命尽きるまで歌とギターで戦い抜いた男
【 あの人の人生を知ろう〜ビクトル・ハラ 】

Victor Jara 1932.9.23-1973.9.16(享年40歳)

チリの民衆が愛したビクトル


軍部に虐殺された歌手、ビクトル・ハラ

「…死体収容所は建物全部が死体であふれていて、事務所までも一杯だ。長い廊下、扉の前、床の上の死体の列。学生たちも死んでいた。そして無数の列の中ほどに、私は夫を見つけた。彼らは1週間でこんなにも変わり果てるような、どんなことを貴方にしたのか?眼は見開かれていた。頭部や顔面の皮膚の恐ろしい裂け目にもかかわらず、いまだに激しく果敢に抵抗しながら前を見つめているように思えた。彼の服はナイフか銃剣で切られたように引き裂かれ、下着はお尻のまわりにボロボロになってぶら下がっている。胸は最もひどく、穴だらけでパックリと傷口が開いていた。そして彼の手は…手首が異様な角度で、腕からぶら下がっていた。…それがビクトル、私の夫、私が愛した人であった」
これはチリのフォーク・シンガー、ビクトル・ハラの亡骸を妻が発見した時の証言だ。彼は軍事独裁政権によって、40才の若さで命を奪われた。
大昔の話じゃない、1973年の出来事だ。

政治家でもゲリラでもない、ただの一歌手だった彼が、なぜ軍部にこのような殺され方をしたのか。

2001年4月5日。僕は南米チリの首都サンチアゴにいた。この土地にビクトル・ハラは眠っている。ついにビクトルのもとへやって来たのだ!…といっても彼のことを知る日本人は少ない。実際僕も、ハラといえば女優原節子、「北斗の拳」の原哲夫先生くらいしか知らなかった…1999年のあの日、偶然カー・ラジオから流れてきた彼の歌声を聴くまでは!
人間の体の70%は水分だという。そう言われてもあまりピンと来ないけど、初めてビクトルの声を聴いた時、頭からつま先まで一気に水紋が耳元から広がっていくのを感じた。曲は『アマンダの思い出』。スペイン語だから歌詞の意味は何も分からなかった。なのに胸の奥底まで届く。その日の僕はトラックで野菜を運ぶ仕事をしていたんだけど、涙腺決壊で道が見えなくなり、路肩に車を停め、曲が終わるまでハンドルに突っ伏し身体を震わせていた。トラックの狭い運転席を満たした声は、これまでの人生で出会った中で、もっとも美しく、優しく、同時に意志の強さを秘めた声だった。人間の声が世界一美しい楽器だと初めて知った瞬間だった。


●ビクトル・ハラ『アマンダの思い出』(2分52秒)
…炭鉱で働く青年マヌエルと恋人アマンダの物語。実際の鉱山事故がモデル。
ビクトルの声が胸に染みる、美しくも切ないバラードだ。

「♪君を想い出す、アマンダ 濡れた路地を
マヌエルの働いていた工場に駆けていく君を
ひろがる微笑み 髪にかかる雨
なにひとつ気にせずに 逢いに行っていた
彼に、彼に、彼に…

彼は山へと発った
何も悪いことはしていなかったが (工場から)山へと送られた
そして5分間で粉々にされた
仕事に戻るサイレンが鳴る
多くの人が戻らなかった…マヌエルも…

君を想い出す、アマンダ 濡れた路地を
マヌエルの働いていた工場に駆けていく君を」


僕はビクトル・ハラの虜になり、彼のことを色々と調べてみた。そして、その生涯を知って愕然となった!!

●1932年9月23日、ビクトル・ハラはチリ南部で生まれた。名字のハラ(Jara)はスペイン語で“やすらぎ”“弓矢”という意味だ。
ビクトルは首都サンチアゴのチリ大学演劇学部に合格(奨学生)。演劇と共に音楽にも熱中し、チリ大の合唱団に入り初めてギターを手にした。卒業後は同大学の劇団に舞台監督として迎えられ、チリの年間最優秀演出家として各賞を受賞していく。
1957年、25才の時にフォーク界の中心人物、ビオレータ・パラと出会う。彼女は、ビクトルの才能を高く評価し音楽家の道を勧めた。
南米の地方村に伝わるフォークソング(民謡)を好んだビクトルは、歌い継がれてきた無名の曲を集める為に農村へ出かけ、 集めてきた民謡に自ら詩をつけ始めた。また、地方で大地主に搾取される農民の悲惨な生活を知り、社会変革の必要性を痛感する。
1961年(29才)、キューバで革命が起き、チェ・ゲバラ&カストロがハバナ入城を果たし南米が揺れる。この年、ビクトルは処女作『小鳩よ、君に語りたい』を作詞作曲。1963年、ベトナムでは米軍が本格介入に舵を切った。

34歳(1966)、ファースト・アルバム『ビクトル・ハラ』を発売。同年、チェ・ゲバラがボリビアで銃殺され、ビクトルはゲバラに曲を捧げた。
36才、ビクトルはチリ支配層の後ろ盾となっていたモービル石油と機動隊を皮肉った『モービル・オイル・スペシャル』を作る。



12歳のビクトル 最初のレコード『ビクトル・ハラ』

37才(1969)、空き地で暮らす貧農約100人に政府命令で機動隊の機銃乱射が行われ、10名が死亡、大半の人々が重傷を負う事件が起きる。ビクトルは事件が起こった土地から名をとった『プエルト・モントについての疑問』を作曲。また、麻薬汚染などアメリカの文化的侵略に対する抗議を込めて『カルメンシータを殺したのは誰?』を作る。これらの曲は名曲『アマンダの思い出』と共に、同年発売のアルバム『君の開かれた手の中に』に収められた。

また、この年の音楽祭《新しい歌の祭典》では『耕す者の祈り』がグランプリに輝いた。貧しい者に起ち上がれと呼びかけるこの歌は、歌詞だけでなく、その計算されたメロディー展開からビクトルの最高傑作との声が高い。曲は静かに始まり、次第にテンションが上がっていき、最後はついにギターをかき鳴らすという、めちゃくちゃエキサイティングな曲だ。ある人は“流行りのポップスのどんなドラムより何十倍も重くギターが響く”と評していたけど、全くその通りだと思う。

※なんとYouTubeに『耕す者の祈り』の動画もアップされていたーッ!

●ビクトル・ハラ『耕す者の祈り』

「♪起き上がれ そして山をごらん
川の流れを魂の風を

起き上がれ そして両手をごらん
育ちゆき 君の兄弟たちの手を握るために
共に行こう 血の絆に結ばれ
今日が明日に繋がっていくんだ

僕らを貧困へと支配するものから解放しよう
正義と平等の王国を我らのもとへ

共に行こう 血の絆に結ばれ
今も そして僕らの死のときも
アーメン!アーメン!」

2分バージョン…ビクトルが一人でギター片手に熱唱。たった2分でこの世界。
3分バージョン…男6人のバックコーラスつき。これがまた素晴らしい!


ビクトルは語る。
「僕が歌うのは、上手いからでもギターが弾けるからでもない。僕のギターは、農夫のクワやスキと同じで働く人の道具なんだ。僕は僕の主張の為に歌う」
以後、こうした抵抗歌を歌うことを当音楽祭の名前から「新しい歌運動(ヌエバ・カンシオン)」と呼ぶようになり、貧富の格差が激しいラテンアメリカ全体に、一気に広がった。それまでの抵抗歌と異なるのは、メロディーがズバ抜けて美しいことと、この手の曲によくみられた同じ旋律の単純な繰り返しが消え、曲構成の完成度が高くなったことだ。

「僕たちは、その時まで歌われなかった真実を語りました。新しい歌声は歌います。他人の畑を血と涙で潤している農民を。日毎、社会に押し潰されて死んでいく工場労働者を…」
※この運動に共鳴する音楽家は、アルゼンチンのアタウアルパ・ユパンキ、メルセデス・ソーサ、チリのビオレータ・パラ、キューバのシルビオ・ロドリゲス、ウルグアイのダニエル・ビリエッティ、ボリビアのルイス・リコ等々。

  音楽の道に進んだビクトル

38才(1970)、反政府デモをしていた18歳の青年が行進中に警官に撃たれて死亡する。ビクトルは彼の為にバラード『魂は旗に満ちて』を作る。

「♪君の死は君が進もうとしていた方向へ
多くの生を運んでゆくことだろう
兄弟よ、この大地の上で魂は旗に満たされる
恐怖にさからって前進する旗に…
僕らが勝つんだ 僕らが勝つんだ!」

9月、大統領選で人民連合のサルバドール・アジェンデが勝利し、世界初の“選挙による”社会主義国家が誕生する。国軍の最高司令官シュナイダー将軍も人民連合支持を表明した。だが、権益を失った旧勢力は強く反発し、シュナイダー将軍は極右の手で暗殺された。

39才(1971)。
人民連合政権は、チリの主要産業を米企業から取り戻して国有化。教科書や教材を無料にして誰もが教育を平等に受ける機会を作り、ミルクを無料配給して乳児の死亡率を低くするなど、貧しい民衆の為に次々と政策を打ち出した。これに対し、それまで甘い汁を吸ってきた大企業、そして彼らと協力関係にあったアメリカは政権転覆を企みCIAの工作員を派遣、チリ陸軍のピノチェト将軍を援助してクーデター計画を進める一方、ビクトルたちの「新しい歌」運動に対する執拗なテロ行為を繰り返した。

この年、ビクトルは年間最優秀の作詞作曲家としてレコード大賞を受ける。また“チリの良心”と呼ばれた詩人パブロ・ネルーダがノーベル文学賞を受賞する(ネルーダは映画『イル・ポスティーノ』でも有名)。


●ビクトル、最後の戦い

1973年、ビクトル・ハラ40才。
2月に総選挙が行なわれ、度重なる右翼テロに屈服することなく、人民連合はさらに議席を増やした。これによって民主的な手続きでアジェンデ政権を打倒不能と判断した右派や米政府は、反乱計画を過激化していく。
5月、右翼テロ反対のデモを行っていたビクトルの友人、ロベルトという青年が狙撃され死亡する。ビクトルは彼を追悼し『仕事場への道すがら』を書く。
6月、この1ヶ月だけで右派による放火、爆弾の投入れ、労働者と学生への銃撃など91件のテロがあり、サンチアゴでそれに対する百万人の抗議集会が開かれる。教会の大司教も集会を支持すると声明。
8月、右派が全国30ヵ所で鉄道を爆破。石油会社のパイプラインも破壊され、多くの工場が操業停止に。翌週、送電線が切断され首都全域が電力ストップ。チリ経済は壊滅状態へ。

9月4日、再び百万人が“右派に負けるな”とアジェンデ政権支持デモ。
9月7日、アジェンデは自分の政策の是非をあおぐ国民投票を9月11日に公示すると宣言。軍の上層部は国民投票を阻止する為、投票日に武装蜂起することを極秘裏に決定。
9月9日、米海軍艦隊が“訓練”という名目でサンチアゴの外港バルパライソに集結。

そして運命の9月11日。
米国から約300億円の軍資金と数千名のCIA工作員という大規模支援を受けたピノチェト将軍が、陸海空軍を率いてクーデターを起こす。最初にバルパライソを制圧し、一気にサンチアゴへ進軍する。
※9月11日は南米の人々にとって、米国人とは違う重みを持つ日なのだ。

大統領府は戦闘機のミサイル20発という猛爆撃を受けた。アジェンデ大統領は攻撃のさなかに国民へ別れの演説をした後、
「民主主義は軍部に降伏しない」
と言い残しピストルで自決。その日サンチアゴは快晴。しかしチリ国営放送は「サンチアゴには今雨が降っています」という声を流し続けていた。

  アジェンデ「民主主義は軍部に降伏しない!」

ビクトルは軍部に抵抗した7000人もの人々(国際赤十字推計)と共にスタジアムに閉じ込められた。やがて拷問や処刑が始まると、彼は皆を励ますためギターをとり人民連合のテーマ曲『ベンセレーモス(勝利するぞ)』を歌って抵抗した。軍人たちは怒ってギターを取り上げた。
「歌えるものなら歌ってみろ!」
罵られたビクトルは手拍子で歌い続けた。これを見て激怒した兵士は彼の両腕を折り、さらに指を銃の台尻でメチャメチャに打ち砕いた。
ビクトルはそれでも立ち上がって歌おうとした。銃口を前に一歩も退かなかった。逆上した兵士が、銃剣でビクトルの口元を切り裂き、機関銃の弾丸を雨のように撃ち込んだ。

クーデターの1週間後、死体収容所にビクトルを探しに行った妻が夫の変わり果てた姿を発見する。それが冒頭に記した「胸は穴だらけ」「手首が異様な角度で腕からぶら下がっていた」という生々しい記録だ。

アジェンデを支持したネルーダの詩集は発禁処分となる。悲嘆に暮れたネルーダはクーデターの約2週間後に心臓発作を起こすが、軍は救急車の出動要請を無視し、死に至るまで放置した。
また、真実を伝えようとした米国人青年ジャーナリストが行方不明になるが、この事件はCIAがチリ軍に『好まらしからざる人物』と情報を流していた事が発覚した(映画『ミッシング』のモデル)。

ピノチェトの軍事独裁政府は全ての政党を非合法化し、その後も徹底した反乱者狩りと裁判抜きの処刑を行ない、国際人権団体アムネスティの調査によって、4万人が虐殺、10万人が逮捕及び拷問された事実が判明している。最終的にはチリ全人口の5分の1が亡命するという異常事態になった。
これらすべてが、米政府の右派援助のたまものだ。

ビクトル・ハラの曲は放送禁止になり、その声が再びチリの街角に流れたのは、実に17年間後。チリが民主化を達成した1990年にビクトルのレコードは解禁された。

死の1ヶ月前、クーデターの直前にビクトルは『宣言』という遺言のような歌を書いていた。その歌詞を紹介したい。

「♪ただ歌いたいからといって歌いやしない 声がいいからってわけでもない
歌うわけは ぼくのギターに感情と理由があるからさ
このギターが 大地の心と鳩の翼をもってるからさ
ビオレータ・パラが言ったように春の匂いをもった 働き者のギターなんだ
金持ち連中のギターとは それは似ても似つかぬもの
ぼくの歌は星々に届くための足場
真実を歌いながら死んでゆく者の血管の中で脈打つとき
ぼくの歌は意味を持つ
虚しいおべっかや外国で得る名声でもなく
それは土の底までも 届いてゆく革ムチの歌
全てのものがそこへたどり着き 全てのものがそこから始まる
勇気と共にあった歌は 永久に新しい歌なんだ」


  「ぼくの歌は星々に届くための足場」


●サンチアゴの墓地へ〜ビクトル・ハラ巡礼

ビクトル・ハラが眠るチリの首都サンチアゴは内陸部にあるため、海路でやって来た者は西部バルパライソが玄関口になる。
バルパライソはチリ最大の港町。港周辺は酒をくらって沈没してる人があちこちに。多くの通りで野良犬の柔らかい落し物がオブジェのように並んでいた。

朝7時。街外れの長距離バスターミナルからサンチアゴ行きに乗車する。チリの交通費はかなり安く、トイレ付の立派なバスに2時間近く乗っても400円ほど。途中からバスに乗ってくる客は、ヒッチハイカーのように道端で親指を立てていて、彼らをバスがどんどん拾っていった。
9時ごろ、念願のサンチアゴに到着。
バルパライソ港の朝焼け  ワンちゃんたちで歩けないっす…

サンチアゴのバスターミナルは市の中心から離れていたけど、地下鉄1本でスムーズに移動できた。地下鉄はメチャ安で、仮に終点まで乗っても30円だった。
僕は墓地に一番近い『モネダ』駅で降り、タクシーを簡単につかまえられそうな市内最大の観光スポット、モネダ宮殿を目指した。
さすがは首都、ものすごい人込みだ。しかも大阪並の早足。道を尋ねたかったけど相手がシャアのようなスピードなので話し掛けられない…。オロオロしているうちに、路上でパンを売ってた50才位のおじさんが目に止まったので、“ハロー”と手を小さく振りながら接近した。
ちなみに朝のバルパからここまで、地下鉄駅を含め何人もの人と会話したけど誰一人英語を話せなかった。看板などもスペイン語オンリー。自身のパントマイムの技量が試された。
「セニョール!ドンデ・エスタ・モネダ?」(おじさん、モネダ宮殿どこ?)
「ペラペーラ、ペラペラペーラ、ペラペラ…」(不明)
おじさんの言葉を聞いても分からないので、僕は指で示す方向をひたすら目に焼き付けていた。で、おじさんが話し終わると、
「こう、こう、こう行って、こうですね!」
と指先をカクンカクンしながら確認し、コースを把握した。

5分後、モネダ宮殿の前に立つ。快晴。
この宮殿こそが、アジェンデが空爆を受け自害した大統領府なのだ。周辺の古いビルには未だに弾痕が残っていた。しばし、たたずむ。僕が立っていた宮殿前広場は美しい公園に整備されていて、犬の散歩をしている人や、ジョギングをしている人がすぐそばを横切っていった。

さて、タクシーだ。
海外には“ぼったくり”がポリシーの極悪運転手がけっこういるので、タクシーを選ぶ際に多くの選択肢を持つことは、非常に重要な事だ(僕は必ず人相を見て運転手を選んでいる)。モネダ周辺には予想通りタクシーが溢れていて安心した。

ラテン圏のタクシーは急発進、急ブレーキ、急旋回と3拍子が揃っている。なんていったって、チリのタクシーメーターにはスピード狂のマッド・ドライバーから乗客の安全を守る為に、時速100kmを越えてアラームが“カコーン、カコーン”と鳴ると、その間はメーターが上がらない様に出来ているのだから!
こんなシステムを導入することが、タクシーによる公道レースの現状を雄弁に物語っている。

僕は必死でJ・トラボルタやニコラス・ケイジ系の優しい瞳のドライバーを探し出して乗車した。
渋滞の市内中心街を北上しマポーチョ川を越え、サンチアゴで最も広い、というより、おそらくチリ最大の国民墓地に到着した。タクシーは15分ほど走ったが料金はたったの2ドルほど。ちょっと感動。

屋台のおかみさんと赤ちゃん チリは陽気な人がいっぱい 路地裏のオシャレ階段

国民墓地は20万人クラスの巨大墓地で、自力でビクトルと会うことは絶対に不可能と把握、まっすぐ管理人室に向かった。ギターを弾く真似をしながら“ハラ!ハラ!ハラ!”と名前を連呼すると、マリオのようなヒゲをした管理人のおじさんは、アジア人珍入者を10秒ほどジッと見つめた後、“オーッ、ハラ!”と合点し、壁にかかったボロボロの案内地図を指差して、墓までの道順を教えてくれた。
ビクトルは墓地の入口から一番遠い最果ての地に埋葬されていることが分かり、気合を入れて表へ出た。

「うわ〜ッ!」
歩き始めてすぐにめまいを覚えた。管理人さんは墓地中央の通路を一番奥まで歩き、どん突きを左に曲がれと言った(ように思えた)が、とにかく呆れるほど広大な面積を持つ墓地で、入口から延々とまっすぐ伸びるメインストリートは、果てが靄(もや)にかすんで見えなかった!

墓地は正門付近から順に金持ちエリア、中産階級エリア、貧民エリアと別れており、ビクトルは貧民エリアよりさらに奥というからどんな墓か想像がつかなかった。上流階級ゾーンではひとつの墓の高さが5〜8mもあり墓に彫刻が施してあった。中間層の墓は高さ50cmほどの霊廟(遺影入れ)&十字架、貧困層の墓は単純に鉄の棒を十字架の形に曲げたものが地に刺さっているだけだった。同じ敷地でこんなに墓のスタイルに格差のある墓地も珍しい。特に貧民区の最深部は雑草で十字架が見えないほど荒れていた。

てくてく歩くうちに、金持ちゾーンと中流ゾーンの境界付近にそびえ立つ、白い巨大な石塔が目に入った。近づいてみると、なんとそれはアジェンデ大統領の墓だった!彼は死後も独裁者ピノチェトから目の敵にされていたので、長くその亡骸は地方に葬られていたのだけど、軍事政権が倒れ民主化が達成された時に首都サンチアゴに移送されてきたのだった。
アジェンデが眠っている場所はこの国民墓地のメインストリートのほぼ中央。軍政時代は国賊呼ばわりされていたけれど、人々がどれだけ元大統領を慕っていたか美しい墓を見ればすぐに分かった。

  アジェンデの巨大な墓

自らの信念の為に散っていったアジェンデに手を合わせ、“今からあなたの友人ビクトル・ハラに会いに行きます”と告げ、その場を後にした。

強い陽射の中、墓地の奥へひたすら進むこと30分。枯草だらけで荒野のような貧民エリアを通り抜けた所に、ようやくどん突きの壁が見えてきた。塀の高さは約3m、そしてそこは…なんと“壁そのもの”が墓になっていた!
幅50cmほどの墓がタテ1列に5人ずつ積み重ねられ、それが視界の彼方までズラッと並んでいたのだ。

“こ、こ、この無数の墓の中から本当に彼を見つけられるのか!?”
一瞬躊躇し、とにもかくにも壁面を一墓ずつチェックし始めた。僕は“5、6時間はかかるな”と覚悟を決めた。
すると、探し始めて5分が経過した頃、20mほど先の壁際に緑色の立札が立っていることに気付いた。もしやと思って駆け寄ると、そこにはまさしく
『ビクトル・ハラ、ここに眠る』
と記されていた!案内板の背後の塀に目を移すと、確かに上から2段目の墓にビクトル・ハラと名が刻まれていた…!

クーデター直後の混乱の中で埋葬されたためか、ビクトルの墓には十字架の絵も碑文もなく、名前と生没年だけが記されていた。一切装飾のないコンクリートの地味な墓だった。
墓前には空き瓶が3本置かれ、それぞれに花がさされていた。
…僕が感動したのは、後からファンがそうしたのだろうか、墓の下に紙が貼られ、そこに彼を追悼する様々なメッセージが書き込まれていたことだ。しかも周りをよく見れば、側に生えていた樹の幹にも、墓の手前のベンチの側面にも、彼を愛したファンの熱いメッセージが至る所に刻まれていた…!皆のビクトルを想う温かい感情の渦に足が震えた。
(彼の周囲の墓は大半が軍事政権の犠牲者なのだろうか、ゲバラの肖像画が描かれていたものもあった)

絶句。軍部に抵抗して虐殺された人々の墓が壁一面に
並んでいた。みんな死亡日がほとんど同じ。むごい…
大勢の市民に交じってビクトル・ハラも眠っていた。
とても小さなコンクリートのお墓だ。どうか安らかに


ビクトル・ハラは40年の短い人生だった。当時の僕は34才で生き方を模索しており、この巡礼には特別の感慨があった。ビクトルはあの時スタジアムで、抵抗歌を歌わずおとなしく従順にしていれば、あるいは虐殺されなかったかも知れない。しかし、彼は歌わずにはいられなかった。
なぜか。
おそらく“ここで今歌うために俺は生まれてきたのだ”という思いが、彼の全身を稲妻の如く貫いたんじゃないだろうか。彼は生きる姿勢として歌手を選んだ。それは流行歌を歌うためではく、虐げられた人々の代弁者としての歌を歌うためだ。つまり、今ここで歌わなければ、こういう状況下でこそ歌わなければ、自分の存在意義を自身が否定することになると確信したのだろう。
仮に沈黙を守って生き延びても、それは彼にとっては自死に等しいと感じたのだと思う。

特に最後の最後、両腕を折られた後にさらに歌い続けたのは、歌は銃器に勝るという強烈な信念があったからだろう。自分の身を守ることも大切だけど、生命というものは、独裁者の下で「生かされる」状況ではなく、民主主義があって初めて輝くものだと彼は感じていたんだと思う。

ビクトルの墓に来るまでは、彼と会ったらこんなことを喋ろう、あんなことも喋ろうと思っていたんだけど、実際にいざ墓前に立ってみるとこの一言しか言えなかった。
「ムーチャス・グラシアス」(本当にありがとう)
墓参を終えて歩き始めた時、僕はヘミングウェイの『老人と海』に出てきた
「私は殺されることはあっても負けることはない」
という言葉を思い出した。

  ビクトル、あなたのことを忘れない!

※参考文献…エンカルタ百科事典、アルバム『人間であることの歌』ライナーノーツほか。
※参考サイト…チリ年表(入魂の年表。すごすぎる。めっさ詳しい)ビクトル・ハラ年譜
※ハラのCDは日本でも数枚出ている。お薦めは1992年にリリースされたベスト盤『ビクトル・ハラ/人間であることの歌』。日本語訳が付いててありがたい。でも、廃盤になったことから今はプレミア価格になっている模様。メーカーには再販を切に願いますッ!
※なぜ僕はサイトの更新を続けるのか。それは今回のビクトル・ハラのように、人間的に素晴らしい芸術家であるにもかかわらず、日本ではほとんど名前が知られていない人物を、心を込めて皆さんに紹介するためです!


●あの人の人生を知ろう〜チェ・ゲバラ編


《あの人の人生を知ろう》
★文学者編
・宮沢賢治
・太宰治
・小林多喜二
・樋口一葉
・梶井基次郎
・清少納言
・近松門左衛門
・高村光太郎
・石川啄木
・西行法師
・与謝野晶子
・茨木のり子
●尾崎放哉
・種田山頭火
●松尾芭蕉
・ドストエフスキー

★学者編
●南方熊楠
●湯川秀樹

★思想家編
●チェ・ゲバラ
・坂本龍馬
●大塩平八郎
・一休
・釈迦
・聖徳太子
・鑑真和上
・西村公朝
・フェノロサ

★武将編
●明智光秀
●真田幸村
・源義経
・楠木正成
●石田三成
・織田信長




★芸術家編
●葛飾北斎
・尾形光琳
・上村松園
●黒澤明
・本阿弥光悦
・棟方志功
・世阿弥
・伊藤若冲
●グレン・グールド
●ビクトル・ハラ
●ベートーヴェン
●ゴッホ
・チャップリン

★その他編
●伊能忠敬
・平賀源内
・淀川長治
●千利休

●印は特にオススメ!

※番外編〜歴史ロマン/徹底検証!卑弥呼と邪馬台国の謎(宮内庁に訴える!)




愛と情熱のTOPページへ




【最新ランク】 DVDトップ100 本のベストセラー100 音楽CDトップ100 玩具のトップ100/(GAME)