『1917』(来年2月公開)※監督は傑作「007/スカイ・フォール」のサム・メンデス!第一次世界大戦の地獄を描くとのこと。友軍1700人の命を握って走る。

  第一次大戦の映画は珍しい

//官邸の「桜を見る会」疑惑でNHKが久々に良い仕事。ニューオータニで開催された首相同席の前夜祭(会費5千円)について、管官房長官が「5千円でパーティーができるはず」と言ったことに対し、NHKはニューオータニの回答「お一人様1万1千円からであり、値引きはありえない」を報道。では、この差額は誰が払ったのか。政治資金規正法は、政治団体が会費を徴収して催し物を開いた場合には、その収支を政治資金収支報告書に記載することを義務づけている。だが、「安倍晋三後援会」の収支報告書には記載されていない。闇すぎる。
安倍氏は来年の「桜を見る会」を中止にしたけど、吉田茂の時代から長年伝統的に続いてきたこの会を、「独断で中止にした」こと自体が私物化になるって分かってないっぽい…。岸田さん、石破さん、ウォーミングアップを。
【11/15追記】本日の首相会見を要約すると、“前夜祭の参加者は大半がニューオータニの宿泊客だから、税・サービス料込みで特別に5千円ポッキリになるよう便宜してくれた”ということ?すごいなニューオータニ。なんて良心的な一流ホテルなんだろう。

●11月13日…初めてお寺で講演!!
先日、新しい取り組みとして中学校での講演について記しましたが、もうひとつ、お寺にて法要とあわせた講演も2箇所で初めて行いました。
10/20 松山の蓮福寺「水野広徳75回忌追悼法要」※非戦を訴えた反骨の軍人
11/10 代々木の立正寺「日蓮大聖人第728御遠忌お会式」
前者では水野広徳さんのご親族や研究者、後者では檀家さんを対象にした墓マイラー・トークとなりました。(過去にお寺主催&別会場という例はありましたが本堂は初です)
 
それぞれ、「墓マイラーになった理由」「感動した国内外の偉人のお墓」「巡礼で出会った忘れ得ぬ人々」「お墓が教えてくれたこと」の4項目が共通。そのうえで、
・蓮福寺では「墓マイラーが見た水野広徳」「松山の偉人の墓」をスライドに組み入れ。
・立正寺では法華宗の檀家さんに向けて「日蓮大聖人のお墓とゆかりの地(辻説法の地や法難の地など)」「墓マイラーが想う先祖供養」を入れた構成にしました。

歴史的に有名な宗派開祖のお墓は、信徒さんがそのお側で眠ることを希望します。親鸞廟のそばに司馬遼太郎さんが眠っていたり、法然廟のそばに湯川秀樹さんの墓があったり。それゆえ、墓マイラーは著名人の墓巡礼をしているだけで、自然と各開祖のゆかりの地を訪れることになります。
どの開祖にも人間的な魅力があり、“民衆を救いたい”というその純粋な想いに、私は敬意を抱いています。これまで、「故人の生涯に迫るために」と、どこで&誰に発表する目的もなく撮りためてきた墓所以外(生誕地や出家地ほか)の聖地の写真。これらが、お寺の講演という形で日の目を見たことに私自身驚いています。
 
【松山・蓮福寺】
水野広徳さんの墓前での読経と焼香のあと、お寺の二階でご親族の方や関係者各位の前で40分の墓マイラー・トーク。最初に子規記念博物館の学芸員・平岡瑛二さんが講演。僕はご親族を前にガチガチに緊張。冒頭、司会の方に名前を紹介された際、「墓マイラーのカジポン・マルコ・残月さん」と言われたときに、この名前では国籍が分からないし、「墓マイラーって何?」という空気を感じ取り、居たたまれなくなって思わず挙手、「文芸研究家の梶本さんでお願いします」と頼み、会場に笑いが起きました。この笑い声でリラックス!
軍部に逆らえば首相でも暗殺された昭和初期に、「国連軍だけ残して軍備撤廃」と命懸けで訴え続けた海軍大佐・水野広徳の勇気に脱帽です。講演後、ご住職から笑顔で「是非また」のお言葉を頂きホッとしました。
 
【代々木の立正寺】
明治神宮のすぐ側にある“超”都心のお寺、法華宗立正寺。3年後の日蓮生誕800年に向け、様々な催しが始まるなか、その流れの中で招待していただきました。宗祖等の命日にあわせて行われる大法会のことを御会式(おえしき)というのですが、その御会式とご法話の前の貴重な75分間をご住職が下さり、檀家さんの前で墓マイラー・トーク。日蓮大聖人のご遺骨が安置されている山梨の身延山久遠寺や、西日本の門徒のために分骨された京都妙伝寺(西身延)の話等を行いました。先祖供養については、兵庫の山奥にあるカジポン家の本家墓所の実例を出し、江戸期享保年間から墓石が十数基並んでいる姿、こうしてリレーのように「生命のバトン」が手渡されていることを紹介。ご先祖様が飢饉や恐慌、戦災の時代を乗り越え、命を紡いで下さったこと、大変な時代を生き抜いて下さったお陰で、令和の世にこうして自分が生きていることを感謝し、その親の姿を子どもに見せることで生命の尊さを伝えている、そのようなことを語りました。講演後、数名の檀家さんが「素晴らしかった」と感想を伝えに来て下さり、僕は新しい世界に踏み出した気がしました。
 
仏教の専門教育を受けていない僕が、このようにご親族が参列される法要や、宗祖御会式という厳粛な場に現れて、墓巡礼のトークをするのは「場違い」な気がしていたのですが、話の切り口をそれぞれ変えていくことで、違和感が消えることがわかりました。日蓮大聖人に限らず、民衆救済を願った思想家として、空海、最澄、法然、親鸞、道元、栄西、一遍上人の墓所やご遺蹟を訪ねてきたので、これからはお寺でも話をしていこうと思います。
 
“墓マイラー・カジポン”という、怪しさ全開の人物を講演に呼んで下さった蓮福寺、立正寺のご住職の勇気(僕がいうのも変ですが)に敬意を表すると共に、実現に向けて尽力して下さった愛媛・南海放送のKさん、東京のお墓業界のKさん、Yさんに心から感謝です!
蓮福寺の会場 水野広徳さんの墓所
立正寺の会場、設置中 山梨県身延山の日蓮廟
※日蓮大聖人の御廟所は山中にあり、墓前に立っていると次の言葉を実感しました。「吹く風も、ゆるぐ木草も、流るる水の音までも、この山には妙法の五字を唱えずということなし」(日蓮)

●11月12日…11月16日(土)14時半から富山の「イオンモール高岡」東館1F セントラルコートにて、人生初のストリート・墓トーク・ライブをやります!ショッピング中の一般通行人の方を対象に、墓巡礼の魅力、お墓の大切さを吠えます。いったい何人の方が足を止めてくれるか、こればかりはやってみなければ分かりません。聴衆がたった一人であっても、いつもと同じく全力投球で挑みます。フルスロットルです!

●11月11日…この日記でもたびたび問題にしてきた安倍氏の「桜を見る会」。ここ数日の報道を見ていると、実態はこれほど酷かったのかと唖然。もはや、票を買うための接待といわれても仕方のない身びいき。次回の予算は5千万円以上。国民の血税を湯水のように使って、自分の選挙区から支援者850人を、バス17台に乗せて招待しているのであれば、寄付行為にあたり公職選挙法違反、議員辞職案件。メロンやカニを配って大臣をクビになった元経産相・菅原一秀氏の事例より、はるかに悪質。「公金横領」という自覚がない。
庶民には「財源がないから」と消費税率をあげ、児童相談所の職員数も「財源がないから」と不足したままなのに、自分がチヤホヤされて気持ち良くなるための「桜を見る会」の予算を3倍にする感覚が理解不能。一国の総理のやることか。
※地方議員など花見の参加者が、招待を受けたことを自慢していたブログ記事やツイートを慌てて削除しているのは、後ろめたいことと分かっているから?やましくないなら、「日頃の社会的貢献が認められ、このたび首相から直々に花見に呼ばれました」と、堂々と書けばいい。
毎年のように自然災害に苦しんでいる日本。この国の政治家は、災害被害者の生活支援と被災地の復興、これを第一に考えて税金を使ってほしい。

●11月10日…東京での仕事のあと、即位祝賀パレードに行ったのですが、青山一丁目駅から地上へ向かう出口が複数封鎖され、2箇所しかなかったために人が殺到!地下鉄から地上へ出るのに40分かかり、地上に出てからもあとほんの2メートル行列が進めば見えるという状況で20分が経ち、ついにパレードは目視できず、群衆の歓声だけ聞いて終わったという…。パレード終了から15分経って、ようやく赤坂御苑の手前の大通りに出られた。夜、ニュースを見たら約12万人があの狭い空間にいたという。どおりで身動きがとれないはず…。

 
世界墓マイラー同盟のK氏が撮影!K氏は2時間前から並んでいた勤王家。気合いが違う。


●11月8日…今夜から仕事で上京するため、次回の更新は10日夜になります。夜行バスを埼玉・大宮で降りるので、氷川神社や近郊の三蔵法師のお墓(玄奘三蔵塔)に行きたいな。

/明日9日はベルリンの壁が崩壊し、東ドイツの人が自由を得てからちょうど30年。バーンスタインがタクトを振った第九を思い出す。

/番組情報、前倒しで更新しました。

●11月7日…人生初の中学校講演!愛媛・高知巡礼&講演レポート(その1)
僕の生涯の中で、先月下旬の愛媛・高知訪問は忘れられないものとなりました。

(1)公立中学校での講演
僕はずっと子ども達に話したかった。国内外の墓巡礼を通して、人間は互いに相違点があっても、共通点の方がはるかに多いことに気づいたことを。それを教えてくれたのは、巡礼を助けてくれた現地の人の優しさであったり、墓参をしている人々の表情であったり、故人となった後も墓前に集うファンを結びつけてくれる芸術家だったりした(ゴッホの墓前で初対面の人間が一緒に泣くなど)。
 
人間は戦争のような酷いこともするけど、美しい芸術作品も山ほど生み出してきた。音楽や絵画が言語の違いを超えて心に響くのは、人間が持っている“共感力”のお陰だし、逆に“共感力”を大切にしない社会は「自分は自分、他人は他人」で荒廃していく。人が映画で感動できるのは、他者の立場に立って世界を見ることができるからであり、誰もが持つこの能力を育てていくことが、教育の一丁目一番地と僕は思っています。
将来、子ども達が思いやりのある寛容な社会に暮らしてほしい。他者に攻撃的な息苦しい社会ではなく。この点に関して、僕は必死です。
 
※公立学校なので宗教教育に繋がる「お墓参りに行こう」という言葉は絶対に禁句。墓マイラーなのに「お墓を大切に」と言ってはいけない、これはもう手足を縛られた状態であり、講演前はどんな結果になるのか不安だった。でも、墓参の珍道中に笑いがよく起き、ある生徒さんが「お墓は怖いものと思っていたけどイメージが変わった」「有難うって言いに行きたくなった」と言ってくれ、想いが伝わったことを確信しました!
 
お墓にはあまり縁のない子ども達でも、大人と同じように、墓巡礼で出会った人との交流や、墓前で感じた生命の尊さを語れば、きちんと心に届くと分かりました。最後は拍手で終わったので、僕はこの講演で何かを突破した気がします。松山東中学の2年生のみんな、緊張しまくった大阪弁のオッチャンの話を最後まで聞いてくれて本当にありがとう!!
 
〔スライドの流れ〕
(1)墓マイラーになった理由(すべては失恋から)
(2)世界の偉人の感動したお墓(エジソン、ファーブル、ヘレン・ケラー、野口英世など子ども達が知っている人物を中心に)
(3)墓巡礼は1日にして成らず、旅先での様々な試練
(4)心を打たれた墓碑の言葉(ラストメッセージ)
(5)地元(松山)ゆかりの人物のお墓(正岡子規、夏目漱石、種田山頭火など10名)
(6)笑いと感動、巡礼で出会った優しい忘れ得ぬ人々
(7)お墓が教えてくれたこと、「人は相違点より共通点の方がはるかに多い」等々、魂の叫び!
(8)質疑応答
※この5番目の「地元ゆかりの人物」は「墓マイラーがいく地元の史跡」と合わせて47都道府県の異なるバージョンを入れ替えることで、全国津々浦々で講演できると思う(壮大な野望)
 
※校長先生とお話して、とても印象に残ったことが。学校では生命の大切さを伝える「いのちの授業」を行っている。
僕「自殺したらいけないという内容の授業ですよね」
校長先生「いえ、子ども達に赤ちゃんを抱かせています。赤ちゃんの柔らかさ、肌の暖かさは、どんな言葉より生命の大切さを伝えてくれるんです」
なるほど、生徒自身も、自分がこんな赤ん坊の時期があり、愛されて育ったことがわかる…素晴らしい取り組み!先生の話を聞いてるだけでウルウルきた。

※追記。古い知人から「どういう経緯でこの講演が決まったの?」とメールが。お答えします、元をたどれば『笑ってコラえて!』(日テレ)と『ラジオ深夜便』(NHK)のお陰です!『笑コラ』で僕を知った南海放送の方(いまや大恩人)が、学校で講演できないか動いて下さり、『ラジオ深夜便』で僕のことを知っていた校長先生が「それなら我が校で」となりました。掘り下げれば『笑コラ』出演の前にこの文芸ジャンキーや雑誌連載があり、いろんな仕事がここで奇跡的に一本に繋がったのです!




子ども達に!私はこの時を待っていた! 僕にはアッと言う間の50分でした

●11月6日…(つづき)ソビエト時代の作曲家ショスタコーヴィチは交響曲を15曲書いている。独裁者スターリンの圧制下で、自分の表現したい音楽を書くために苦労を重ねた作曲家。最も有名な曲は『交響曲第5番“革命”』だけど、僕は社会派シンフォニーの最高峰として『交響曲第13番 バビ・ヤール』の存在を特筆したい。“バビ・ヤールの虐殺”は日本では殆ど知られていないが欧州では有名な事件だ。
1941年、ドイツ軍はロシアの古都キエフを45日間に渡る包囲戦の末に陥落させ、市内に入ったナチス・ドイツ親衛隊はキエフに住む「全ユダヤ人の殺害」を決定する。「ユダヤ人は翌日出頭せよ。出頭せぬ者は銃殺する」とビラを張り、出頭した3万3771人のユダヤ人市民がキエフの「バビ・ヤール峡谷」に連行され、10人ずつ崖のへりに立たされ機関銃で殺害された。幼児もだ。
この「バビ・ヤール大虐殺」はホロコーストにおいて1件で最大の犠牲者を出した虐殺事件となった。その後も、キエフが解放されるまで2年間にわたって、ロシア人、ウクライナ人、ジプシー、ありとあらゆる国籍の人々がバビ・ヤールで殺害され、戦後ニュルンベルク裁判において「約10万の遺体」がバビ・ヤールの谷にあったと報告された。
ショスタコーヴィチはナチスの暴挙を糾弾する一方で、ロシアの黒歴史を白日の下に晒す。帝政ロシア末期に極右民族主義団体が、ナチスより先にユダヤ人を虐殺していた。

『交響曲第13番 バビ・ヤール』には、ベートーヴェン第九のように合唱がついている。第1楽章は差別主義への怒りだが、第4楽章はスターリン批判になっている。
−−−
『交響曲第13番 バビ・ヤール』から、歌詞抜粋

バビ・ヤールに記念碑はない。
切り立つ崖が粗末な墓標だ。

ベロストーク(露人による虐殺が起きた街)のユダヤ少年は私。
血が流れ、床に広がる。
酒場のゴロツキどもが暴れまわりウオッカとネギの匂いが混じる。
長靴で蹴飛ばされた、力ない私は、虐殺者どもに命乞いをする。
「ユダ公を殺せ、ロシアを救え!」
騒ぎの中で粉屋が私の母をぶちのめす。

おお、我がロシア民族よ! 私は知っている
ロシア人は本来、国際派なのだと。
だが、しばしば汚い手をした奴らが、お前の清らかな名を騙っているのだ。
私は知っている、この土地の優しさを。
だが、卑劣な反ユダヤ主義者どもは、厚かましくも、自らをこう名乗っているのだ。
「ロシア民族同盟!」


私は思う、自分がアンネ・フランクであると。
何とわずかしか見たり嗅いだりできないのだろう!
私たちは小枝に触れることも空を見ることも許されない。
だけど、たくさん出来ることがある。
それは優しく暗い部屋で抱き合うこと。

バビ・ヤールに雑草が茂る。
木々は裁判官のようにいかめしく見下ろす。
ここでは全てが無言の叫びをあげ、
帽子をとった私は感じる、ゆっくりと白髪になって行くのを。

そしてこの私は、無言の叫びの塊として、
数万の虐殺された人々の上にいる。
私はここで銃殺された老人だ。私はここで銃殺された子どもだ。
私の中の何ものも、決してこれを忘れはしない!

私の身体の中にユダヤの血はないが、
激しい敵意を込めて私は憎まれる、すべての反ユダヤ主義者どもに、ユダヤ人として。
だからこそ…私は真のロシア人なのだ!

・第4楽章「恐怖」(スターリン時代の密告社会)

恐怖は何処へも影の如く入り込み、どの階段にも忍び込んだ。
こっそりと人々を手なげつけ、全てに刻印を押して行った。
誰かの密告に対するひそかな恐怖、ドアを叩く音へのひそかな恐怖。
そして、外国人と話す恐怖は?
外国人ならまだしも、妻と話す恐怖は?
そして、葬送行進曲の後、静けさだけが残るあの言いがたい恐怖は?
我々は吹雪の中の建設も、砲弾の下での突進も恐れなかったが、
自分自身と話し合うことを時々死ぬように恐れたのだ。


自国の負の歴史は直視しにくいもの。だがショスタコーヴィチはナチスの蛮行だけでなく、帝政ロシア時代の憎悪犯罪を、そして平等をうたった社会主義ソビエトになってもなお、ユダヤ虐殺があったバビ・ヤールに墓標一つ造っていない(1962年時点)という、根深い差別心を人々に直視させた。
この曲の初演は当局の妨害を受け、当初予定していた指揮者に断られ、怖じ気づいた独唱者が次々と交代し、本番では4人目の独唱者が舞台に立った。
1975年、ショスタコーヴィチは死の4日前に最後の作品『ヴィオラソナタ』を完成させる。享年68歳。没後2ヶ月、同曲を献呈されたヴィオラ奏者が初演し、彼はこう回想している。
「(この曲は)催眠術のような強い作用を聴衆に及ぼした。ホールで唯一の空席であるドミトリー・ドミトリエノヴィッチ(ショスタコーヴィチ)の席には花束が置かれ、そこから遠くない場所に、(大指揮者の)ムラヴィンスキーが私の妻と並んで座っていた。ムラヴィンスキーはまるで子供のように、止めどなく涙を流していたが、ソナタが終わりに近づくにつれて、文字どおり慟哭に身を震わせていた。舞台の上と聴衆の心の中で生じたことは、音楽の範疇(はんちゅう)を超えていた。我々が演奏を終えたとき、私は、ソナタの楽譜を頭上に高く掲げた。聴衆の喝采を残らずその作曲者に捧げるために」(『ショスタコーヴィチ』音楽之友社)。
※遺作『ヴィオラ・ソナタ』終楽章は、ベートーヴェン月光ソナタのオマージュとなっている
https://www.youtube.com/watch?v=lycYG6oJcvU#t=20m01s
※『弦楽四重奏曲第6番』第3楽章が胸に染みる(頭出し済)
https://www.youtube.com/watch?v=0oUB_k7WTgs&#t=12m24s

●11月5日…『音楽の友 11月号』に「世界音楽家巡礼記(32)」を寄稿。今号は「近代の作曲家たち・中編」として、スクリャービン、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチをピックアップ。神秘主義にのめり込んだスクリャービンは、「音楽を通して聴衆を陶酔のうちに宇宙=神と一体化させ、音楽をもって人類の魂を救済する」という壮大な目的を胸に作曲。後年は音階ごとに「色」を設定し、音と光のコラボレーションを目指した。
※『交響曲第3番“神聖な詩”』第一楽章のココから40秒間が好き!好き好き好き!! https://www.youtube.com/watch?v=jbiU9lBPv7w#t=6m52s
※『交響曲第4番“法悦の詩”』ラスト3分
https://www.youtube.com/watch?v=BWINpXNd5KE#t=19m20s
※スクリャービンはピアノの小品も良い。『2つの詩曲』から第1番。
https://www.youtube.com/watch?v=GeIkc573yJg (3分31秒)

プロコフィエフはバレエ音楽『ロミオとジュリエット』のように甘美なメロディーを生み出す一方で、けたたましいグロテスクな旋律も得意とした、何でもありの天才。ロシア革命の混乱を避けて欧米に亡命したが、亡命先では良い音楽が書けず、帰国を決心する。その時の友人宛の手紙が良い。
「ロシア人というものは、自分の国の土を持って歩いているようなものだ。むろん国土全部をではない。(異郷の生活は)最初のうちはわずかしか苦痛を感じないが、段々ひどくなり、しまいにはそのために駄目になってしまう。私はもう一度祖国の雰囲気の中に浸り込まなければならない。私はまた本当の冬を、一瞬ごとに咲き開いてゆく春を見なければならないのだ。ロシア語が耳いっぱいに響くのを聞き、血と肉を分けた同胞たちと話すのだ。彼らはここには無いものを私に返してくれるだろう。彼らの歌を、私の歌を…。そうだ、やっぱり帰ろう」
帰国後、当初は自由に作曲活動をしていたが、スターリンによる恐怖政治が始まり、友人たちが強制収容所に送られる。ソ連の楽壇では、前衛作品は「民衆の方を向いていない」と見なされ糾弾されるため書けなくなった。奇遇にも、プロコフィエフはスターリンとまったく同じ日に他界している。スターリンの方が3時間早い。たとえ3時間であっても、プロコフィエフがスターリンのいない世界で呼吸できたことはよかった。
※『騎士たちの踊り(ロミオとジュリエットから)』。近年、ドラマやCMで使用 https://www.youtube.com/watch?v=rrt7pqB5Ecw#t=28m04s
※『交響曲第5番』のこの部分、ゴジラがゆっくり上陸してきそう
https://www.youtube.com/watch?v=sPsw3QpBsUE#t=10m41s
※『バイオリン協奏曲第2番』第2楽章(頭出し済)。亡命を終え祖国に戻った際の安心感、懐かしさにあふれている
https://www.youtube.com/watch?v=uuXKaRFFJIc#t=11m02s
※『ピアノ・ソナタ第8番』第2楽章。舟歌のようで心地よい。
https://www.youtube.com/watch?v=VPmry-cj4OU#t=16m31s
(つづく)

●11月4日…ショックだった首里城の炎上は、やはり正殿の分電盤が火元のようだ。分電盤に繋がる配線・延長コードから30箇所以上の溶融痕(火災の熱で溶けてできる銅の塊)が見つかった。この延長コードでLEDの照明器具を点灯させていたとのこと。
首里城は、かつての琉球王国の建築様式としても、第二次世界大戦の戦災から復興した建物という意味でも、多くの沖縄の人々がアイデンティティーの象徴と感じている建物。僕個人としては再建のための寄付が貯まるのを待つのではなく、政府が率先して国費を投入してほしいし、こういう時のために税金を払っている。特別会計のズブズブの無駄金に使ったり、トランプ大統領にボラれるより、よっぽど価値ある税金の使い方だ。
…それにしても、なぜゆえ安倍氏は、パリのノートルダム寺院の火災では速攻でお見舞いのツイートを書き込んだのに、首里城の火災はとことんスルーしているのだろう。自国民が悲しんでいるのに。一方、ラグビーの感想はすぐにアップしている。安倍氏は辺野古基地建設をめぐる答弁で、いつも「沖縄の皆さんに心を寄り添って」と言ってるけど、こういうときに無反応というのは、僕には理解不能だ。玉城デニー知事を圧勝させたから、県民を丸ごと“敵”とでも思っているのか。そんなはずはないだろうが、ノートルダム寺院の即ツイートがあるだけに、どうしてもギャップが目立つ。結局、こういうときにいたわりの言葉を持たない人物がトップにいるから、この7年間でこうも日本が壊れてきたのだと思う。

●11月3日…「人生最大の栄光は、一度も転ばないことではなく、転ぶ度に立ち上がることにある」(ネルソン・マンデラ元南ア大統領)
ラグビーW杯、南アフリカ3度目の栄冠をあらためて祝福。イングランドがニュージーランドを下したとき、南アが初戦でNZに敗北していることから、「これはイングランドが優勝するかも」と思ったけれど、そのイングランドに32-12で快勝、鉄壁の防御でトライを許さなかった。南ア強し!道理で日本があの“緑の壁”に苦しんだわけだ。
南アではアパルトヘイト(人種隔離)時代からラグビーは「白人のスポーツ」と見られてきたが、今のチームは代表初となる黒人主将のコリシ選手がまとめ上げている。試合後のコリシ主将「様々な背景、人種が一つになって優勝できた。一つになれば目標を達成できると示せた」。

決勝の中継では、会場にいた南アの元主将フランソワ・ピナール選手の姿が写り「うおっ!」と前のめりに。ピナール選手は傑作ラグビー映画『インビクタス』の主人公。1995年に南アをW杯初優勝に導き、マンデラ大統領(当時)が目指す人種間の対立緩和に貢献した。
映画『インビクタス』には、反アパルトヘイト運動で逮捕されたマンデラ氏が、“27年間”もの長い獄中生活で心の支えとした、英国詩人ウィリアム・アーネスト・ヘンリー(1849-1903)の詩「インビクタス」(ラテン語で“不屈”の意)が登場する。作者ヘンリーは骨結核のため12歳で左足を切断、8年間の入院生活を送り、結婚後は愛娘が6歳で病死。様々な試練の中でもヘンリーは強い心を持ち続け、次の四行詩「インビクタス」を書いた。

−−「夜より出(い)でて私を覆う奈落の如き漆黒の闇。どんな神であれ感謝する。征服されざるわが魂に過酷の魔の手に落ちてなお、私はひるみも叫びもしなかった。運命に打ちのめされ、こうべが血にまみれようと決して屈しまい。怒りと涙尽きぬこの地のかなた、死の影が恐怖をほのめかす。だが幾年月脅威にさらされようとも、私は何一つとして恐れはしない。その門がいかに狭くとも、いかなる苦しみを負うことになろうとも、私がわが運命の支配者、わが魂の指揮官なのだ」(ウィリアム・アーネスト・ヘンリー)

※マンデラ氏は釈放の3年後にノーベル平和賞を受賞し、その翌年大統領に就任した。「私は決して言葉を軽んじない。27年の獄中生活で良いことがあったとすれば、独りゆえの沈黙のおかげで、言葉がいかに大切であるか、心から発した言葉が人間の生死にいかに影響を与えるかを理解したことだ」(マンデラ)
※作家スティーヴンソンはヘンリーを『宝島』の片足の海賊ジョン・シルバーのモデルとした。
※今大会の入場者数は100万人を超え、W杯9大会目にして過去最多となった。それも発祥地の英国から遠く離れた極東の地で。開幕前に生放送した日本戦は視聴率6%台だったが、8強入りをかけたスコットランド戦は瞬間最高視聴率は54%を記録、これからは多くの日本人がラグビー中継を見ると思う。まさにラグビー元年となった。

//今月6日18時NHKBS1『世界のドキュメンタリー選 プロパガンダ ウソを売る技術』放送。ロシア語の「プロパガンダ」は“政治宣伝”の意味。チェ・ゲバラの肖像画が国境や時代を超えるアイコンとなった陰には、原作者が著作権フリーとしたことが大きく影響。ベルリン五輪の記録映画、レニ・リーフェンシュタール監督の「オリンピア」は、ヒトラー・プロパガンダの最高傑作ともされる。プロパガンダはどう機能し、社会にどんな影響を与えるのか。有史以前の洞窟壁画に始まる“人類最古の宣伝戦略”や、中世キリスト教会の“洗脳手法”、レーニンやヒトラーが洗練させたプロパガンダ。「ウソを売る技術」を徹底分析。

●11月2日…文芸ジャンキー・パラダイス開設20周企画年第2弾&世界墓マイラー同盟第2回企画の偉人巡礼会『あの人に会いたい〜青山霊園・魂の墓参行脚:前編』を11月23日(土)13時より16時すぎまで実施します!都心の青山霊園は、面積が前回訪れた漱石が眠る雑司ヶ谷霊園の約2.3倍、甲子園球場の約7倍。同地に眠る12万人の中には、近代日本の礎となった先人が多数います。
世界墓マイラー同盟では、3回にわけて青山霊園の偉人を巡礼、それぞれの墓前で、なぜこの人に墓参したかったのか、故人への熱い想いを語ります。参加費は1500円(資料込み)、定員は先着20名強です。申込み方法など詳細は特設ページにて。

〔墓参予定の歴史上の人物12名&1匹〕
この東ブロックは政府要人が多く、固いイメージがありますが、命懸けで軍部に抵抗するなど重要人物ばかりです。ハチ公もこのエリア!
・大久保利通(1830-1878)幕末・維新期の政治家、薩摩出身。倒幕後、版籍奉還・廃藩置県を断行、凶刃に倒れる。享年49。
・犬養毅(1855-1932)政治家、首相。備中(岡山)出身。護憲運動で活躍、五・一五事件で軍部に暗殺される。享年76。
・浜口雄幸(1870-1931)政治家、首相。高知県出身。ロンドン海軍軍縮条約を結び、右翼に銃撃され他界。ライオン宰相。享年61。
・牧野伸顕(1861-1949)政治家。鹿児島出身。満州事変後、軍部の横暴阻止に尽力、二・二六事件で襲撃される。大久保の子。享年87。
・志賀直哉(1883-1971)小説家。宮城県出身。「白樺」創刊、簡潔な文体。「城の崎にて」「暗夜行路」。文化勲章。享年88。

・斎藤茂吉(1882-1953)歌人。山形出身。「アララギ」編集。生の感動をうたいあげた歌集「赤光」などで文化勲章。享年70。
・尾崎紅葉(1867-1903)小説家。東京出身。口語文体を創始した明治文壇の重鎮。圧倒的人気を獲得したが早逝。享年35。
・乃木希典(1849-1912)陸軍大将。長州出身。日露戦争で旅順を攻略。明治天皇の大葬当日、自邸で殉死。享年62。
・山口多聞(1892-1942)海軍軍人。東京出身。先見の明のある智将であったが上官に恵まれず、ミッドウェーで戦死。享年49。
・川路利良(1834-1879)日本で初めて警察制度を構築した「日本警察の父」。薩摩出身。西南の役で抜刀隊を指揮。享年45。
・有村次左衛門(1839-1860)薩摩藩士。桜田門外の変で水戸藩士と井伊大老を襲撃、首級をあげた後に自刃。享年21。
・海江田信義(1832-1906)幕末・明治期の政治家。薩摩出身。生麦事件で行列を遮った英国人に天誅。有村次左衛門の兄。享年74。
・ハチ公…秋田犬。東大教授・上野英三郎(ひでさぶろう)の忠犬。帰らぬ主人を10年近く渋谷駅で待ち続けた。
(予備)篠原泰之進(1828-1911年)新選組隊士。後に近藤勇と対立、襲撃。戊辰戦争では赤報隊。享年82。
世界墓マイラー同盟

●11月1日…日記の10/26〜10/28までをアップ。この間、子どもが10歳になったので、その所感などを書いています。
そして…元旦から日記に綴っていた国内外のニュース「今日の良かった」は、尿管結石になったことで6月13日に中断し、その後、倒れている間に仕事が溜まってしまい、本日、ついに「遡っての“良かったニュース”更新」を諦めました。あまりに増えすぎた…無念。来年こそは、元旦から大晦日まで「今日の良かった」を完走させたい!

//今年の文化勲章受章者6人と文化功労者21人が発表され、文化功労者の中に、我が敬愛する漫画家、萩尾望都先生(70)のお名前があって感激!
まだ漫画が大人たちに馬鹿にされていた1970年代に、少女漫画を文学や詩と肩を並べる芸術に昇華させた『ポーの一族』『トーマの心臓』を描き、『11人いる!』『スターレッド』では男性SFファンも虜にした。しみじみと泣ける、そんなもの悲しさを味わった漫画は萩尾作品が初めてだった。おめでとうございます。
今回の文化功労者は、他に「転校生」「さびしんぼう」「時をかける少女」などで知られる映画監督の大林宣彦さん、日本のゲームを発展させた任天堂のゲームプロデューサー宮本茂さん、 歌舞伎界を代表する女形の坂東玉三郎さんなど、僕の世代には馴染み深い方が多く、テンションが上がりました。

●10月31日…『ラジオ深夜便』(墓マイラーがめぐる歴代全天皇陵)のネット配信サービス開始です!11月6日の18時までリンク先(NHK第一放送)から聴けます!初代神武帝から124代昭和天皇までの124代の全天皇陵から、特に印象に残った12人の御陵を15分間で紹介しています。リンクの4分あたりから僕の出番です!
※放送で採り上げた御陵の中から、ラジオだけでは伝わりきらないと思った美しい天皇陵の画像を以下に添付します。「尊皇リベラル」ここにあり、です。
お寺のような近衛天皇陵。多宝塔の中に納骨されている
川から朝霧が漂う崇峻天皇陵 醍醐天皇陵の“松の廊下”
「日本のアンコールワット」孝安天皇陵 階段の角度が超クールな舒明天皇陵
参道が小さな天橋立、垂仁天皇陵 セスナ機で巡礼した伝・仁徳天皇陵!

//沖縄那覇の首里城全焼、そして河井法相辞任と衝撃的な報道。6日前に菅原経産相が辞任したばかりなのに。これで第二次安倍政権で10人目!しかも先日辞任した菅原経産相と同じく公職選挙法違反。違反者は夫人の河井あんり参院議員だけど、この時の選対責任者は河井法相。それなら、夫が犯罪者で妻が巻き込まれた側となる。よりによって司法を担当する法務大臣が選挙違反で連座するとは。安倍氏はいつもの「任命したのは私であります。国民のみなさまにおわびを申し上げる」。責任を痛感するばかりで、決して責任を取ることはない。そして大臣もまた「もう辞任したから」と説明責任を果たさず、うやむやに。

●10月30日…今日、萩生田文科相が「身の丈」発言を、河野防衛大臣が「私は雨男」発について謝罪したけれど、どちらも人間性に不信を抱く深刻なもの。

/教育基本法の第4条には「すべて国民は、ひとしく、その能力に応じた教育を受ける機会を与えられなければならず、人種、信条、性別、社会的身分、経済的地位又は門地によって、教育上差別されない」とある。だが、政府は来年度から民間企業7社の英語検定試験2回分の結果を大学合否の判断に加えるという。
そんなことになると、都会に住みリッチな家庭の子どもは事前に何度もテストを受けて本番に備えられる一方、地方に住んでいて試験会場まで交通費・滞在費がかかる子や、試験代を何度も出せない子どもは一発勝負となり不利になってしまう。
この問題を問われた萩生田光一文部科学相いわく「裕福な家庭の子が回数を受けてウオーミングアップできるようなことはあるかもしれない」「そこは自分の身の丈に合わせて2回を選んで頑張ってもらえれば」。
通常、“身の丈”という言葉は“身の程”と同様にマイナス文脈で使われる。家の収入のことを身の丈と言っており、あとから萩生田文科相が「説明不足だった、どんな環境の受験生も頑張ってもらいたいという思いだった」と釈明しているが、誤魔化しにしか聞こえない。なぜなら萩生田文科相は別番組で格差の指摘を受けた際に「『あいつ、予備校に通っていてずるい』と言うのと同じだ」と言ってるからだ。予備校に行くかどうかは、あくまでも選択の自由。「民間の英語検定を2回受けにいけ」というのは強制。「余裕のある人はそれまでに何度受けてもいいよ」というのも著しく不平等。教育の機会均等こそが問題視されている。

/28日に河野太郎防衛相が自身の政治資金パーティーで「私はよく地元で雨男と言われました。私が防衛大臣になってからすでに台風が三つ」と発言したことに絶句。
台風19号の被害は大きくいまだ復興の目処が立っていない。30日の時点で、88人死亡、7人行方不明、71河川140か所が決壊。河野防衛大臣は「自衛隊員をねぎらうのが目的」と言っているが、直後に会場から笑いが起きているなど、“笑いをとるため”に言っているのは映像からも明らか。
…被災者の苦しみを自分のことと考えていないから、雨を笑いに変えようとする。はっきり言いたい。犠牲者には、それぞれに名前があり、顔があり、人生があるのに、それがただの死者○○人という“数字”になっているのではないか。だからこんな言葉が出てくる。もし身内が一人でも犠牲になっていたらパーティー会場のネタにできるはずがない。徹底して他人事、そんな人に大臣でいてほしくない。

●10月29日…ぐあああああ!NHKラジオ第一放送の『ラジオ深夜便』に出演し、「世界お墓偉人伝」の第5回「歴代天皇陵特集」を語ったのですが、痛恨の言い間違いを!
放送直前まで安徳天皇の母親の建礼門院の御陵が、京都大原の寂光院の隣りにあるという平家物語のラスト・エピソードを入れるか入れないか迷っていました。入れると時間オーバーになりそうでした。そして本番が始まり、冒頭の挨拶のところが少し長くなったのでカット確定したのですが“建礼門院”という言葉が頭に残り、生放送で緊張のあまり「安徳天皇は祖母の建礼門院に抱かれて壇ノ浦の海へ」と言ってしまったのです!祖母の名前は二位尼(にいのあま)なのに!
オンエア後に気がつき、真っ青に。申し訳ありません、私は生放送には向いていないようです(涙)。
〔追記〕再放送分は修正が入っていました!嗚呼、ありがとう、NHK技術部スタッフさん!これぞ匠(たくみ)のワザ!
※今回は令和改元記念の特別編として、歴代天皇陵について語りました。初代神武天皇から第124代昭和天皇まで、すべての御陵を訪れたなかで、特に印象に残った12名の天皇陵について紹介しました。

●10月28日…川崎市で開催中の「KAWASAKIしんゆり映画祭」で、慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー映画「主戦場」の上映が中止されたことに抗議して、映画製作配給会社「若松プロダクション」が、本日、同映画祭で予定していた映画2本の上映を取りやめると発表。若松プロは抗議声明で「川崎市が『訴訟になっている作品』への懸念を示したことは公権力による検閲、介入」としたうえで「『主戦場』の問題はいずれ自分たちにも起こると考え、強く抗議する」とした。映画祭で上映する予定だった「11・25自決の日〜三島由紀夫と若者たち」と「止められるか、俺たちを」の2本については、払い戻しに応じたうえで、近くの会場で無料上映する予定だという。
また映画祭で上映予定の「沈没家族 劇場版」の配給会社「ノンデライコ」の大沢一生代表も「表現の自由の安易な放棄としか思えない事なかれ主義」とする主催者への抗議を表明した。映画祭事務局「私たちの判断により、お届けしたい作品を提供できなくなり、お客様に申し訳ない」。
映画作家たちがスクラムを組んで『主戦場』のために戦っており、僕もエールを送りたい。
〔11/2追記〕なんと、川崎市で開催中のKAWASAKIしんゆり映画祭の主催団体は、上映を中止にした従軍慰安婦をテーマにした映画「主戦場」(ミキ・デザキ監督)を最終日の4日に上映すると公式ツイッターで発表。公開討論会で映画関係者や市民から上映中止に反対する意見が相次ぎ、「上映実現に向けて前向きに協議している」とコメント、この判断に至った。いったん公開禁止になったアートが、最終日ギリギリで復活した「あいちトリエンナーレ」を思い起こさせる展開。公開討論会を企画して大正解。

●10月27日…『ニューズウィーク日本版』に古谷経衡氏が寄稿している「保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理由」。文章に共感し、以下に一部紹介。
→私は、物書きとして2000年代後半から10年代初頭までの7年ほど、この保守業界に身を置いていた。保守と言うのなら、エドマンド・バークや福田恆存や小林秀雄の思想を読み込んでいる人ばかりだと思ったが、当時から全く違った。医師や公認会計士、税理士、企業経営者といった(特に医師が多かったが)社会的に地位のある人が根拠なしに隣国と隣国人を差別する。「正論を言い続ければ、いずれヘイトはなくなる」と思っていたが甘かった。彼らは基本的に学習しないし、虫食い状の歴史知識を正統的な学問や先行研究から穴埋めしようという努力も一切しない。韓国が韓国が、というわりに韓国に行ったことが一度もない
 いまだ日韓併合は合法で日本は朝鮮を植民地支配していない、というオカルト雑誌でも取り上げないトンデモ説をかたくなに信じて疑わない。自称保守系論壇誌は完全に韓国差別雑誌に成り下がり、平気で「韓国が消えても誰も困らない」などの特集を組み、零細出版社はカネのために『韓国人に生まれなくてよかった』というタイトルからしてモロに差別の出版行為を平然と続けている。
 私はこんな業界がほとほと嫌になったし、一時でもこの業界にいた自分を恥じている。本当にばからしく、彼らに更生の余地はない。
 「保守」とは本来、人間の理性に懐疑的で、社会の急激な改変や改良を嫌い、歴史や経験、常識(コモンセンス)に価値判断の基準を定めるという生活姿勢そのものを指す。もうそんな本来の意味での「保守」は、絶滅危惧種である。私はたとえ絶滅しようとも保守の本懐を曲げないで死にたい。

●10月26日…私事ですが、本日26日、ウチの子“ふう”は10歳になりました。この子が生まれた時、多くの方からオフ会やメールで祝福を頂いたので、無事に10年が経ったことをここに報告します。
彼がこの世に現れたとき、48.4cmだった身長は132cmに、3200グラムだった体重は26.2kgになりました。思えばこの子は、僕の実父のお葬式当日に生まれて来るという(ちょうどお骨が焼けた時に出生)、何とも不思議な星の巡り合わせの下にやって来ました。

子育てをしてわかったことは、自分が幼児期に「どれだけ親(大人)に守られていたか」ということです。幼児は親がいないと、まず食べものを入手不可能。車道に飛び出したり、高所から転落したり、窒息、溺死、火傷といったリスクは日常生活の中に常にあります。とにかく、誰か守ってくれる大人がいないと、命が幾つあっても足りないのだと、それを育児で学びました。
僕はいろいろあって高2の夏から一人で暮らし始めましたが、酔っ払った実父と大喧嘩したとき、“自分は愛されていないのだ”と恨んだりしていました。
ですが、どれほど衝突しようが、どんなに会話が減ろうが、最も命が危険に晒されていた幼児期を生き延びることが出来たのは、常に気を遣ってくれる人、見守ってくれる人がいたからであり、それは愛情がなければ絶対に不可能なことだと育児を通して悟りました(ずっと見続けているのはそれくらい大変)。それだけに、親には本当に感謝しています。

ときに、墓マイラーの子として彼は少し風変わりな体験を順調に重ねています。3歳のときに最初にお墓参りした外国人女性がマリリン・モンローというませっぷり…といっても本人はまだ誰に対して手を合わせているのかわかっていません。おそらく、最初に顔と墓が一致して「ありがとう」を言えたのは、5歳のときの“面白い人”チャップリン、“いい音楽の人”ベートーヴェン、6歳のときの“ドラえもんを描いた人”藤子・F・不二雄先生だと思う。
そして、彼が実体験から自分の意思で感謝を伝えたのは、乗り物の玩具にハマっていたときに訪ねた、トミー創業者富山栄一郎氏&プラレールやトミカを開発した2代目社長富山允就(まさなり)氏、そしてレゴブロックに夢中だった頃に訪ねた、デンマークのレゴ創業者オーレ・クリスチャンセンのお墓かと。
今や墓巡礼の際は完全にカジポン家の“戦力”となっており、広大な墓地を手分けして探すときに彼が先に発見することも増えてきました。これは漢字や英語が読めることになってきたのが大きい。
また、独身時代は外国で墓地の管理人さんに「怪しいアジア人が墓地をうろついている」と警戒されていたのが、親子連れだと「事務所に冷たい水があるよ。飴をあげよう、味は何がいい?」と対応が激変!手描きの地図もくれるし管理人さんがめっちゃ親切になる。お陰で巡礼がどんなにスムーズになったか!

そういえば父子で兵庫の山中で宮本武蔵や安倍晴明の墓を探しているときに、車の左後輪が斜面で脱輪して横転しかけ(携帯電話は圏外!)、窓から脱出した彼が近所の農家まで助けを呼びに行き兵庫県警に救助されたこともあった。足をブレーキペダルから話せば横倒しになるという状況だったし、彼がいなければどうなっていたことか。
あと8年経てば彼も運転免許をゲットできるので、肉体的、精神的にハードな海外でのレンタカー巡礼の際に、交代でハンドルを握ってもらえるのが楽しみ(「めんどくせー」って、ついてきてくれなくなる可能性もあるけど…汗)。
とにもかくにも、今日、この日を迎えることが出来たことに、妻はもちろんのこと、育児をサポートしてくれた祖父母、こども園や小学校の先生、お友だち、墓マイラーイベントで優しく接して下さる皆さん、すべての方に感謝しています。

俳優のクリスチャン・ベールが2011年のアカデミー賞授賞式で行った次のスピーチを、親となって10年目の今日、しみじみと実感しています。「これから教えるであろう以上の事を教えてくれた幼い子どもに感謝します」

//ラグビー準決勝、3連覇を狙う王者ニュージーランドをイングランドが下した熱戦は、イングランドのとてつもない攻撃力に驚嘆した。あのニュージーランドが連携をズタズタにされ、まともに試合をさせてもらえなかった。強すぎる!明日はウェールズVS南ア、こちらも強者の激突。

●10月25日…「任命責任」という言葉を辞書(大辞林)で調べると「ある者を任命することによって生じる任命者の責任」とある。
今日の菅原一秀経済産業相の辞任で、第2次安倍政権以降の閣僚の辞任は9人目!そして安倍首相のコメントは、いつもと同じ「任命責任はこの私にある」、以上。僕が聞きたいのはその先だ。責任がある場合、どうするのか。一般の会社なら、重役が不祥事を起こせば社長も辞める。首相の場合は、政治の安定性という観点から、「一人や二人の大臣の不祥事で引責辞任する必要はない」との意見もわかる。だがしかし、もう9人目だ。
9人も辞任しているのに、首相が辞めないのなら、「任命責任」なんてものはこの世に存在しないのと同じ。っていうか、現内閣の場合、「任命責任の取り方とは、“任命責任がある”と言葉で言うこと」と閣議決定してもおかしくない開き直り方に見える。
一国のトップのこの振る舞いに、世の親たちはニュースを見ている子ども達から「任命責任って何?」って聞かれたら、どう答えればいいのか。

選挙区の有権者への寄付行為は固く禁じられている。さもないと金持ちで資金力のある候補者が有利になるからだ。だが、菅原一秀経済産業相はそんな法律は何のその、贈答品リストを作って寄付相手をABCなどランク付け。香典についても議員本人が葬儀で手渡しする場合は問題ないが、秘書に持っていかせると買収行為と見なされアウト。菅原経産相はかなりのケースで秘書を通して香典を渡しており(元秘書の証言では「秘書の仕事の中心が香典渡しだった」)、自民執行部は「もう、かばいきれない」と手をあげ、組閣からたった一カ月で大臣辞任に追い込まれた。
公文書の改ざん事件、セクハラ騒動、ワイロ疑惑、もう限界。これ以上、無責任の見本を総理大臣が国民に見せるのは日本全体のモラル崩壊に繋がる。
何もすぐに政権交代しろと言っているわけじゃない。自民には自浄能力を発揮して、総裁を別の人に替えてほしいんだ。自民の多くの議員さんも、内心ではこのままで良いと思ってないはず。辞任9人目というのは、そういう数字なんです。

●10月24日…台東区が台風19号に備えて開設した避難所で、路上生活者を受け入れなかった問題は、他者に冷淡な今の社会を象徴しているよう。「前例がないほどの大型台風」「命を守る行動をとって下さい」とニュースで呼びかけているのに、「台東区の住民ではない」ことを理由に路上生活者を門前払い。避難所はガラガラだったうえ、“住民ではない”海外旅行客は受け入れ可能なルールだったというから、明らかに生命を選別している。災害対策基本法の基本理念は「人の生命および身体を最も優先して保護すること」。これを軽視して何のための避難所か。
今の日本は欧州に比べてセーフティネットが機能しておらず、一度住む家を失うと、極端に生活の再建が厳しくなる。それは国民の多くが分かっているはず。2、30年前までは「お互いさま」という言葉がしょっちゅう聞かれたし、こんな無情な国じゃなかった。ほんと方向転換しないと…。
社会が残忍になれば、人もまたより残忍になる。

●10月23日…超ド級傑作アニメ『ヴィンランド・サガ』の第二期エンディング曲『Drown』(90秒)に激ハマリ。連日気がつけば繰り返し聴いている。歌手のmiletさんは英国の名シンガー・アデルのような声。『ヴィンランド・サガ』は原作を尊重したアニメ化であり、作画は毎回ハイクオリティ(特に北ヨーロッパの風景描写と肉弾戦)、深刻なエピソードもカットせずオンエア、つくづく幸せな作品。
トールズVSアシェラッド(5分)トールズぅうううう!(子どもがトルフィン)
トルフィンVSトルケル(5分)NHKアニメで!!

//来年から流通するイギリスの新20ポンド札の人物が、我が愛する画家ターナー(1775-1851)に!ターナーはモネやルノワールらがフランスで印象派の全盛期を築くより半世紀も前に光と大気、霧を描いた画家。日本でお札になるのは政治家、実業家、文学者が多いけど、海外は芸術家をよく見かける。ターナーと同時代の日本人と言えば葛飾北斎(1760-1849)。いつか日本のお札にも北斎が登場してほしい。

●10月22日…本日の「即位の礼」、“正殿の儀”のお言葉の中で「(上皇陛下が)常に国民の幸せと世界の平和を願われ」「ここに、国民の幸せと世界の平和を常に願い」「国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします」と、3度も「平和」という言葉が繰り返されたのが強く印象に残った。
思えば、戦後70年となる2015年の全国戦没者追悼式。安倍氏は2013年の第二次安倍政権発足後から、保守界隈の「いつまで反省せねばならぬのか」という声に同調し、アジア諸国への加害責任に言及する「反省」という2文字を口に出さなくなった。上皇さまはこれに抗議するかのように、その2年後に戦後初めて「反省」という言葉を取り入れ、「過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い」と述べられた。
今夏の全国戦没者追悼式でも、戦後世代の最初の天皇となられた今上天皇が「深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い」と“深い反省”を継承。さらに今上天皇は、現在の日本の平和と繁栄が築かれた要因として、これまで上皇さまが「国民のたゆみない努力」とされていた部分を、「人々のたゆみない努力」と言い換えられた。あえて「国民」を「人々」に変えられたのは、在日外国人など日本国籍を持たない人もこの国の一員であり、日本の繁栄を築いてきたと、そう明確に発信されたと僕は受け止めた。
令和日本が平和外交を重視し、理不尽なレベルに達している格差構造を改め、社会的に弱い立場にある人にやさしい国になることを願ってます。

//今月号の『NHK短歌』テキストを見てて、思わずメモった。「かすかな苦みが好みですコーヒーも君の言葉も砂糖はいらぬ」。

●10月21日…四国での4日間は生涯忘れられないものとなりました!すべての出会いに感謝!公立中学校の総合学習の時間で墓マイラー・トークが可能ということがわかった!!お寺の法要とあわせた講演も可能とわかった!!この収穫の大きさよ!!(詳細後述)

●10月17日…明日から四国に入ります。次回更新は10月21日夜の予定です。

〔週末の動き〕
18日 松山市内の中学校で生徒の皆さんに講演
19日 松山でラジオ出演。21時台の『痛快!杉作J太郎のどっきりナイト7』
20日 松山・蓮福寺にて水野広徳75回忌追悼法要(10時)と講演、午後から高知にて、やなせたかしさんの墓参と『大名墓をめぐる世界 そのすべて』展へ
21日 愛媛を巡礼後、帰還

●10月16日…今度の日曜、10月20日に愛媛県松山市の中心部にある蓮福寺にて講演します。四国で一般の方を対象に墓マイラー・トークをするのは初めて!今回は通常の講演と異なり、非戦を訴えた反骨の軍人・水野広徳75回忌追悼法要にあわせた講演であり、子規記念博物館の学芸員・平岡瑛二さんと一緒にやります。10時から法要があり、それに続いての講演です。
申込みフォーム(南海放送/無料)

−−水野広徳(ひろのり/1875-1945)は日露戦争の旅順港封鎖戦や日本海海戦に水雷艇長として参加した海軍大佐で、当初は「軍備は戦争抑止力として必要不可欠」「戦争は国家発展の最良手段」と考えていたゴリゴリの軍国主義者。彼が執筆した日露戦争の戦場ルポ『此一戦(このいっせん)』は大ベストセラーになり、その印税で第一次世界大戦に揺れる欧州を2度視察し、そこで大きな衝撃を受ける。
一度目は1916年(開戦3年目)。水野はロンドンでドイツ軍の空襲にあい、避難していた地下室から出ると、5分前に通ったばかりの家屋が破壊されていた。この時の市民の死者は約150人、負傷者は450人。水野は5分違いで命を拾った。そして「石造建築が中心の西洋と違って、日本は都市に木造家屋が密集しており、空襲になれば東京は一夜にして灰燼に帰す。しかも日本には避難できる地下室も地下鉄もなく、莫大な人命の損失となる。航空機が船の甲板で発着可能になれば、東京の空襲は防ぎようがない」と危機感を抱く。東京大空襲の28年も前に、焦土となる姿や空母の活躍を予測していた。

二度目の渡欧は1919年(終戦翌年)。戦死者1200万を出して大戦は終わった。まず戦勝国のフランスに入る。北仏の古都ランスを訪れると、すべての家屋が被害を受け、ホテルも劇場も崩れ落ち、瓦礫が道を埋め、廃墟そのものだった。付近の村落は壊滅し、田園は荒れ果て、生き物の姿がない。塹壕(ざんごう)の中ではドイツ兵が武装したまま白骨化していた。戦場の至るところに十字の墓標と、盛り上がった土饅頭があった。
続いて最大の激戦地ベルダンを訪れる。当地には仏軍の要塞があったため、4年の攻防で50万人以上が戦死しており、一帯の老人、女性、子どもも巻き添えになった。
水野の自伝から。「市街地は完全に破壊され、人の住む家はなく、まるでポンペイの発掘跡のようでした。独軍は50万の兵を投入して、一度はこの地を占領しましたが、仏軍によって全滅させられました。彼らは決して死にたくて死んだのではない。ただ国家のために己の命を捨てたのです。彼らは国家の要求によって、いや応なしに命を取り上げられたのです
水野は庶民が犠牲になる一方で、戦争で大儲けしている層がいること、国家がその層と結びついていることに義憤を抱く。「列強の政府は大勢の貧しい国民のために、少数の富裕層の富を差し出すことをあえてしない」「弱い国民からはその掛け替えのない生命さえ奪いながら、強い国民からはその有り余る富すらも奪い得ぬ国家、これは国家として正しい行為なのか」。

続いて、初めて敗戦国ドイツの地を踏む。貧困の極みであり、街には異臭が漂い、道端では国家のために戦った廃兵(傷病兵)が物乞いをしており、同じ軍人として胸を痛める。ドイツの貨幣価値は、戦前の4分の1以下に過ぎず、泥棒も多い…。現地で会った日本人いわく「国民道徳の退廃こそは、戦争でドイツがこうむった無形の大損害と言えるでしょう」。
水野は戦争の不毛さ、理不尽さを見つめる。「戦死者1200万を出したこの戦争、敗戦国は言うまでもなく、勝ったイギリスやフランス、イタリアにせよ、その国民は戦前よりも果たして幸福になっているでしょうか。どの国も物資の欠乏と生活難、労働不安に襲われています」。

これらの体験から、水野は思想的に180度の大転換をとげる。軍国主義者から人道的平和主義者に生まれ変わった。
「僕はまず北フランスの戦場を見て、戦争の恐るべき実状を知りました。戦勝国でさえ、戦利で得たものは、戦争で失ったものを償うには足りないのです。戦争は国家発展の最良手段と考えていた僕の軍国主義思想は、根本から覆(くつがえ)されました。たとえ戦争に勝っても国家としてほとんど利益がないのは、大戦が実証しました」
「国際連盟(現国際連合)は、国の安全を保ち得る最小限にまで軍備を縮小することを規約しています。しかし、最小限度の基準をどう定めるかという、最も重要な点を規定していないのです。軍備の縮小は、戦争の発生をとどめる効果はあるかもしれませんが、戦争を防止し絶滅することは出来ません。軍備がある限り、仮想敵国は想定され、戦争の脅威があります。国際連盟が真に世界の永久平和を実現しようと思えば、軍備縮小などという消極的な手段に頼らず、個々の軍備を撤廃し、国際連盟軍の編成まで持って行かなければなりません。国民が戦争の正体をはっきりと認識するならば、少なくとも一部の野心家が企てる侵略戦争だけは避けられるでしょう」
1919年8月、水野は在ドイツ日本人の集まりで初めて軍備撤廃の意見を公表した。
「この未曾有の大戦が残したものは、果たして何でしょうか。ただ地を覆う千万の墓標と、数百万の未亡人と孤児、そして新たな国際間の怨恨のみです。戦争を防ぐためにすぐに出来ることは、各国民の良心と勇断とによる軍備の撤廃のみです。国際連盟の唱える軍備縮小などは、断じて戦争を絶滅する方法ではありません。ことに今、第2のドイツとして世界から冷たい視線を浴びている日本としては、極力戦争を避ける手段を考えなければならないでしょう。そのために、わが国は列国に率先して、軍備の撤廃を世界に向かって提唱すべきであり、これが日本の生きる最も安全な策であると信じます
※原文「戦争を防ぎ、戦争を避くる途は、各国民の良知と勇断とに依る軍備の撤廃あるのみである。第二のドイツとして世界猜疑の中心に立てる日本としては、極力戦争を避けるの途を考えねばならぬと信ずる。これが為に我国は列国に率先して、軍備の撤廃を世界に向かって提唱すべきである。これが日本の生きる最も安全策であると信ずる」
この2年後、水野は軍を去ってジャーナリストとなり、剣をペンに替えて、言論でもって武力撤廃を世論に訴えた。1931年に陸軍が満州事変を起こすと、大半のマスコミが軍部の行動を支持するなか、水野は満州国の問題がアメリカを敵に回すことになると警告した(水野は渡米経験がある)。そして、日米戦争の仮想小説『興亡の此一戦』を書くが発禁処分となる。文中に「日本の満州国承認は、国際連盟を驚愕せしめ、米国を憤慨せしめ、中国を悶殺(もんさつ)せしめた」とあったからだ。また、将来の東京大空襲を予言するような恐ろしい文章も出てくる。「東京では数百の飛行機が流星の如く暗空に去来して敵味方の識別も出来ない。逃げ惑ふ百万の残留市民、父子夫婦乱離混交(らんりこんこう)、悲鳴の声。跡はただ灰の町、焦土の町。死骸の町である」。満州事変の段階で、ここまで未来を的確に見通していた人物がいた。
海軍大佐にまでなった軍人が、武力放棄を訴える平和主義者になることは、当時は考えられないものだった。豊富な軍事知識を持ち、日露戦争に従軍、世界大戦真っ只中の欧州と、戦後すぐの荒廃した欧州を自分の目で見て回り、アメリカを横断して強大な国力を目撃、これらすべての体験から出されたものが水野の平和主義であり、お花畑と揶揄されるような平和主義ではない。
リアリストであった水野だからこそ「(あまりに武器の威力が増した近代戦では)戦争に勝っても得られるものは払った犠牲に全く見合わぬ」「日本の如き貧乏国にして、しかも世界の孤立国は、如何にして戦争に勝つべきかと言うことよりも、如何にして戦争を避くべきかを考えることが、より多く緊要である」と確信していた。
「戦争を防ぎ、戦争を避くる途(みち)は、各国民の良知と勇断とによる軍備の撤廃あるのみである」(水野広徳)。
※過去にNHK『その時歴史が動いた』(42分)で水野広徳が特集されています。『歴史秘話ヒストリア』でもやってくれ〜い!

   1945年10月、終戦を見届けて他界

●10月15日…現在、高知城歴史博物館にて『大名墓をめぐる世界 そのすべて』(大名墓展)を開催中!会期は11月25日まで(無休)。大名の墓にスポットをあてた企画展はあまり聞いたことがなく、墓マイラー的にとても興味をそそられ、期間中に訪れようと思っています。藩医の日記、家康の遺言、参勤交代中に江戸で他界した藩主が国許で眠るまでの過程を綴った「御廟所日記」、墓所の造営方法の全過程の復元(3D技術も使用)、長宗我部元親の法要記録、神として祀られる歴代藩主など、気になるコーナーがいっぱい。中でも僕のイチオシは会場から1キロほど離れた場所で特別公開されている「土佐藩主山内家墓所」!
高知市の筆山(ひつざん)にあり、初代山内一豊から300年にわたる15人の藩主が埋葬されています。江戸時代初期から明治まで、藩主たちの墓石が、笠付き、亀趺付き、神道式など、どう変化していったか見渡せる、素晴らしい墓所です!
ただし、ここは普段非公開。古い墓石は倒壊する危険があり、山中で足場が悪い場所もあるため門が閉まっている。僕は10年以上前に、山内家の子孫の方に直接お願いして墓参させていただいた(涙)。それが今回、「大名墓展」とのコラボで会期中の土・日・祝は特別に公開されている!1日に8回、各回定員20名が巡礼可能とのこと!
時間は10時、10時半、11時、11時半、13時、13時半、14時、14時半。筆山の山内家墓所前にて先着順で受け付けています(見学時間30分)。大名墓展の展示観覧券が必要なので、確実に墓参したい方は9時に展覧会に行って速攻で墓所に向かうのがベスト。この機会を逃せば、次はいつ公開されるか分かりません。行けそうな方は是非ッ!

  初代土佐藩主・山内一豊公の墓石!

●10月14日…アルフレッド・ノーベルはスウェーデン人であり、ノーベル賞の授賞式はストックホルムで行われる。だが、ノーベル平和賞だけは隣国ノルウェーの委員会が選考する。かつてスウェーデンとノルウェーは何度も戦争をしていた。だからこそ、ノーベルは遺言の中で、「平和賞はノルウェー側に決めてもらうように」と指示した。このエピソードはもっと知られていい。
今年のノーベル平和賞(記念すべき第100回目)はエチオピアの勇気ある若き指導者、アビー首相に決まった。隣国エリトリアとの戦争を終わらせた政治家であり、ノーベルの考えた平和賞に最も相応しい人物ともいえる。
1993年にエチオピアからエリトリアが独立した際、バドメ地方がどちらの国に属するか確定しなかった。その結果、バドメの領有権をめぐって1998年に戦争となり約10万人が犠牲になった。2002年、国連によって国境画定委員会が発足し、「バドメはエリトリアのもの」と裁定したが、エチオピアが受け入れず対立は続いた。
2018年にアビー氏が41歳の若さで首相に就任すると、なんといきなり敵国エリトリアを電撃訪問し、同国の大統領と歴史的会談を実現。そして、「エチオピアはバドメのエリトリア帰属を認める」と表明した。会談後のアビー首相「この先、両国の人々にとって戦争は選択肢にはならない。私たちが必要としているのは愛だ」。
  ノーベル平和賞に選ばれたエチオピアのアビー首相

アビー首相は、犠牲者10万人以上、20年間も紛争が続いた問題を、就任からたった3カ月で終わらせた。領有権が問題になっている土地を、自国が実効支配しているにもかかわらず相手側に譲ると言ったわけで、エリトリア側はびっくり仰天だし、寝耳に水となったエチオピアのタカ派は「裏切り者アビー許すまじ」となった。
戦争で家族を失った人々にとっては、負けたわけでもないのに領土を手放すのは受け入れ難いし、兵士の親は「息子は何のために死んだんだ」ってなる。その一方、元々は同じ国であるため、両国にまたがって親族がいる市民が多く、平和になれば20年ぶりに親族に会える。生き別れになっている親子もいる。このタイミングで平和を構築しないと、何十年先になるかわからない。

20年続いた紛争を終わらせるには、国連の国境画定委員会の判断を尊重するしかない。だが、これは命懸けの政治決断であり、アビー首相はいつ軍部に暗殺されてもおかしくない。今年6月、軍がクーデターを試み軍参謀総長や政府高官が殺害され、首相が出席した集会で爆発事件があり100人以上が負傷した。ノーベル委員会は平和賞を授与することで、メダルがアビー首相の命を守る盾になってほしいと願ったのだろう。
アビー首相は内政でも、政治犯の大量解放や、メディア検閲の廃止を行い、女性の影響力の向上をうたっている。エチオピアは人口がアフリカで2番目に多く、東アフリカでは最大の経済規模。周辺国への影響力は大きく、アビー首相の平和主義がアフリカに良い風を吹かせるだろう。アビー首相はケニアとソマリアの紛争仲介で動き出し、スーダンの政情安定化にも協力していいる。
アビー首相のコメント「ノーベル委員会の決定に恐縮している。平和のために尽力し、取り組んでいる全ての人に深く感謝する。この賞は、エチオピアとアフリカ大陸に対するものだ。私たちは平和のもとに繁栄していく」。

※日本だって現実的には、北方四島、竹島、尖閣、すべて国連の国境画定委員会に任せるしかないし、早くそうするべき。僕は日本の領土と思っているけれど、国連のお墨付きがないと、どの国の政府も自国民を説得できない。アビー首相にはその大義名分があった。領有権問題が、喉に刺さった魚の骨のように、いつまでも、いつまでも、この地域をギクシャクさせている。とっとと終わらせよう。

●10月13日…台風19号はたった1日で年間降雨量の3倍という恐ろしい豪雨となり、栃木や多摩など各地に大きな爪跡を残した。特に長野県は被害が深刻、千曲川の決壊で浸水は非常に広範囲に及ぶ。行方不明者が早く見つかることを祈ると共に、夜を徹して救援活動に取り組んでいる、自衛隊、消防庁、警察など関係者の方に深く感謝。

/台風の影響でラグビーW杯の試合が中止になったカナダ代表が、岩手県釜石市で住宅地に流れ込んだ土砂を撤去するボランティア。ピーター・ネルソン選手「ラグビーより大切なことがあります。僕たちにできることで役に立ちたいのです」。ナミビア代表も「ボランティアがしたい」と宮古市を訪れた。ラグビーは紳士のスポーツと言われているけど、こういう行動からもラガーマンの生きる姿勢が伝わってくる。

/そして日本対スコットランド。凄まじい力と力のぶつかり合いだった。28対21、スコットランドに勝利したのは30年ぶりとのこと。日本にはテニスの大坂なおみ選手や陸上のサニブラウン・ハキーム選手など、見た目がアジア系でない選手への排他的な偏見が一部(特にネット)にあるけれど、ラグビー日本代表チームの感動的な戦いが、彼らのあの堅固なスクラムが社会の差別的な風土まで崩していくように感じる。諸外国のように、肌の色に関係なくその国の代表選手が讃えられる空気が、一気に広がっている気がする。

●10月12日…台風19号は、超強力、超大型のまま上陸する可能性が大とのこと、ほんと怖すぎる。ルート上に千葉があるのが心配。まだ復旧作業の途中なのに…。今日から明日にかけて大潮と重なるため高波に厳重注意。

●10月9日…今年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池を開発した吉野彰・旭化成名誉フェロー(日本人27人目)、米テキサス大のグッドイナフ教授(過去最高齢となる97歳での受賞!)、米NY州立大のウィッティンガム特別教授の3氏が受賞決定!充電して何度も使えるリチウムイオン電池は、スマホやデジカメのバッテリーに欠かせないもの。電気自動車にも必須だし、太陽光発電の蓄電でも活躍している。学生時代、それまで定番だったニッケル充電池がリチウムになったときは、その寿命の長さに驚いたものだ。
最も軽い金属のリチウムは電気を生み出す反応を起こしやすい。今回3人が受賞したのは、実用化までに3段階の革新があったから。
(1)1970年代、ウィッティンガム氏がリチウムを電極に使う二次電池を初めて制作。だが、発火や爆発がありそのままでは使えず。
(2)グッドイナフ氏がリチウムイオンを含んだ酸化化合物を正極にすると、電圧を高くできることを発見。まだ爆発の不安が残った。
(3)吉野氏は負極に炭素材料を使う方式を開発。安全性が大幅に高まり、これが現在のリチウムイオン電池の原型に。その後、電池の構造そのものにも爆発しにくくする工夫を施した。
吉野氏「気候変動は深刻な人類の問題。電気を蓄えることができるリチウムイオン電池は、持続可能な社会の実現にとって必要だと思う」。
/ノーベル物理学賞は太陽系の外の惑星を初めて発見したミシェル・マイヨール氏らが受賞。

/“あいちトリエンナーレ”の「表現の不自由展」、閉幕ギリギリになったとはいえ、展示が再開できて本当によかった。ただし、鑑賞は抽選になり、競争率は20倍以上。一方、苦情の電話は大半が70歳前後の高齢の男性で、各々平均30分の電話になるとのこと。怒りや誤解が、応対した人の説明で解けますように。

/ユニクロ柳井氏の言葉を初めてメモった気がする。日経ビシネスから。「(日本人は)みんなと一緒にやるという強みが弱みになってしまっている。たとえば忖度で公文書を偽造するのは犯罪で、官僚なら捕まって当然でしょう。民度がすごく劣化した。それにもかかわらず、本屋では「日本が最高だ」という本ばかりで、僕はいつも気分が悪くなる。「日本は最高だった」なら分かるけど、どこが今、最高なのでしょうか。新聞のスポーツ欄を見たらよく分かります。日本選手が3位や4位になったという記事ばかりで、1位は結局、誰かが書いてない。オリンピックなどにたきつけたお祭り騒ぎで、ローマ帝国の「パンとサーカス」と一緒ですよ。国民がそうした生活に明け暮れ、気が付いたらパンが全部なくなり、サーカスをする費用もなくなっていくということです。いわゆる「ゆでガエル現象」というものが全部でき上がってしまった。私はそんな日本についてあきれ果てているけれど、絶望はできない。この国がつぶれたら、企業も個人も将来はないのですから」。

/日本のことが心配で誰かが問題点を指摘したら、ネットでは「日本の悪口を言うなら出て行け!」という反応になる。それでは何も解決しないし、状況は悪化するだけ。この傾向はほんとまずいです。

●10月8日…ラグビー、スコットランドがロシアを61-0で下し、その点差にびびる。ロシアの選手が体格で劣っていたワケじゃないのに。せめて3点だけでも入れたかったろうなぁ。なんか、スコットランドがアッと言う間に防御ラインを突破するので、選手が3人くらい多く見えた(汗)

//アメコミ原作で史上初めてヴェネツィア映画祭の金獅子賞(最高賞)に輝いた『ジョーカー』、見終わった後、すぐに立てないほどの衝撃だった。なんちゅう作品が誕生したのか!気持ちが落ち着いてから感想を書きます。

●10月7日…接近中の台風19号、今年最強の勢力となる恐れ。最大風速60m/s、最大瞬間風速85m/sにまで発達すると予想、昭和の伊勢湾台風級とも。早め早めの対策を。

●10月6日…海外の報道陣から「日本のメディアの意識は、世界で最低レベル」と言われる理由の一つが、権力者との距離感。欧米のジャーナリストは、自分が権力者に取り込まれていると人々から判断されることを恥じるため、疑惑の目を向けられるような場には同席しない。しかるにこの国はどうだ。
〔10月3日の首相動静〕
午後0時6分、公邸発。同7分、官邸着。
午後2時31分から同58分まで、新聞・通信各社の論説委員らと懇談
午後2時59分から同3時22分まで、在京民放各社の解説委員らと懇談
午後3時23分から同46分まで、内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談
午後3時57分から同4時32分まで、北村滋国家安全保障局長、秋葉剛男外務事務次官。

これは関電関係の裏金が自民の稲田朋美幹事長代行など政界に流れていることが報じられ始めたタイミングと重なる。原発マネーの政界汚染にメディアがどう斬り込んでいくのか、僕はマスコミの動きを注視していたが、この官邸での会合ラッシュはほんと脱力する。
何が深刻といって、ここに登場している論説委員や解説委員、報道キャップは、自分たちが官邸で首相と懇談すれば、翌日の首相動静で報道されることが分かっているのに要請を断らないことだ。何のためらいもないのか?開き直っているのか?「私たちジャーナリストは権力の腐敗を監視する役目があり、密室で会うことはしない。国民に疑われるようなことはしない。たとえ会合で情報をもらえても、こんな形でもらったものに価値はない。首相、会見場で会いましょう」となぜ言えないのか。

●10月5日…ラグビーW杯、サモアに勝利!最後のトライは胸熱でしたね。13日のスコットランド戦、引き分け以上なら決勝トーナメントに進出決定。

//ホアキン・フェニックス主演の映画『ジョーカー』、めっちゃ良いらしい。早く観に行きたい。R15にちょっとビビってるけど。

●10月4日…香港政府がデモ封じのため、緊急事態条例を発動させ「議会を通さず」にマスク禁止法を施行。これに反発する市民がさらに過激化。私服警官が14歳の少年の足に発砲し、今度はその警官に向かって、火炎瓶が投げられた。あの火炎瓶は、ヘタすりゃ警官が死んでたし、投げた人間から殺意が感じられた。どんどん状況が悪化している。中共政府が市民の求める普通選挙制度を認めるとは思えず、絶望的な未来しか見えなくつらい。

●10月3日…関西電力の裏金3億2千万の疑惑、凄まじい癒着ぶりに目眩。分かっているだけでこの金額。調査が進めばどれだけ出てくるのか見当もつかない。政界にも波及するだろう。

●10月2日…週末にテレビでやっていた映画『僕のワンダフル・ライフ』、子どもが見ていたので軽い気持ちで僕も“ながら見”をしていたら、気がつけば画面に釘付け。ただの人間とワンコの友情物語と思ってたら、始まってすぐにワンコが生まれ変わってビックリ。ワンコは寿命が10年〜13年だから、映画の前半からどんどん転生していく…!
そして主人公のワンコは「自分が生まれて来た理由」を考え続ける。「なぜこの飼い主なのか」「この出会いにどんな意味があるのか」等々。
人間の転生モノはファンタジーの定番だけど、ワンコでやるのは初めて見た。この着想がけっこう面白い!“記憶を持ったまま”生まれ変わるため、過去の飼い主と今の飼い主を比較し、そこから人間への理解が深まっていく。汗の匂いの変化で、飼い主が誰かに恋をしたり、顔は笑っていても心で泣いているのがわかったり、居留守をしても匂いで在宅がわかったり、犬の優れた嗅覚を人間ドラマに絡めて上手い脚本を書きあげていた。続編が作られるほど評価が高いのも納得っす。
僕は高校まで団地っ子、20代は学生下宿、30代は再び団地暮らし、そして40代は賃貸マンションという、人生で一度も犬を飼える環境になかった。飼ってなくても泣けるんだから(警察犬時代とか)、ワンコを飼ってる人がこの映画を見たら、体の水分の大半、それこそ生命維持の危険水域まで滝泣きするのではないだろうか。掘り出し物だった!

 

●10月1日…建国70周年に合わせた香港の民主化要求デモ、警官が高校生の左胸に拳銃を突きつけて実弾を撃ったことに衝撃。高校生は棒を持っていたけど、あの細い棒が当たっても、治安警察はヘルメットとプロテクターで防御できる。正当防衛というには無理がある。警告で足を狙うわけでもなく、いきなり左胸というのが怖すぎ。
今回はたまたま複数のスマホ動画で一部始終が撮影されていたから、治安当局の正当防衛説は崩れたけど、もし動画がなかったら真相は闇に葬られていた。スマホのおかげで全員が特派員記者みたいなもの。今後、カメラという目の存在が、暴力の抑止力になってほしい。


 ※これ以前は『最新文芸情報バックナンバー』へ!


 
日本だけ労働者は涙目。もう自民政権ではこの構造を変えることは出来ない。固定化してしまっている。電力会社などの企業献金に支配されて、他国のような労働者保護の政策がとれない。
戦後1000兆円も借金を作ったうえに(同じ敗戦国のドイツは借金ゼロ)、少子化問題を放置、タックスヘイブンも野放し、過労死多発でもサービス残業を取り締まらない(独仏の労働者は残業なし、夏4週間・冬2週間の休み。現政権は憲法破壊の安保法制強行、不必要な原発再稼働、財源がなくても議員や公務員の給料はアップ実施、もうめちゃくちゃだ。


安保法制の強行可決後、安倍氏がNYの国連本部
に行った際に出迎えた反戦市民グループ。
画像はコラじゃなくガチ。
「宗主国へようこそ・お土産は戦争法制」
宗主国(そうしゅこく)とは植民地の主。“日本は米国の
ポチ、主権なんかない”という皮肉MAXの言葉。
そして左の女性が持っているプラカード、ここには
『1984年』に登場する有名な洗脳スローガンが。

「戦争は平和なり
自由は隷従(れいじゅう)なり
無知は力なり」

★YouTube『新型学問 はまる!ツボ学/ジョジョ立ち学』(12分)



討論の相手が普通の自民支持者なら会話が成立するけど、新興宗教の信者だと本当に骨が折れる。あまりに教祖がすべて過ぎ、話が一向に進まない。疲れる。真言宗、天台宗など昔からある宗派は反戦・非暴力が信条だし、日本の古いカトリック教会や修道会もリベラル。秘密保護法、安保法制などタカ派の安倍内閣を支持、或いは協力しているのは幸福の科学、統一教会、創価学会という3大新興勢力。創価には知り合いがいる(しかも良いヤツ)からあんまり批判したくないけど、立憲主義を踏みにじってはカルトと言われても仕方がない。安保法制が絶対に必要なら、ちゃんと憲法改正すればいいのに、それをやろうとしない。僕が持っている釈迦やキリストのイメージは、秘密保護法や戦争法を容認する人物じゃない。むしろ真逆。

 
 
 ★動画リンク→「安保法制採決、山本太郎議員の渾身の叫び」(60秒/YouTube)
--------------
「やられたらやりかえす」のは個別的自衛権。これは問題ない。集団的自衛権は日本が「やられていないけどやりかえす」こと。中国や北朝鮮と不測の事態になれば個別的自衛権で対応できる。
〔安倍氏から日本を取り戻す〜時事まとめ〕 集団的自衛権 / 秘密保護法 / メディア /
自民憲法草案の条文解説

●サイトで自分の思いを語るということ
HPで意見を発表すると、自分の「間違った知識」や「一方的な思い込み」を指摘され、初めて誤りに気づけます。これは本当に有難いことです。勘違いしたまま一生を終えるところを、真実に気づくことが出来るからです。自分が独りよがりな誤った考え方をしていないかを確認する為にも、勇気を出して積極的に意見を発表していきますネ!!(*^v^*)
僕は過去の反省と愛国心は両立すると考えている。
むしろ、過ちを反省できぬ国なら情けなくて愛せない。


歴史認識問題に決着!…日本と韓国 /中国 /台湾 / 東南アジア / 米国
・昭和天皇かく語りき / 靖国問題 / 愛国心 / 君が代起立強制 / 消費税 / 残業問題
・安倍首相は原発事故を防げなかった責任を感じて欲しい
・集団的自衛権の問題点
●二次加害者にならないために〜日本人慰安婦の話(美輪明宏)と元日本軍慰安婦に関する正確な知識

・日本軍の記録に残る南京大虐殺(軍命令により実施) http://urx3.nu/ouPU (7分)
・残念だが南京事件はあった〜当時の陣中日記から(2008) http://goo.gl/d2fGMA (32分)
・当時の一次史料『南京事件・兵士たちの遺言』(2015) http://goo.gl/K0U1Ef (45分)
・南京大虐殺の証拠〜当時の記録映像と生存者の確実な証言(32分40秒)
・「CGで再現された南京大虐殺」 https://youtu.be/QJ38Hg7Vdw8 (7分43秒)

(愛国心を強制することは、「国民には愛国心がない」「法律で“愛せ”と命令せねば愛してもらえない国」と世界に公言してるのと同じ)
「生活」「社民」「共産」は小異を捨て大同団結すべし。リベラル大連合を作り、EU、北欧のように残業ゼロの社会を!EU、北欧に可能なら日本でも可能なはず。日本人に人間らしい生活を!
日本には過労死するほど仕事があり、自殺するほど仕事がない。
※一般市民が他人の財布からお金を盗めば、すぐ警察に捕まる。だけど、経営者が従業員の財布からお金を盗んでも処罰されない。これが「残業代未払い」。他国では許されない。

●『アイヌ、琉球は縄文系=本土は弥生人との混血』…国立遺伝学研究所(遺伝研)や東大などの研究チームが過去最大規模の細胞核DNA解析を行った結果、日本人を北海道のアイヌ、本土人、沖縄の琉球人の3集団に分けた場合、“本物の日本人”は縄文人に起源があるアイヌと琉球人が近く、本土人は中国大陸から朝鮮半島経由で渡来した弥生人と縄文人との混血(弥生人7〜8割、縄文人2〜3割の混血)と判明。国籍や人種にこだわる人はこれで冷静になるだろう。

●『なぜ当サイトは原発再稼働に反対するのか

●YouTube『メディアは沈黙・3分でわかる日米原子力協定の闇
“時代に合わない”から憲法を変えるのではなく、憲法の理想の方へ時代を変えて行かなきゃならない。「人に無理強いされた憲法だと云うが、拙者は戦争はいたしません、というのはこの一条に限って全く世界一の憲法さ」(坂口安吾/作家1906-1955)

「多くの人が、今度の戦争でだまされていたという。みながみな口を揃えてだまされていたという。(略)だますものだけでは戦争は起らない。だまされたものの罪は、ただ単にだまされたという事実そのものの中にあるのではなく、あんなにも造作なくだまされるほど批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己の一切をゆだねるようになってしまっていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのである。そして、このことはまた、同時にあのような専横と圧制を支配者にゆるした国民の奴隷根性とも密接につながるものである。「だまされていた」といって平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現在でも既に別の嘘によって、騙され始めているに違いないのである」(伊丹万作/1946年8月「映画春秋・創刊号」)

//ルイ・アームストロングが歌いあげる『ホワット・ア・ワンダフル・ワールド』(2分15秒)を聴きまくり。この全てを包み込む優しい笑顔がたまらない。目を見てるだけでウルウルくる。歌詞も最高!『♪僕は緑の木々や赤いバラを見る/それは僕らのために花開く/僕はしみじみ思うんだ/なんて素晴らしい世界かと/僕は青い空や白い雲を眺める/明るく喜びに満ちた昼、暗く神聖な夜/そして僕はしみじみ思うんだ、なんて素晴らしい世界なのかと/七色の虹が空にかかり、行き交う人々の顔を染めている/僕は友人たちが「ご機嫌いかが」と挨拶しながら握手を交わす姿を見る/彼らは心から告げる「アイ・ラヴ・ユー」と/赤ん坊の泣き声が聞こえる。僕はあの子らが僕よりも多くのことを学び成長していくのを見守ろう/思わず感動してしまう/なんと素晴らしい世界じゃないか/そうさ、僕はしみじみ思うんだ/嗚呼、この世はなんて素晴らしい世界なのかと!」。2分チョイの短い曲なのに、胸がジワ〜と温まり、歩き続ける力をくれる素晴らしい作品っすね。※影絵とのコラボAmazing Hand Shadow(2分21秒)も泣かせます!


●特選レポ&動画…命の環の話//サービス残業問題//普天間基地は国外へ//チェ・ゲバラ巡礼レポ//アフガン伊藤和也さんを悼む//パレスチナについて//暴力団について//2008 南極・スコット巡礼 //チベット問題について//障害者自立支援法の問題点//『YouTube Classic』//静止画像と思えないヘビの回転テントウ虫//ミルクとパンダの赤ちゃん(53秒)//ウーマン・イン・アート(2分52秒)//『世界一周ダンス』(3分42秒)世界7大陸・39カ国をダンスで巡る。見終わって何とも言えない幸福感に包まれる動画。地球最高!※最新版もスゴイ!(4分半)//『SF名文句集』//ボブ・マーリィ巡礼レポ//人体の免疫効果を調べている阪大の研究チームによると、「1日に8回以上笑うことでガンに対する免疫があがる」とのこと。
宇宙はこんなに美しく、
そして果てしなく広大!
究極の天体写真10選
をアップ!美の極致ッス


 

ミレーとゴッホの『種まく人』〜負け戦が続いても、死後に実る麦の種を撒いたと信じて今日頑張る


東京ローカルのMXテレビがパナマ文書に踏み込んだ内容を放送(8分43秒)。パナマ文書リスト記載者の言い訳は全部同じ。
以下の7つを繰り返しているだけ。番組内で企業や投資家の弁明を論破していた。

「ビジネスのためで租税回避(脱税)目的でない」
→租税回避(脱税)目的以外で租税回避地は使われない

「投資先の依頼で」
→投資先の租税回避(脱税)に協力、さらに自分も租税回避、言い訳にならない

「損したから租税回避ではない」
→国内で課税対象の元本の租税回避であり、投資後のゲイン(利益)の話ではない。
 租税回避への投資そのものが税逃れ行為。

「租税回避地と認識していなかった」
→契約書に登記地明記。プロとしてあり得ない。

「金額が小さい」
→大小の話ではなく国民の当たり前の義務を回避したということ

「政治家でないから節税は問題ではない」
→節税ではなく脱税。政治家でなくても犯罪。

「みんなやっている」
→子供の論理






大手メディアがひた隠しにする
“ほんとうのリスト(一部)”

「電通、東電、JALの社名を一切出さない
日本のメディアはジャーナリズム失格、
国会で取り上げない政治家たちも同罪」


(言葉の世界遺産)魂の救命ロープ・人生の名言101おすすめ!
(続・人生の名言101)   (暗黒地獄名言ベスト50)
【アマゾン・ジャンル別BEST】 DVDトップ100 本のベストセラー100 音楽CDトップ100 玩具のトップ100/(GAME)
★マイ・ブックマーク/最近の期待DVD(レンタル開始日)&本&玩具
●3月…シン・ゴジラ(3/22)宇宙戦艦ヤマト2202:愛の戦士たち1(3/24)

【最新版アマゾンTOPランキング 一覧表

●08年の名品ベスト3…(ブルーレイ版)ブレードランナー・ファイナルカット/超像・承太郎(黒ver)/グレン・グールド限定BOX
●09年の名品ベスト3…イデオン総音楽集/ザ・ビートルズBOX/EX合金ウルトラホーク1号/スター・トレック&エンタープライズ号
●10年の名品…美女と野獣スペシャル・エディション/トイ・ストーリー3/フィギュア・次元大介
●11年の名品…岸辺露伴ルーブルへ行く/戦国無双3 Z/アメトーーク17・ジョジョ芸人/奇妙なホラー映画論
●12年の名品…オペラ座の怪人・25周年ロンドン公演
●13年の名品…レ・ミゼラブル/ハッシュパピー/荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟
●14年の名品…ゼロ・グラビティ/ガンダムUC(7)/アナと雪の女王/日本鬼子・元皇軍兵士の告白
●15年の名品…インターステラー/荒木飛呂彦の漫画術

【 各種リンク※クラシックは「ユング君」
PART1(71個) お笑いフラッシュ他(44個)
★2014年のお薦め展覧会&美術館リンク集

文芸ジャンキー版・東京探訪MAPを作成!
北海道 東北 愛知・岐阜 四国 奈良 九州
 東京2
 静岡 北陸 北関東 大阪・三重 京都・滋賀 山陽・山陰 神奈川
ヨーロッパ アメリカ アジア

アメリカ自然史博物館(NY)が制作した『The Known Universe』はヒマラヤ発→宇宙の果て→ヒマラヤ着を6分半で表現しており、美麗映像とコスモな音楽がめっさ心地良い!現世から遊離したような、神さま目線の浮遊感覚を味わった。ぜひ最大画面で壮大な旅を味わって欲しい。時々画面の下に出ているのは“光年”などの距離情報。地球の周囲の無数の軌道は人工衛星のもの。その後の軌道は月。70光年離れると青い光で包まれるけど、あれは人類の電波が現時点で届いている距離(つまりそれより遠い惑星に異星人がいても、UFOで来ない限り人類の存在に気づけない)。さらに離れると宇宙が扇状に見える。ホントは球形だけどまだ未観測部分があるため扇状に表示されているんだって。なんちゅう、贅沢なひととき!


(STOP THE HATE!! 国連本部前のオブジェ)
「科学と芸術は全世界に属する。それらの前には国境など消え失せてしまう」(ゲーテ)
「あなたが空しく生きた今日は、昨日死んでいった者が、あれほど生きたいと願った明日」(趙 昌仁)作家
「人間の先祖は本人の血族ばかりでなく、文学の内にも存在している」(オスカー・ワイルド)作家
「人を憎んでいる暇はない。わしにはそんな時間はない」(黒澤監督の映画『生きる』から)
「私は殺されることはあっても、負けることはない」(ヘミングウェイ)作家
「僕が最もウンザリするもの、それは無知による憎しみだ」(マイケル・J・フォックス)俳優
「船は港にいる時、最も安全であるが、それは船が作られた目的ではない」(パウロ・コエーリョ)作家


●『戦争絶滅受合法案』 (原案は第一次世界大戦の終結後、1929年にデンマーク人フリッツ・ホルムが起草したもの)※長谷川如是閑の創作説もあるけど、ウィキに原文=1928年11/16発表があり、やはり本物のようだ。
戦争開始後、10時間以内に次の行動をとること。以下の者を順番に“最下級”の兵士として召集し、できるだけ早くこれを最前線に送り、敵の砲火の下で戦わせること。
1.国家元首。君主も大統領もこれに該当。ただし男子に限る。
2.国家元首の男性親族で16歳以上の者。
3.総理大臣、及び各国務大臣、並びに次官。
4.国会の男性議員。ただし戦争反対の投票をした者は除く。
5.キリスト教や仏教のほか、あらゆる宗教関係者の高僧で、公然と戦争に反対しなかった者。
付記.該当者の妻、娘、姉妹等は、戦争継続中、看護婦または使役婦として召集し、最も砲火が接近した野戦病院に勤務すること。
(後年の妙案)
※有権者の責任…戦争に賛成した議員を選んだ選挙区の有権者から順番に徴兵せよ。
※戦費について…戦費は戦争に賛成した議員の資産、及びその議員を選んだ選挙区の財政でまかなうべし。

  文・糸井重里


●「もともと普通の人々は戦争したいと思っていない。運がよくてもせいぜい無傷で帰って来る位しかない戦争に、貧しい農民が命を賭けようと思うはずがない。だが、国の政策を決めるのは結局指導者であり、反対の声があろうがなかろうが、人々を指導者の望むようにするのは簡単だ。民主主義であろうと、ファシストの独裁であろうと、共産主義であろうとそれは同じだ。『我々の国が攻撃されている。愛国心のない反戦・平和主義者が国を危険にさらそうとしている』と非難しさえすればいい。この方法はすべての国で同じように上手くいく」(ヘルマン・ゲーリング)元ナチス最高幹部/秘密警察創設者
●「(終戦翌年に記す)多くの人が、今度の戦争で騙されていたという。みながみな、口を揃えて騙されてたという。私の知ってる範囲では、“俺が騙したのだ”と言った人間はまだ1人もいない。(略)“騙されていた”といって、平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でも騙されるだろう。いや、現在でもすでに別の嘘によって騙され始めているに違いないのである」(伊丹万作)※伊丹十三監督の父
●「最初にナチスが共産主義者を弾圧した時、不安に駆られたが、私は共産主義者でなかったので、何の行動も起こさなかった。次にナチスは社会主義者を弾圧した。私はさらに不安を感じたが、社会主義者ではなかったので何の抗議もしなかった。それからナチスは学校、新聞、ユダヤ人等をどんどん攻撃し、その度に私の不安は増したが、それでもまだ行動に出なかった。ある日、ついにナチスは教会を弾圧してきた。そして私は牧師だった。だから立ち上がって行動に出たが、その時はもうすべてが遅かった」(マルチン・ニーメラー牧師)
※結局のところ、武器に頼ろうとする弱虫より、他人を信じて武器を捨てる勇気を持つ人間に、全人類がなれるかどうかということ。たとえ非武装の結果、信じた相手に裏切られようと、僕は弱虫として死ぬより、勇気ある人間として死にたい。これは名誉やプライドの問題でもある。僕はどの戦争であろうと、「侵略」かどうかを決めるのは、「軍隊を送った側ではなく、送られた側」だと思ってマス。これは自虐的云々ではなく当たり前のこと。

高畑勲監督(79)といえば『かぐや姫の物語』の他にも、戦争の悲劇を描いた『火垂るの墓』で知られている。監督は9歳の時に岡山で空襲に遭い、焼夷弾の中を家族とはぐれな がらも逃げのびた。東大卒業後、東映動画で「ハイジ」「三千里」などを演出し、宮崎駿さんとジブリを設立した。2015年の元旦、神奈川新聞に載った高畑監督の メッセージが素晴らしかったので以下に紹介。
→(高畑)原爆をテーマにした「はだしのゲン」もそうですが、日本では平和教育にアニメが用いられた。もちろん大きな意義があったが、こうした作品が反戦 につながり得るかというと、私は懐疑的です。攻め込まれてひどい目に遭った経験をいくら伝えても、これからの戦争を止める力にはなりにくいのではないか。
なぜか。為政者が次なる戦争を始める時は「そういう目に遭わないために戦争をするのだ」と言うに決まっているからです。自衛のための戦争だ、と。惨禍を繰り返したくないという切実な思いを利用し、感情に訴えかけてくる。
「戦争をしたとしても、あのような失敗はしない。われわれはもっと賢くやる。70年前とは時代が違う」とも言うでしょう。本当でしょうか。私たちは戦争中 の人と比べて進歩したでしょうか。3.11で安全神話が崩れた後の原発をめぐる為政者の対応をみても、そうは思えません。成り行きでずるずるいくだけで、 人々が仕方がないと諦めるところへいつの間にかもっていく。あの戦争の負け方と同じです。
再び戦争をしないためには、あの戦争がどのように進んでいったかを学ばなければならないと思うのです。私が戦争中のことをどれだけ知っているかと聞かれれば、大したことはない。でも、安倍晋三首相よりは知っています。
集団的自衛権の行使を認めるということは、海外では戦争ができない国だった日本が、どこでも戦争できるようになるということです。政府は「歯止めをかける」と言うが、あの戦争を知っている者にとっては信じられません。ひとたび戦争が始まれば歯止めなどかかるものではありません。そもそも 日本人は戦前から米国が好きだった。ジャズや野球、映画といった文化に親しんでいた。その国と戦争をするとは誰も思わなかった。やっても勝てないと思っていた。
ところが、真珠湾の奇襲作戦が成功して戦争になってしまったら、あとは日本が勝ってくれることだけを皆が願い始めた。それはそうでしょう。負けたら悲惨なことになるに決まっているんですから。
息子の兵役を逃れさせたり、戦争に反対して逮捕されたりした人もいたが、ごく少数。始まってから反対の声を上げるのは難しい。いやいや戦争に協力させられたのだと思っている人も多いけれど、大多数が戦勝を祝うちょうちん行列に進んで参加した。非国民という言葉は、一般人が自分たちに同調しない一般人に向けて使った言葉です。
「空気を読む」と若者が言うでしょう。私はこの言葉を聞いて絶望的な気持ちになります。私たち日本人は昔と全然変わっていないんじゃな いか、と。周りと協調することは良いことですが、この言葉は協調ではなくて同調を求めるものです。歩調を合わせることが絶対の価値になっている。
日本人は昔から意見の対立を好まない。皆を仲間内にして、和気あいあいとして争いを避ける。寄り合いも全員一致主義で、どうしても駄目なら村八分にする。 個を確立し、意見が異なっている人との違いを認め、その上でうまくやっていくという努力を好まない。議論を戦わせない。古くからあるこの体質によって日本 は泥沼の戦争に踏み込んでいったのです。私はこれを「ズルズル体質」と呼んでいますが、「空気を読む」なんて聞くと、これからもそうなる危うさを感じずに はいられません。
だからこそ憲法9条の存在が大事だと思うのです。これこそが「ズルズル体質」を食い止める最後の歯止めです。
戦後の平和をつくってきたものは何かといえば、9条です。基地の負担を押し付けられている沖縄の犠牲を忘れてはなりませんが、米国が戦争を繰り返す中、9条のおかげで日本人は戦争で命を落とすことも人の命を奪うこともなかった。政権の手足を縛ってきたのです。
これを完全にひっくり返すのが安倍政権です。それも憲法改正を国民に問うことなく、憲法解釈の変更という手法で、です。
隣国との対立が深まり、不穏になっているからといって不戦の理想の方を変えるのはどうかしています。9条を大事にしているということは、武力で解決するつ もりはない、というメッセージになる。東アジアに戦争の記憶が残る中、戦争をしないというスタンスはイニシアチブになるはずです。「普通の国」なんかにな る必要はない。ユニークな国であり続けるべきです。戦争ができる国になったら、必ず戦争をする国になってしまう。閣議決定で集団的自衛権の行使を認めることによって9条は突如、突破された。私たちはかつてない驚くべき危機に直面しているのではないでしょうか。
あの戦争を知っている人なら分かる。戦争が始まる前、つまり、いまが大事です。始めてしまえば、私たちは流されてしまう。だから小さな 歯止めではなく、絶対的な歯止めが必要なのです。それが9条だった。「最小限の武力行使」「戦争をやるとしてもうまくコントロールしてやる」なんて、そん な能力を私たち日本人が持っていると思わない方がいい。安倍首相だけが特別無自覚というわけではないと思います。私たちはこの70年で基本的な体質が変わることはなかったのです。(神奈川新聞2015.1.1より)


奴隷は、奴隷の境遇に慣れ過ぎると、驚いた事に自分の足を繋いでいる鎖の自慢をお互いに始める。
どっちの鎖が光ってて重そうで高価か、などと。そして鎖に繋がれていない自由人を嘲笑さえする。
だが奴隷達を繋いでいるのは実は同じたった1本の鎖に過ぎない。そして奴隷はどこまでも奴隷に過ぎない。
過去の奴隷は、自由人が力によって征服され、やむなく奴隷に身を落とした。
彼らは、一部の甘やかされた特権者を除けば、奴隷になっても決してその精神の自由までをも譲り渡すことはなかった。
その血族の誇り、父祖の文明の偉大さを忘れず、隙あらば逃亡し、あるいは反乱を起こして、労働に鍛え抜かれた肉体によって、肥え太った主人を血祭りにあげた。
現代の奴隷は、自ら進んで奴隷の衣服を着、首に屈辱のヒモを巻き付ける。
そして、何より驚くべきことに、現代の奴隷は、自らが奴隷であることに気付いてすらいない。
それどころか彼らは、奴隷であることの中に自らの唯一の誇りを見い出しさえしている。
(リロイ・ジョーンズ 1968年、NYハーレムにて)
※ニュージャージー出身、1934年生。詩人、脚本家、小説家(イスラム名/アミリ・バラカ)

格差拡大・福祉削減路線の政治ではなく、所得再分配・社会福祉拡充路線の政治を切望!!

《最後に、これだけは言わせて欲しいッ!》
〜他人と自分の中に“違うところ”を見るのが「戦争」、“同じところ”を見るのが「芸術」〜

人間は国籍、人種、宗教など、自分と「違うもの」を理由に戦争するけど、芸術を味わうことは他人の中に自分と「同じもの」を見つけることだ。相手(作者)の気持ちに心を重ね共感した時、人は初めて“感動”できる。
僕は確信している、人類は絶対に分かり合えると。そうでなければ、こんなにも多くの作品が、時代や国境を越え残っているはずがない。ここまで世界が芸術で溢れ返っているはずがない。芸術の存在が、国家、民族、文化を越えて人々が分かり合うことが可能だと証明している!
芸術は生き続ける力をくれる。もう人生の選択肢がなくなった、行き詰まって打つ手がない、そう思ったときに文学や映画を通して違う価値観、別の生き方の存在を知ることはいくらでもある。僕は何度もそうやって救われてきた。
こんな時代だからこそ“あえて”叫びたい。この世界は断固生きるに価するとーッ!!

※やたらと「日本人は他民族と違う」と強調している人には「日本人は他民族と異なる部分が多い。ただし共通点はさらに多い」と付け加えて欲しい。
※言葉や口先だけの“人間は素晴らしい”では、僕は納得できない。僕だって“素晴らしい”という証拠が欲しいんです。だからこそ、手当たり次第に音楽を聴き、映画や絵画を見、文学を読み漁るのです。確かな証拠が欲しくて!そして「見つけた!」と思ったものを、このサイトで報告しているのです。

民主主義は「最大多数の幸福を目指す」で思考が止まってはいけない。「最大多数の幸福によって救われない可能性のある少数派をいかに救うか」、そこまで考えるのが真の民主主義

過去の反省と愛国心は両立する:歴史認識問題に決着!…日本と韓国 / 中国 / 台湾 / 東南アジア / 米国 / 昭和天皇かく語りき


日本に誇りを持つ者として、「日の丸を拒否する自由を認ない愛国者」ではなく、個人の内面を大切にし「日の丸を拒否する自由も認める愛国者」で僕はありたい。


愛国心とは他国を憎むことではなく、自国の文化を愛すること


【管理人の雄叫び〜リベラル派は力を合わせてCS専門チャンネル開設を!】NHKが秘密保護法の問題点を伝えず、民放が原発問題を避けるように、大手メディアは政権やスポンサーの顔色ばかりうかがい、時事問題に深く斬り込みません。歴史認識問題についても、一部保守メディアが架空の近代史を広め、ネット上には戦争被害者に対する二次加害の言葉が飛び交っています。保守はCS「チャンネル桜」をフル活用していますが、リベラルでは岩上安身氏の動画配信サイト、IWJが孤軍奮闘している状態。CSに専門チャンネルを持つには多額の資金が必要ですが(“桜”は資本金1億)、リベラル側には宮崎駿氏、坂本龍一氏、大江健三郎氏、山田洋次氏、菅原文太氏、吉永小百合氏といった著名人のほか、ノーベル賞・益川敏英氏などの大学教授がたくさんおり、法曹界にも日弁連の弁護士が大勢います。戦後民主主義が最大の危機に晒されている今、開局資金は集まるかと!池上彰氏や堀潤氏がメインキャスターになれば視聴率も期待可。右傾化が進んでいる若者たちに「リベラルはお花畑」と言われないよう、ちゃんと南京事件の証拠となる一次資料を伝え、慰安婦問題なども保守サイドの認識が国際社会の常識からズレている理由を丁寧に解説すれば、理解してもらえると思うのです資料その2)。権力者は特定の国を敵視させることで内政から目を逸らさせています。若者の義憤は、政治家や官僚の腐敗(天下り、ズブズブの特別会計予算)、生存に直結する労働問題(非正規雇用4割=約2043万人、サビ残・ブラック企業野放し)、原発問題(核ゴミの捨て場なし)、オレオレ詐欺・弱者を苦しめる暴力団、タイミング最悪の増税等々に向けられるべきもの。早急に政権からも企業からも干渉されない、真にジャーナリズム魂・反骨精神のある専門チャンネルを立ち上げましょう。秋には秘密保護法が施行されるため状況は待ったなしです。(2014.3)

 ←安倍氏とベッタリの食事友達(寿司友)の提灯記事に要警戒

ジャーナリズムとは報じられたくない事を報じることだ。
それ以外のものは広報に過ぎない(ジョージ・オーウェル)




★近年公開された激涙・満点レビュー映画!映画ファンで良かった!

善き人のためのソナタ リトル・ミス・サンシャイン ブラッド・ダイヤモンド トンマッコルへようこそ ツォツィ シッコ ※激解説
※画像クリックでAmazonへ



重要なのは行為そのものであり結果ではない。行為が実を結ぶかどうかは、生きているうちに分かるとは限らない。
正しいと信ずることを行いなさい。結果がどう出るにせよ、何もしなければ何の結果もないのだ(ガンジー)

闇は闇を追い払えない。ただ光だけがそれをなし遂げる。憎しみはヘイトを駆逐できない。ただ愛だけがそれを叶える(マーティン・L・キングJr

「生まれながらに肌の色のせいで他者を憎む者などいない。人は憎むことを覚える。ならば、愛することを学べるはずだ。なぜなら、
愛というものは人の心にとって、ずっと自然なことだから」(ネルソン・マンデラ/獄中27年)

戦前の日本について肯定的に評価する政治家たちは歴史認識が不十分で、見ていて恐ろしい。考えが足りない人たちが憲法に手を付けるようなことはあってはならない(宮崎駿)

Now is the time

★サイトのご意見、ご感想はリンク先のメール・アドレスまで!
※頂いたメールは必ず読んでいますが、非常に件数が多いため返信は難しい状況です。どうかご了承下さいませ (>_<)
※無記名は他の人と混同し、誤解、混乱の原因に。HNや仮名でも結構ですので、必ず記名して送って下さいね〜!
※あまりにスパムメールが多い為、ヤフーメールなどフリーメールは受信できません。ご了承下さい。
※iPadからのメールも差出人やアドレスが表示されないためご遠慮頂いています。  m(_ _)m


当サイトは、一般に難しいもの、堅苦しいものと思われがちな各種文芸作品を、切り口を様々に工夫することで、
より広く紹介することを目的としたものであり、"知的財産権"“肖像権”を侵害しようという意図は一切ございません。
著作権法第32条「公表された著作物は、引用して利用することができる」に基づき、作品の「研究」を主たる目的と
して考察に使用しており、著作権侵害にはあたらないと判断しています。ご理解よろしくお願い致します。
(問題がある場合はお知らせ下さい。すみやかに対処します)

「海外の活動家は自らが自殺しない宣言をする」(フィフィ)。あえて“自殺しない宣言をする”意味は何かあるのか?ある。「自殺に見せかけて消されるジャーナリストや活動家がいるから」。
うおお…。それであれば、僕も宣言しておく。絶対に自殺はしない、と。(2012.12.17)

『ある芸術作品に関する意見がまちまちであることは、とりもなおさず、その作品が
斬新かつ複雑で、生命力に溢れていることを意味している』 by オスカー・ワイルド

 kajipon.com ←バナー
このサイトはリンク・フリーです。確認メールなど一切無用ですので、どしどし
リンクを張って下さいませ。“全人類文芸ジャンキー化計画”にご協力を!

2010.6.8 ツイッター開始



著者近影
日テレ「笑ってコラえて!」 墓マイラー再現VTR(36分)
BSフジ「お墓プラネット」 東京お墓巡礼(43分)

NHK「ラジオ深夜便」 墓マイラートーク(48分)











.