●第6部ジョジョ立ち・愛と情熱の敢行ルポ
        〜レッツ・ゴー!ケープ・カナベラル〜 (2004年6月)
画像111枚!

ジョジョ・ファンの中には第6部「ストーン・オーシャン」編を未読という、超もったいないことをしている人が意外と多いッ!
そこで、6部に激感動した自分としては、1人でも多くの人にその素晴らしさをアピールすべく、作品の舞台となったオーランド
とケープ・カナベラルで「6部立ち」を孤独に(ロンリーはいつものことだ!)敢行してきたッ!!以下、その熱血報告ッス!!

  

今回の奇妙な冒険でも大活躍だった、我が助手カメラマン『スタンド君』。いかなる状況でも冷静にカメラを
構え続ける心強い相棒(カバン)だ。「イタリア立ち」「アステカ立ち」の時と同様、盗難対策として、ひとつの
ポージングを2種類のデジカメのメモリーとノーマル・カメラで記録する3重の対抗策をとった。撮影時間は
長くなったが、強盗やひったくりにカメラを奪われた時のダメージを考えると、絶対に手を抜けなかった!!
(タイマー撮影中に通行人が横切るといったボツ写真は数え切れないッ!!)


●まずはマイアミへ


あれか?海の向こうに見えるあれがグリーン・ドルフィン・ストリート刑務所か!?
※ハイウェイも繋がっており、地形的にはソックリ!









  
「ウェルカム・トゥ・マイアミ」。
空港のカートが温かく歓迎してくれた。
マイアミから長距離バス「グレイハウンド」を使い、7時間かけてオーランドまで北上!





解体された「スタンド君」
「ピキュゥン・ピキュゥン!」 やっべ!バスの乗車前に、金属探知機にJOJO立ち用ポージング・グッズが反応!
警備員にバッグの中をチェックされ、必死に自分が「ごく普通の善良な旅人」であり、不審者でないことを説明した。




バス停の側の建物に巨大な「Fight Club」(ファイト・クラブ)の看板が!
このビルがウエストウッド看守のいる“ウルトラセキュリティ懲罰房”なのか!?



●オーランドの戦い

フロリダ州オーランド。人はそこをパラダイス・タウンという。同じ街にディズニーランドとユニバーサル・スタジオがあるからだ。
しかし、そんなガキの遊びに用はない!このジョジョ聖地でJOJO愛を全世界に叩き付け、「立て」さえすればそれでいいのだ!













「ウェルカム・トゥ・オーランド」
めっさ遠かった!!
(左)ユニバーサル・スタジオ(右)ディズニーランド。共に前だけ通った…。


    
頭の上の物は白いカツラでは
なく、あくまでも「白い帽子」だ。
先に宣言しておくが、「JOJO立ち」は世界に認められたアートとはいえ、自分にだって羞恥心はある。
ポージングを一発で決め、速やかに現場を立ち去れるよう、宿では夜更けまで特訓を繰り返した!
『JOJO立ちは一日にしてならず!』


★ウンガロ/ボヘミアン・ラプソディー戦









第75巻
消えた白雪姫!
ぐわー!絵本からキャラクターが抜け出していったぞ!











byウォレスとグルミット
第75巻 今度は脇腹からハサミを持ったヤギが出てきた!(モノは羊だけど…。)






第76巻 ゴッホが自画像から飛び出して、ヒーローの絵を地面に描いていったァッ!!




ポージング中、何度も車にひかれてしまったヒーロー…。


★リキエル/スカイ・ハイ戦







第76巻





模造紙で作った牛帽子と“うまい棒”のロッズ。渡米前、今回もし警察のお世話になるとしたらこのポージング中
だと内心腹をくくっていた。で、誰も見ていない一瞬をついたゲリラ立ちを敢行!…もう、この人生に悔いはない



★ヴェルサス/アンダー・ワールド戦



警察官に病院の場所を尋ね、街の中心にある診療所にやって来た!



ムム…?庭に何か白い物が埋まっているぞ!? ぬおっ!戦闘機だった!さらに掘ると… 今度はジャンボ旅客機が!(なぜ病院の地下に!?)



★ウェザー・リポートのヘビー・ウェザーが発動!



ウェザーの足元にカタツムリ!
「ウルァ!みんなカタツムリになってしまえ!」

もちろんゴム製のオモチャ。空港の手荷物検査で女性の
係員が卒倒寸前に。だから「ビー・ケアフル」と言ったのに…。
(いや、この“ビー・ケアフル”がマズかったのか!?)







第77巻
カタツムリになってしまった!
哀れ、エルメェス!※観光局の正面で敢行! ゴクゴク…「プハ〜ッ!!」



「ガハハッ!」ウェザーの雷撃マッサージ 明日はいよいよケープ・カナベラルだ。




●レッツ・ゴー!ケープ・カナベラル



ここからは徐倫(ジョリーン)と一体化するため、胸に蝶を装着!
(初めてネックレスを付けた…。まさかこんな日がこようとは。)


中央にケープ・カナベラルの文字! NASAケネディ・スペース・センター!
ズドドドド…。オーランドからは車で片道1時間20分。いやがうえにも胸が高鳴った!(素数を数えて落ち着け!)


宇宙センターに続く道周辺には野生のワニがいっぱい! 「Oh!アリゲーター!」皆エキサイト! 徐倫の指輪が当たったのはコイツか?




おお!あのプロペラ・ボートは刑務所の看守たちが乗っていたのと同じタイプではないか!?



バーン!NASA!! これがスペース・シャトル組立て工場だッ!

超厳重なセキュリティ・チェック。大きなカバンは持ち込み禁止、乳母車まで調べられていた!
※幸い、ここでのポージング・グッズはペンや紙など文房具系だったので怪しまれず助かった。



★プッチ神父/C-MOON戦








「なにーッ!か、体が…浮く!」

ケネディ宇宙センターを中心に異常重力が発生!付近の街中でも車が浮き上がった!




目標(最終バトルステージ)はこの正面ゲート、そして奥にあるビジター・センターだッ!!












第79巻










第79巻
「クーッ、この距離はツラい!」
プルプルプル。重力が水平方向に働くトンデモ現象の中、長く激しいバトル・ロードが始まった!
※ビジター・センターは遥か彼方だ…。















「届けッ!ストーン・フリーッ!!」
※スタンドは黄緑の紙テープを使用。
「うォォオオオ!お、落ちるゥッ!!」
な、なんとかつかまる事に成功した!
超アブナかった!!
徐倫「もう心は決まっている」
アナスイ「その遠くを見る目がイイ!」


写真の一番左の男性はJOJOの資料を見て「エクセレント!」「クール!」と叫び、なんと這いつくばって撮影して
くれた!街中ではなく観光地というせいもあるのだろうが、たくさんの人が「撮りましょうか?」と次々に声をかけて
きてくれビックリした。その都度「ちょっと奇妙な記念写真を撮ってまして…」と説明するのが大変だったゾ!(笑)
数々の美しいポージングが収め
られた30ページ分のJOJO資料!
これを見せれば「誤解」は解けた。











も、もう一息! 腕に力が入らない! ズデッ!! 左の「ズデッ」は、この
家族が撮ってくれた!
コチラはさらにリアル志向を追求し、本物の毛糸の玉を使ったバージョン!


「ふぅふぅ」 「ひー」
心を無にして縁石をよじ登っていく。気を抜くといっきに落下して一巻の終わりだ。骨折で済むはずがない。



ゴミ箱を足場に利用してさらに接近。チケット売場はもう目の前だ!


第79巻
徐倫たちはチケット売場のボックスによじ登った!
開館直後で少し行列に並ぶと入れた。しかし、ピーク時には入場制限もあるという。




ブラ〜ン。「く、苦しい…落ちる…!」 「ゼーハーゼーハー。きつ…」










  
「ドリャーッ!」
自分もやっとこさで、チケット売場の上によじ登った!!
別角度からも死闘を激写ッ!
※かなり遠くからタイマー撮影してます。



正面から家族連れ。さすがにこの時はポージングせず待った。大人より子どもに見られるのが恥ずかしい!










第79巻 ついにビジター・センターに到着ッ!
「攻撃の衝撃を吸収すればダメージを受けないッ!」
メビウスの輪!








さっそくSW財団が銛を打ち込んだ!
銛は見事にケネディの足元へ着弾!
ゴゴゴゴゴ…。銛にはキッスの
シールが貼られていたッ!!











第80巻 「神父が展示用シャトルに乗り込んだァーッ!」
銃を構えたまま絶句するエルメェス!
この紳士は資料を見ながら、
角度をつけて撮ってくれた!







「なッにー!?シャトルが宙に浮いているぞォォーッ!」 「天国の時はついに来たッ!」 これは幾らなんでも飛び過ぎ。
100円ショップで見つけたシャトル型ビーチボールがこんな所で役に立つとは!


●メイド・イン・ヘブン発動!



キターッ!アイスクリーム屋を発見!これで「メイド・イン・ヘブン」が出来るッ!

 

「ワーイ!いっただきま…」 「…す。げっ!もう溶けてなくなっているッ!
と、と、時が加速しているのかーッ!?」



のわーッ!次の瞬間、再び上空からグリーン・ドルフィンを見ていた!時が一巡してしまった!!




●帰国!

今回のケープ・カナベラル行きで何度も天国と地獄を味わった。経緯はこうだ!
1.オーランドから鉄道や路線バスなど公共の交通手段がなかった!原作にちゃんと書いてあるのに見落としていた! 地獄
2.レンタカーやマイカーなら行けた。しかし、自分は国際運転免許証を持っていない! 地獄
2.某地球の歩き方に、「オーランドからツアー(68ドル)が出ている」との記事を発見! 天国
3.ところがツアーは、週にたったの2回しかなかった! 地獄
4.その2回とは水・土。偶然にも、行こうと思っていた日も土曜日だった! 天国
5.ツアーは朝8時出発。オーランドに着いて速攻で旅行会社へ申し込んだ!その返事「満席です」。 地獄
6.もう行く術はないのかー!?宿屋のオカミさんに、半泣きで相談する。「タクシーかシャトルバスを使いなはれ」
「タクシー!シャトルバス!行けるんですか!?」「行ける」「で、でも、めっさ高いんでしょう!?片道1時間20分!」
「電話して、シャトルの値段きいたるわ」結果は往復で165ドル!「ひ、ひ、165ドル。もうちょい安くなりませんか」
「タクシーだったら240ドルくらいするで」「うおお…、アイ・ハブ・ノー・チョイス!165ドル払います!」 天国地獄

シャトルバスを呼んでもらったが、来たのはどうみても白タク(個人タクシー)。おまけにカナベラルに着いた時点で、
帰りの分まで前払いを要求された。“全額払っちゃって、ホントに迎えに来てくれるのか!?”心配になって「今は手持ちが
少ないから、帰りまでにキャッシュ・マシーンで引き出しておく」と言うと、「じゃあ100ドルだけでも先に払ってくれ」。
結局、押し切られて払ってしまったが…。






「ど、どうやって帰る!?」 もぬけの殻の駐車場。他の観光客も帰ってしまった!
17時に迎えに来るハズの車が45分を過ぎても来ず、超不安に。半額以上も先払いするべきではなかった!ワシのアホ!
※しかも、大きな荷物を宇宙センターに持ち込めないので、「スタンド君」はタクシーのトランクに入れたまま!(超ピンチ!)




ブゥーン、キキキーッ!

「すまーん!道路工事で大渋滞があったんだ」。ダッドリーさん、疑ってゴメン!引力=愛!
※ゲートの彼方から向かってくる車を見た瞬間、「オーイ、オーイ!」と手を振りながら駆け出している
自分がいた。それは、まるで太平洋を漂流中、数週間ぶりに船影を発見したような気分だったッ!




オーランドでの旅行客の平均滞在日数は5日間という。自分は2日間のみ…。
(ポージングに1日、宇宙センターに1日。っていうか、米国滞在自体が3日間。)



★夢か真か、別れのウェザー!!









マイアミ空港、離陸直前にスコール。 なんと虹が出た!しかもダブルで!
天(ウェザー)はなんてイキなことをするのかッ!
虹はやがて青空に溶けていった…命の灯が消え入るように。
さらばウェザー。こうして自分の第6部立ちは終わった。




(関空コンコースに散る)
マイアミ→サンフランシスコ→関空という地獄の20時間フライトをくらい、お約束の関空ダウン。
どうやらこの後は、朽ち果てた肉体を、身体の中にいる小人さんが家まで操縦してくれたようだ。



★おまけ〜旅のミニ・エピソード


火星の石に釘付け!







ケネディ・宇宙センターで一番感動したこと、それは本物の月や火星の石に触らせてもらえることだ!
月はともかく火星の石に実際に触れるなんて…興奮し過ぎてアホになった!老若男女、激感動ッス!!
マイアミ空港付近でバスから見た赤いテール・ランプ
が、“怒りに我を忘れている王蟲の群れ”に見えた。


マイアミに戻る7時間の移動で、20分と45分という2度の食事休憩があった。皆でゾロゾロとジャンク・
フードを買いに行く光景はグレイハウンドの旅ならでは。この食事休憩が終わると、バスの中の空気が
すごく和やかなムードになる。互いに初対面なのに、食事しながらお喋りしている内に、古くからの知り合い
のようになっちゃうんだ。車内の雰囲気がとても優しく、そして温かくなる食事休憩が、僕は大好きだ。
前の席にいた黒人のおばさんと白人の青年は、食事
休憩の後、ずっと他の乗客の赤ん坊をあやしていた。
赤ちゃんの親を含め全員が初対面。こういう光景が
ごく自然に見られるのは、とてもイイコトだと思う!


※追記…サイト読者の方から「フロリダ州は日本の運転免許証でレンタカーを借りることができます!」という情報を頂きました。(なんと!)


●撮影で遭遇したマイアミの警官たち


★ジョジョ・コーナー総目次 〔 おすすめコーナー 〕
●世界恩人巡礼写真館
●爆笑!仏像イケメンズ
●言葉の救命ロープ・名言集


【最新ランク】 DVDトップ100 本のベストセラー100 音楽CDトップ100 玩具のトップ100/(GAME)





ド根性熱血メインページへ