旅に果てた“俳聖”
【 あの人の人生を知ろう〜松尾 芭蕉 】 

Basyo Matuo 1644-1694.10.12










与謝蕪村筆「奥の細道屏風」 蕪村筆「奥の細道画巻・那須野」 蕪村筆・芭蕉翁 深川・採茶庵のリアル像 中尊寺の芭蕉像


本名、松尾宗房(むねふさ)。伊賀国上野(三重県)出身、幼名金作。6人兄妹の次男。井原西鶴、近松門左衛門と並んで、元禄3文豪に数えられる(西鶴は2歳年上、近松は9歳年下)。松尾家は準武士待遇の農民。12歳の時に父が逝去。18歳で藤堂藩の侍大将の嫡子・良忠に料理人として仕える。藤堂高虎を藩祖とする藤堂藩には文芸を重んじる藩風があり、芭蕉も良忠から俳諧の手ほどきを受けて詠み始めた。20歳の時に『佐夜中山集』に2句が入集。22歳、師と仰いでいた良忠が没し、悲しみと追慕の念からますます俳諧の世界へのめり込んでいく。(京都で俳諧の勉強を積んだとも)

1672年(28歳)、初の撰集『貝おほひ』を伊賀天満宮(文芸・学問の神)に奉納。伊賀俳壇で若手の代表格として地位を築いた芭蕉は、仕官を退き江戸へ出て、さらに俳人として修業を積む。31歳、号の桃青(とうせい)を名乗る。1677年(33歳)、俳諧師の免許皆伝となり、宗匠(そうしょう、師匠)となった彼は、江戸俳壇の中心地・日本橋に居を定める。しかし、プロの俳諧師になったとはいえ、俳句の指導だけでは生活が苦しいので、副業として4年近く神田上水の水道工事の事務を担当する。
当時の俳壇では、滑稽の機知や華やかさを競う句ばかりが持てはやされていた。しかし芭蕉が目指したのは、静寂の中の自然の美や、李白・杜甫ら漢詩人の孤高、魂の救済などを詠み込んだ世界。“笑い”や“楽しさ”を求める俳句ではなく、自然や人生の探究が刻み込まれた俳句。芭蕉は自身の手で、俳諧を深化させ精神と向き合う文学に昇華していく。

1680年(36歳)、江戸の俳壇には金や名声への欲望が満ちており、宗匠たちは弟子の数を競い合うことに終始していた。この状況に失望した芭蕉は、江戸の街中を去って、隅田川東岸の深川に草庵を結び隠棲する。宗匠間の価値観では、日本橋から去ることは「敗北」と見なされたが、芭蕉の弟子達は深川への移転を大いに歓迎し、彼らは一丸となって師の生活を支援した。草庵の庭にバショウを一株植えたところ、見事な葉がつき評判になったので、弟子達は「芭蕉庵」と呼び始め、彼自身も以降の号を“芭蕉(はせを)”とした。※この頃から禅を学ぶ。

「芭蕉野分して盥(たらい)に雨を聞く夜かな」(芭蕉の葉が嵐で激しく揺れ、庵でタライの雨もりを聞く夜です)

1682年、年末の江戸の大火(八百屋お七の事件)で芭蕉庵は全焼したが、翌年弟子たちが皆で再建した。
1684年(40歳)、前の年に郷里・伊賀で母が他界したことを受け、墓参りを旅の目的に、奈良、京都、名古屋、木曽などを半年間巡る。この旅の紀行文は、出発時に詠んだ「野ざらしを心に風のしむ身かな」の句から『野ざらし紀行』と呼ばれる。

●『野ざらし紀行』から
「野ざらしを心に風の沁む身かな」“行き倒れて骨を野辺に晒す覚悟をしての旅だが、風の冷たさがこたえるこの身だなぁ”
「馬に寝て残夢月遠し茶の煙」“馬上でウトウトし夢見から覚めると、月が遠くに沈みかけ、里ではお茶を炊く煙が上がっているよ”
「僧朝顔幾死返る法の松」“朝顔が何度も死と生を繰り返すように僧は入替わるが、仏法は千年生きる松のように変わらない”
「命二つの中に生きたる桜かな」“お互いに今までよく生きてきたものだ。2人の生命の証のように、満開の桜が咲き香っているよ”※滋賀・水口の満開の桜の下で20年ぶりに同郷の旧友・服部土芳と再会した時の句。
「手にとらば消ん涙ぞ熱き秋の霜」“母の遺髪は白髪だった。手に取れば秋の霜のように熱い涙で消えてしまいそうだ”
「死にもせぬ旅寝の果よ秋の暮」“死にもせずこの旅が終わろうとしている。そんな秋の夕暮れだ”

※1686年(42歳)頃の句
「古池や蛙(かわず)飛込む水の音」(『蛙合』)※この有名な句は直筆の短冊が現存している。
「名月や池をめぐりて夜もすがら」“名月に誘われ池のほとりを恍惚と歩き、気が付けば夜更けになっていた”(『孤松』)
「物いへば唇さむし秋の風」(『芭蕉庵小文庫』)

1688年(44歳)、前年の暮れに父母の墓参で伊賀へ帰省し、年が明けて高野山、吉野・西行庵、奈良、神戸方面(須磨・明石)を旅行。この紀行は『笈(おい)の小文(こぶみ)』に記された。

「若葉して御目の雫拭はばや」“若葉で鑑真和尚の盲いたお目の涙を拭ってさしあげたい”(『笈の小文』)※奈良・唐招提寺で鑑真和尚像を見て。今、この木像は国宝になっている。300年前に芭蕉が感動したものを、21世紀の僕らも見入っている…なんかクラッとくる。

同年秋には長野県に向かい、こちらは『更科(さらしな)紀行』となった。旅に明け暮れ、風雅に興じる日々を重ねてゆく芭蕉。だが何か納得がいかなかった。旅が楽すぎるのだ。訪問先では土地の弟子が待ち構えていて最大限のもてなしをしてくれる。過去の偉大な詩人達は、こんなぬくぬくとした旅で詩心を育んだのではない。もっと自然と向き合い魂を晒す本当の旅をしなくては…。

1689年3月27日(45歳)、前年は旅尽くしであったのに、年頭から心がうずき始める。“ちぎれ雲が風に吹かれて漂う光景に惹かれて旅心を抑えきれず”“東北を旅したいという思いが心をかき乱し、何も手がつかない状態”“旅行用の股引(ももひき)を修繕し、笠ヒモを付け替え、足を健脚にするツボに灸をすえている始末”“話に聞きながらまだ未踏の土地を旅して無事に帰れたなら詩人として最高の幸せなのだが…”。彼は「芭蕉庵」を売り払うなど旅の資金を捻出し、万葉集や古今集といった古典に詠まれた歌枕(名所)を巡礼する目的で、弟子の曾良(そら、5歳年下で博学)を供に江戸を発った。この『おくのほそ道』の旅は、福島県白河市(白河関)、宮城、岩手、山形、北陸地方を巡って岐阜・大垣に至るという、行程約2400km、7ヶ月間の大旅行となった。知人が殆どいない東北地方の長期旅行は、最初から多大な困難が予想されており、「道路に死なん、これ天の命なり」(たとえ旅路の途中で死んでも天命であり悔いはない)と覚悟を誓っての旅立ちだった。

--------------------------------------------------------------

●『おくのほそ道』から名句&エピソード集
「月日は百代の過客(くわかく)にして、行きかふ年もまた旅人なり」“月日は永遠の旅人であり、去っては来る年も、また同じ旅人である”

  江戸→東北→北陸→中部地方へ!歩きまくった!

3月27日江戸を出発。「草の戸も住替る代ぞひなの家」“この芭蕉庵も主が代わることになった。越してくる一家は女児がいると聞く。殺風景な男所帯からお雛様を飾る家に変わるのだなぁ”

4月中旬、蘆野(栃木県那須郡)。「田一枚植て立去る柳かな」“その昔、西行法師が腰を下ろした柳の木陰でしばし感慨に耽っていると、いつの間にか田植えが終わって、ポツンと取り残されていた。さぁ、私もここを立ち去り旅を続けるとしよう”

4月20日、白河の関(栃木と福島の境)。廃されて朽ち果てた関所を通って行く。“ここをこえると陸奥(みちのく)だ。昔々、平兼盛(かねもり)も能因法師も、みんなこの関所を越えて奥州に入ったのか…”と、遠い平安時代の歌人達に心を重ねる芭蕉。
※僕らにしてみれば芭蕉自身も300年前の人なのに、彼が“昔は…”と、さらに700年前に思いを馳せるのが、何とも人間の歴史を感じさせる。

4月末、浅香山(福島県郡山市)。芭蕉が敬愛する平安時代の歌人藤原実方(さねかた、左遷された清少納言の恋人)が家に飾ったという“かつみ”の花を探し、土地の人にどの花が“かつみ”か尋ねるが、誰も知っている者がいない。沼地に足を運ぶなど、「かつみ、かつみ」と日が暮れるまで探してヘトヘトになった(すべて実方への怒涛の愛から来ている)。

5月1日、飯塚(福島・飯坂)。大変な一夜を過ごす。宿の寝床は土の上にムシロを敷いただけで灯火もない。真夜中に激しい雷雨になり、雨漏りに濡れて目が覚める。「臥せる上より漏り、蚤・蚊にせせられ眠らず、持病(腹痛)さへおこりて、消え入るばかりになん」“蚊やノミに食われまくるわ、タイミングが悪く腹痛まで起きるわで、気を失いそうになった”。

5月2日、笠島(宮城県名取市)。笠島は芭蕉の大好きな西行法師が藤原実方の墓前で歌を詠んだ場所。何としても行きたかったが、実方の墓があるという村里へは大雨で道がぬかるみ歩くに歩けない。体力の限界になりついに墓参を断念した。「笠島はいづこ五月のぬかり道」“嗚呼、笠島は一体どこなのだ…五月雨(さみだれ)の泥んこ道でどうにもならず無念だ”。

5月7日、宮城県多賀城市。奈良時代の石碑を見て感激する芭蕉。“古歌(こか)に詠まれた名所は数多いが、実際に訪れると山は崩れ、川の流れが変わり、道も変更され、石は土中に埋まり、木は老いて若木と交代している。時が経って名所の跡が不確かなものばかりだ。しかるに、この石碑はまさしく千年前の記念碑であり、旅の苦労も吹き飛び、感激の涙がこぼれ落ちそうだ”。

5月8日、塩竃(しおがま)神社。義経を守って共に戦死した和泉三郎(奥州藤原氏の三男)の寄進物を見て感じ入る芭蕉。“社殿前の石灯篭に「文治三(1187)年、和泉三郎が奉納した」と彫られている。三郎は勇義忠孝の士。今から500年も前に生きていたその人物の面影が目に浮かんできて、私は心を奪われた”。

5月9日、日本三景の松島。宿は二階建てで、部屋に居ながらにして松島を一望することが出来た。“風や雲の中で旅寝するようなもので絶妙の心地であった。同行の曾良は句を詠んだが、私は松島の絶景に感動するあまり、一句も詠むことが出来なかった”。

5月13日、岩手県平泉。義経が自害した土地を訪れたが戦場の跡は草むらと化していた。“杜甫の詩に「国破れて山河あり(国は滅んでも山河は昔のまま)」とあるが、本当にその通りだ。私は笠を置いて腰を下ろし、時が経つのも忘れて、ここで起きた悲劇を思い涙に暮れた”。「夏草や兵(つはもの)どもが夢の跡」“今は夏草が生い茂るだけのこの地は、英雄達が夢に殉じた跡なのだ”。

5月15日、尿前(しとまえ)の関所。宮城の鳴子温泉から山形に抜けようとして、滅多に旅人が通らぬ関の番人から不審尋問を受ける。ようやく解放されたものの山中で日没となり、付近の人里で宿を借りた。天候が荒れて3日間も山に閉じ込められるハメになる。「蚤虱(のみしらみ)馬の尿(しと)する枕もと」“ノミやシラミに食われるうえ、枕元では馬が小便する音まで聞こえる壮絶な一夜だ”。

翌日、山刀伐(なたぎり)峠を越えようとしたが、宿の主人は道が険しくガイドなしでは無謀という。案内を引き受けたのは腰に刀を差した屈強な若者。「高山森々として一鳥声聞かず、木の下闇茂り合ひて夜行くが如し」“木々は薄暗く生い茂り、鳥の声ひとつせず、夜道を行くようだ”。芭蕉は“何か危険な目に遭いそうで心配だ”と内心ビクビクで後について行った。「踏み分け踏み分け、水を渡り、岩につまづいて、肌に冷たき汗を流して」ようやく最上地方に出た。山越えを終えた若者“実は、この道はいつも山賊が出て面倒が起きるのですが、今日は何事もなく幸いでした”。「後に聞きてさへ、胸とどろくのみなり」“後に聞いても胸の鼓動がいつまでも収まらなかった”。

5月27日、山形県・立石寺。「素晴らしい必見の山寺があるんですよ」と地元の人に教えられ、30キロも道を引き返して立石寺を訪れる。山麓の宿に荷を預け、夕暮れの本堂に登る。土も岩も古色(こしょく)を帯び、なめらかな苔が覆っている。岩の上を這い上がってようやく本堂を拝んだ。「閑(しずか)さや岩にしみ入る蝉の声」“夕暮れに静まり返るなか、セミの声だけが岩に染み入るように聞こえてくるよ”。

6月3日、山形の新庄から舟で最上川を下る。「五月雨(さみだれ)をあつめて早し最上川」“最上川が五月雨で増水し、凄まじい急流になっている”。途中で下船して出羽三山に登り、再び舟で下って6月中旬に最上川の河口・酒田港へ出る。「暑き日を海に入れたり最上川」“暑い一日を最上川が海に流し入れてくれたよ”。

6月17日、この旅の北端となる象潟(きさかた、山形と秋田の境)に到着。かつてこの地で歌を詠んだ西行法師や能因法師に気持を重ねる。象潟は松島や平泉と並んで芭蕉にとって旅のハイライトであり、“西行法師も同じ景色をここに立って見たんだなぁ…”と感無量になった。
この後、酒田に戻って北陸街道に入り加賀(石川県)を目指して歩き続ける。道行く人に金沢までの距離を聞くと「130里(500km)くらいですよ」と言われ、一瞬めまいに襲われる。

7月2日、市振(いちぶり)の関(新潟と富山の境)に到着。“越後(新潟)を抜ける9日間は、暑さや雨にやられて疲労がピークに達し記録をつけられなかった”と芭蕉は弁明。「荒海や佐渡によこたふ天河(あまのがわ)」“夜の荒海、波音の彼方に黒々と見える佐渡ヶ島に、天の川が横たわり掛かっている”。

7月15日、金沢。芭蕉は当地に住む愛弟子の一笑との再会を楽しみにしていたが、彼は前年冬に36歳で他界していた。「塚も動けわが泣く声は秋の風」“墓よ動いてくれ、この寂しき秋風は私の泣く声だ”。芭蕉は血涙慟哭する。

7月下旬、多太神社(石川県小松市)。源平時代に付近の合戦で討ち取られた老将・斎藤実盛(木曽義仲の恩人)の兜を前に一句「むざんやな甲(かぶと)の下のきりぎりす」。※きりぎりすは今のコオロギ。

8月上旬、山中温泉を過ぎたあたりで曾良は腹の病気になり、伊勢長島の親類の家で療養することになった。3月末からずっと一緒に旅をしてきた曾良がいなくなり、とても寂しい芭蕉。しかし旅はまだ続く。加賀市の外れにある全昌寺に泊まり、福井に入る計画を立てる。翌朝旅立つ為に堂を降りると、背後から若い僧侶達が紙や硯(すずり)を抱えて、必死で追いかけてきた。“「ぜひとも一句を!ぜひとも!」こちらも慌てて一句をしたためた”。

8月14日、敦賀(福井県)。この夜の月は実に美しかった。近くの神社を散歩すると、松の木々の間から月光が射し込み、白砂が一面に霜を敷いたように輝いていた。宿に戻って“明日の十五夜もこうだろうか”と亭主に尋ねると“北陸の天気は変わりやすく明晩のことも分からぬのです”との返事。翌日は亭主の予想通り雨降りだった。「名月や北国日和(ほっこくびより)定めなき」。

8月末、行程の最終目的地、岐阜大垣に到着。病気が治った曾良が迎えてくれた。“久しぶりに会う親しい人たちが昼も夜も訪ねてきて、まるで私が生き返った死者の様に、その無事を喜びねぎらってくれた”。

9月6日、伊勢に向かう為に大垣を出発。新たな旅の始まりだ。※ここで『おくのほそ道』は終わっている。紀行文のラストが川舟に乗り込む芭蕉の後ろ姿。旅をこよなく愛する、芭蕉の生き様を象徴した終わり方だ。

   『おくのほそ道』

----------------------------------------------

●晩年

『おくのほそ道』の旅の途中で、芭蕉の中に「不易(ふえき)流行」という俳諧論が生まれる。目標とすべき理想の句は、時代と共に変化する流行(流動性)を含みながらも、永遠性を持つ詩心(普遍性)が備わっているもの、とした。

1691年(47歳)、東北への旅の後は、しばらく弟子・去来が京都・嵯峨に構える別荘「落姉舎(らくししゃ)」と、芭蕉が愛した源平時代の武将・木曽義仲の墓がある滋賀大津・義仲寺の庵に交互に住んだ。この頃、『嵯峨日記』を記す。48歳、江戸へ戻る。
1693年(49歳)、江戸に戻った芭蕉を待ち受けていたのは、“ぜひ句会に御出席を”“当句会の審査員を”“この歌の出来はどうでしょうか”、そんな来客の嵐だった。過密スケジュールに心身が疲れ果てた彼は、門戸に「来客謝絶」と貼って1ヶ月間すべての交流を断った。そして新たに「軽み」の境地に至り門戸を開く。「軽み」とは“私”を捨てて自然に身を委ねること。肩の力を抜き自由な境地で自然や人間にひょうひょうと接していく達観の域に、芭蕉は分け入った。

※この頃の句
「秋近き心の寄るや四畳半」“寂しげな秋の気配が漂うと、四畳半で語っているうちに互いの心がしんみり寄ってゆく”(『島の道』)
「梅が香にのつと日の出る山路かな」“早春の夜明け前、梅が香る山路の先に大きな赤い朝日がのうっと昇りはじめた”(『炭俵』)

1694年、俳諧紀行文『おくのほそ道』が完成。同作は400字詰め原稿用紙50枚たらずであるが、芭蕉は練りに練って3年がかりで原稿をまとめ、2年をかけて清書を行ない、この年の初夏にようやく形になった。5月、江戸を出発して西国の弟子達へ「軽み」を伝授する旅に出るが、4ヵ月後に大坂で病に伏し、御堂筋の旅宿・花屋仁左衛門方にて、10月12日午後4時に永眠した。享年50歳。病が癒えれば、芭蕉は初めて九州の地へ足を延ばすつもりだった。

  「此附近芭蕉翁終焉之地」(大阪市中央区)

遺言は「私を木曽義仲公の側に葬って欲しい」。この言葉に従って、没した夜に弟子10名(去来、其角他)が亡骸を川舟に乗せ、淀川を上って翌日に義仲寺に到着。14日夜に門弟80人が見守る中、義仲の墓の隣に埋葬された。遺髪は旧友・服部土芳の手で故郷の伊賀に届けられ、松尾家の菩提寺・愛染院に造られた「故郷塚」に納められる。芭蕉没後8年目の1702年、『おくのほそ道』が刊行された。
芭蕉の忌日は「初しぐれ猿も小蓑をほしげなり」の句にちなみ“時雨(しぐれ)忌”と呼ばれ、毎年11月の第2土曜日に法要が営まれている。また、大阪市中央区久太郎町4丁目付近に“芭蕉終焉の地”の石碑がある。

芭蕉が生涯に詠んだ句は約900句。紀行文はすべて死後に刊行された。“侘び・さび・細み”の精神、“匂ひ・うつり・響き”といった嗅覚・視覚・聴覚を駆使した文章表現、そして「不易流行」「軽み」。この芭蕉の感性は多くの俳人を虜にし、いつしか『俳聖』と呼ばれるようになった。
最期の句は死の4日前の「旅に病んで夢は枯野をかけ廻(めぐ)る」“旅先で死の床に伏しながら、私はなおも夢の中で見知らぬ枯野を駆け回っている”。芭蕉が敬慕してやまない偉大な先人たち、西行、李白、杜甫らと同様に、彼も旅の途中で果てたのだった。

さまざまのことを思い出す桜かな(芭蕉)

※芭蕉忍者(隠密)説…伊賀の里の出身者であり、歩く速度が異様に速く、『おくのほそ道』の内容に不自然な点があることから、伊達氏の仙台藩の動向を調べる任務を負っていたのではと一部で指摘されている。出発前は「松島の月が楽しみ」と言っているのに、いざ松島に着くと一句も詠まずに一泊で素通りし、なぜか須賀川では7泊、黒羽では13泊もしている。そもそも江戸を出る時から、同行人の曾良の日記「3月20日出発」と、芭蕉の「27日出発」でズレている。こうした両者の記録違いは約80ヶ所もあるという。芭蕉の任務が諸藩の情報収集であれば長旅の連続も理解できる。だがこれらは取るに足らないことだ。隠密だろうと何だろうと、彼が詠んだ名句は本物だ。
※芭蕉は門弟の杜国(とこく)を“心も身体も”愛していた。芭蕉は彼を幼名のまま「万菊丸」と呼び続け、「寒けれど二人寝る夜ぞたのもしき」と残し、2人で伊勢から吉野まで花見にも行った。その思いは『おくのほそ道』後の晩年まで変わらず、万菊丸と会えない日が続くと、『嵯峨日記』に「夢の中で杜国を思い出し、涙で目がさめた」と、センチな想いを綴っている。
※芭蕉像は大量にある!
福島県白河市・白河関の森公園(曾良もいる)
宮城県石巻市・日和山公園(曾良もいる)
三重県上野市・近鉄上野市駅前
三重県伊賀町・役場前
江東区・芭蕉庵史跡展望庭園(隅田川の河岸)
江東区深川・採茶庵跡
足立区郷土博物館
滋賀県大津市・京阪石山駅前
三重県津市・丸之内商店街(歴史散歩道)
栃木県黒羽町・芭蕉の里(珍しい馬上像)
山形県・山寺(曾良もいる)
岩手県平泉・中尊寺金色堂、その他まだまだいっぱいある!

芭蕉関連のお薦め資料・鬼サイト3選→
http://www.asahi-net.or.jp/~ee4y-nsn/oku/aaipi01.htm 芭蕉の銅像が大集合
http://www.bashouan.com/index.htm 芭蕉庵ドットコム
http://www.ict.ne.jp/~basho/works/reference.html 芭蕉の俳句・検索システム
http://www.ese.yamanashi.ac.jp/~itoyo/basho/haikusyu/Default.htm 芭蕉俳句全集
http://www.intweb.co.jp/basyou/naruko_hagurosan.htm 尿前の関、山刀伐峠など充実画像





滋賀の義仲寺の墓 右端が芭蕉。左端で陽に照らされ
輝いてるのが源義仲


《あの人の人生を知ろう》
★文学者編
・宮沢賢治
・太宰治
・小林多喜二
・樋口一葉
・梶井基次郎
・清少納言
・近松門左衛門
・高村光太郎
・石川啄木
・西行法師
・与謝野晶子
・茨木のり子
●尾崎放哉
・種田山頭火
●松尾芭蕉
・ドストエフスキー

★学者編
●南方熊楠
●湯川秀樹

★思想家編
●チェ・ゲバラ
・坂本龍馬
●大塩平八郎
・一休
・釈迦
・聖徳太子
・鑑真和上
・西村公朝
・フェノロサ

★武将編
●明智光秀
●真田幸村
・源義経
・楠木正成
●石田三成
・織田信長




★芸術家編
●葛飾北斎
・尾形光琳
・上村松園
●黒澤明
・本阿弥光悦
・棟方志功
・世阿弥
・伊藤若冲
●グレン・グールド
●ビクトル・ハラ
●ベートーヴェン
●ゴッホ
・チャップリン

★その他編
●伊能忠敬
・平賀源内
・淀川長治
●千利休

●印は特にオススメ!

※番外編〜歴史ロマン/徹底検証!卑弥呼と邪馬台国の謎(宮内庁に訴える!)



愛と情熱のTOPページへ



【最新ランク】 DVDトップ100 本のベストセラー100 音楽CDトップ100 玩具のトップ100/(GAME)








オヌシは 番目の旅人でござる