★第3部ジョジョ立ち in インド 2007.8

※第3部の読者投稿コーナーへ



『ジョジョの奇妙な冒険・第3部』の舞台といえば、DIOとの決戦の地となったエジプト・カイロが有名だけど、
次々と刺客が現れたアジア諸国も強いインパクトを残した。特にインドでは4人の刺客が登場し、アヴドゥルが
ホル・ホースの弾を浴びるなど激闘が展開!07年夏、舞台となった街でポージングを奉納した。


  
第15巻 カルカッタに到着してインド人のパワーにタジタジになる一行。花京院でさえ速攻で財布をすられてしまう。
“これだからいい”とアヴドゥル「要は慣れですよ。慣れればこの国の懐の深さが分かります」。この言葉を信じて出発!


 

今回インドに持参したジョジョ立ちグッズ。これを見ただけでどの場面を再現するつもりか分かった人はスゴイ!
タオル、フィギュア、ツタ、軍手、リンゴ、水鉄砲、お化けのカチューシャ、麦わら帽子、
黒のリストカバー、トイレットペーパー、そしてポージングの角度を検証する為の資料(コミックスのコピー)。

乗り継ぎの香港国際空港にて
「あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!『18時5分にフライトの予定が翌朝8時になっていた』。な…何を言っているのかわからねーと思うが、
俺も何をされたのかわからなかった…頭がどうにかなりそうだった…給油だとか天候不順だとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…」※機体トラブルでインドには14時間遅れで到着することに!やってくれるぜ、エアー・インディア。


「我が名はJ・P・ポルナレフ!」空港で一夜を明かすハメになり、香港ゆえ食堂でポルとアヴドゥルのバトルを再現

道路の真ん中に牛がいても、みんな慣れっこ 駅のホームにもいる 交差点で寄り添う3頭「ボクたちどうしたらいいの?」
インドで迎えてくれたのは牛たち!渋滞のあるところそこに牛あり。牛は聖なる動物(シヴァ神の乗り物)なので、どこに行っても悠然と歩いている



【 デリー近郊〜運命の車輪(ホイール・オブ・フォーチュン)/ズィー・ズィー 】

首都デリーの近郊で突然襲ってきた不気味なスタンド・カー!




第16巻 どこまでも追跡してくる!





 
第17巻 「勝ったッ!」ズィー・ズィーの勝利を確信した決めポーズ!



マンガを見せて事情を話すと「よし、やってやる」とのこと!さっそく腕に黒のリスト・カバー
して頂き「第3部完!」。笑顔のダンディな、めっさ心優しいズィー・ズィーさんでした♪



【 カルカッタ(1)〜J・ガイル/ハングド・マン 】

人口4580万のメガ大都市!1911年まではインドの首都だった。この街ではホル・ホース&J・ガイル組が襲ってきたぞ!

   




第15巻 鏡の中からズルリと
出てくるハングド・マン
ハングド・マン立ちはトイレット・ペーパーで呼吸が苦しいうえ、
膝を開いた体勢で肘を真っ直ぐ上げ続けるのでチョット辛い
撮影風景はけっこうマヌケだ
(カルカッタの宿にて)



ハングド・マンに気付いたポルナレフ。正義の“針串刺しの刑”をお見舞いするぜ!



【 カルカッタ(2)〜ホル・ホース/エンペラー 】

カルカッタにはなんと『JOJO's Restaurant』(ジョジョの料理店)があった!












裏通りにあるので注意しないと通り過ぎてしまう。
表通りの他店の屋根の上に看板が出ていた
ゴゴゴゴゴ   果たして… あった!ここだ!店から出てきたのは
トニオさん?ずいぶん日焼けされましたね















ものすごい勢いで店名をアピール! レストランは2階部分。1階も「JOJO's」
だけど、ジュース・バーになっていた
すっかりトロピカルになったジョジョ

せっかくなので、ジョジョズ・レストランの前でホル・ホースを再現!



 


第15巻 効果音は「メギャン!」
敵ながらどこか憎めなかったホル・ホース
「銃は剣よりも強しッ!」拳銃型のスタンドもクール!
※ちなみに水鉄砲は空港の荷物チェックもノー・プロブレム
ポリスが通りがかった!エンペラーが見えると
あらぬ誤解を受けるので思わず引っ込める





















第16巻 「カモオ〜ン」
おちょくり指数MAX
指を目線まで高く
あげ両足を揃える
第16巻 逃げ足の速さもピカイチ!(笑)
指をピーンと伸ばしてスタコラ走る※独立
記念日で頭上に小さな国旗がいっぱい


●アヴドゥルに捧ぐ!








第15巻 スタンドを出そうとした瞬間、背後の
水たまりの中から襲われたアヴドゥル!
「マジシャンズ・レッ…グハァ!」※倒れるアヴを見て
驚愕するポルナレフ(ターバンのシーク教徒のオジサン)
水たまりの側に横たわるアヴドゥル(涙)



【 ベナレス(ヴァラナシ)〜ネーナ/エンプレス 】


第16巻 ネーナが言ってた「日本人のクミコ
さん」のホテルを見つけたゾ!

まだ朝5時半なのに、ガンジス河のほとりは巡礼者で大賑わい!※動画(50秒) 路地裏にも“お牛さま”

ベナレスは3千年の歴史を持つヒンズー教最大の聖地!街はガンジス河に沿っている。
ここでジョセフはネーナの人面疽が右腕に寄生し、自分の腕と戦うことになった!















第16巻 「チュミミ〜ン」不気味な音
ジョセフ立ちをしていると…
「右腕はもっと上だぜ!」通行人から
“角度が違う”とツッコミが入った!
確かに手首はクロスしていた!
(ご指導有難うゴザイマス!)







腕からリンゴが落ちるシーンを再現!これもリンゴが
ちゃんと前に跳ねて転がるまで周囲のOKが出なかった!






“隠者の紫”で拘束!
危険極まりなしッ
「フムフム」単行本のコピーで角度を入念にチェック
するインドの方々。マンガは世界の共通語!




第16巻 ジョセフの「ニカッ!」
戦いの年季の違いじゃ!
「右腕を少し上にして親指を立てて…」
不思議そうに見つめる子どもたち
「ニカッ!」が完成!

当初のポージング予定はここまでだった!しかし、見物人から「是非こっちのポージングも再現すべき!」
と声があがった(オイオイ)。それは“エンプレス引きはがしポージング”!
















第16巻
近くのホテルの鉄柵にツタを絡ませる
インドの兄ちゃん「俺が背中を支えて
やるから思いっきり反り返れッ!」
「こ、こ、こうですか−ッ!」
人間讃歌を込めて!

 
「バホート・バホート・ダンニャワード!」(本当にありがとう!)。彼のおかげで完成度を高めることができた。お礼にジョセフ
帽子をフォー・ユー。彼は「JOJO good!」と吠えていたので、きっとインド全土10億人にジョジョを布教してくれるだろう! 
※テンパってて名前を聞けなかったけど、SONYのTシャツを着てたので、僕は「Mr.SONY」って呼んでます。(*^v^*)



【 ジョースター御一行の記念写真 】

インド・ジョジョ立ちが無事に終了し、トップに載せている横一列の写真を撮影!




大人や子どもに混じって、ワンちゃんまで一緒に
承太郎たちをのぞき込んでいるのが可笑しい
この角度からの5人もカッコイイ!っていうか、自転車に
お客さん乗せてるからちゃんと前見てこがないと〜!(笑)


















必死こいて撮影してると背後から
ネーナが迫って来ていた!
第16巻
美人に変装したネーナ
承太郎たちを見下ろし、対峙するネーナ。
ネーナは1対5でも全く動じず!ドドドドドド…





撮影後「腕がどろんこだよ」とハンカチを貸してくれた優しいお兄さん!
出会う人、出会う人、マジでこういう人ばっかり。親切がとても自然なんッス。 (>_<) ジーン



以上、インド・ジョジョ立ち、全行程完了!!



★おまけ〜アヴドゥルの言っていたインドの魅力を、この笑顔に見た!

インドのあいさつ「ナマステ・ジー」(こんにちは)は両手を合わせるんだ。(*^v^*)



インド国鉄の車掌さん ブッダガヤ スジャータ村










ガンジス河 アーグラー近郊の村 アーグラー近郊の村











道路の料金所 ブッダガヤのホテルマン デリーのおやっさん

旅で出会ったすべてのインドの皆さんに感謝!!

「インドはなかなか良い国だったぜ」 逃げ切ったホル・ホースも御満悦




★番外編…サイト読者の方の「第3部・ジョジョ立ち」を激報告!!

このコーナーでは第3部の舞台となった土地でのジョジョ立ち・投稿画像を紹介します。

  ★参考資料〜第3部の敵襲撃地(第19巻、28巻参照)

●成田発カイロ行きの旅客機 東シナ海上空(22:35)〜グレーフライ
●香港〜ポルナレフ
●南シナ海(ベトナム沖)〜キャプテン・テニール、オランウータン
●シンガポール〜デーボ、ラバーソール
●インド〜ホル・ホース&J・ガイル(カルカッタ)、ネーナ(バラナシ)、ズィー・ズィー(西デリー)
●パキスタン〜エンヤ(中部)、スティーリー・ダン(カラチ)
●アラブ首長国連邦〜アラビア・ファッツ
●サウジアラビア〜マニッシュ・ボーイ
●紅海〜カメオ(サウジ沖ファラサン諸島)、ミドラー(エジプト沖)

●エジプト
〔南部、スーダン近く〕ンドゥール
〔アスワン〕オインゴ、ボインゴ
〔コム・オンボ〕アヌビス神
〔ルクソール〕マライア、アレッシー
〔ギザ〕ダービー兄
〔カイロ〕ホル・ホース&ボインゴ(リベンジ)、ペット・ショップ、ケニー・G、ダービー弟、
ヴァニラ・アイス、DIO



●07年8月26日〜9月5日/シンガポール&インド(by流名さん)

第3部前半のデーボ戦やラバーソール戦の再現に挑む!

【 シンガポール編 】



第15巻
承太郎たちについてきた家出娘が「4シンガポール
ドル(約300円)は高い」と言ってたココナッツ・J
大衆食堂で注文したココナッツ・Jは
2.5シンガポールドル(約200円)。
やはり漫画はボッてたんですね(笑)
原作と同じアングルで撮られた
シンガポール名物のマーライオン


●ポルナレフVSデーボ



第15巻 ホテル「シャングリラ」 ポルナレフが泊まった912号室 シャンプーも「SHANGRI-RA」

シ〜ン 冷蔵庫の中身が全部出ている!中に隠れてるのがバレバレだぜ!





ズ… ズル〜ッ 「フフフ…俺の名は“呪いのデーボ”」

  
 
第15巻 「油断するなッ!脚をいきなり切られたッ!」ベッド下に潜むエボニーデビル人形
※ちゃんとナイフを持ってます(汗)
第15巻 「うげえッ!」ベッドの下敷きになったポルポル



こちらはジョセフの1212号室 第15巻 テレビを使ってDIOを念写!
「ハーミット・パープル!!」
「ヤツの考えを読んでやるッ!」
※“ネコドラくん”はこのシーンに登場

●承太郎VSラバーソール

第15巻 セリフはケーブルカー。
英語ではロープウェーも含まれるとの事
“攻撃無効化”という難敵イエロー・テンパランスが
ここで承太郎を苦しめた(けっこう高さがあるね)

「乗れや花京院」偽物の花京院に命令 原作とまったく同じ場所!




密室ゆえに逃れられないッ! コイツを熱するのはまずい! 第15巻 熱してだめならアイスバーで冷やす!

【 インド編 】


第16巻 「名はジョセフ・ジョー
スター!アメリカ人 ホテル・
クラークスに泊まってる!」
女帝戦の時にジョセフが泊まっていたホテル・クラークス。原作には名前しか出てこなかったこの五ツ星ホテルに、
ジョセフの気持を味わいたいという熱い想いからあえて宿泊した流名さんに、僕はッ!敬意をッ!表するッ!




第16巻


デリー北部の『運命の車輪戦』にて、ジョセフが街道の茶屋で
買ったサトウキビジュース。「微妙なとろみと、悪い意味での
青臭さが合体し、ゴクゴク飲めませんでした」とのこと r(^_^;)


動画1〜ラバーソール戦のケーブルカー(25秒)
脱出した承太郎に叫ぶシーンを再現「ケェ!逃れたつもりか?まあ、だが教えといてやる…耳クソをストローで
スコスコ吸い取ってよおーく聞きな…。俺のスタンド“イエロー・テンパランス”に弱点はない!お前は逃れたの
ではない!俺が追わなくてもいいだけなのさッ!このビチクドがァ!ガァハハハハハーハハハハーッ!」
※絶叫系のセリフなので、ボリュームを落として視聴した方がビックリしないかも(笑)。っていうか、流名さん、
声優でも食っていけるのでは!?(真顔)

  第15巻


動画2〜ポルナレフVS呪いのデーボ/登場シーン(1分14秒)
「しかしてめーら…俺たちに休むヒマも与えてくれないというわけか…出て来い!なかなか鋭い殺気をしているな…
ひとつ名乗っておきな…このポルナレフに殺される前にな…。てめー頭脳がまぬけか?冷蔵庫の中身を全部外に
出して片付けてねーぜ!」

    第15巻
バスルームを調べ、キーを置いてつぶやく



●07年9月3日 アラブ首長国連邦(by ひあげさん)

太陽のスタンド“ザ・サン”を使ってアラビア・ファッツが灼熱攻撃を仕掛けてきたアラブ首長国連邦。
ドバイの郊外にて実際に“ザ・サン”と遭遇した貴重な写真だ!!








 
第18巻 なんと気温70度まで上昇!アホになった花京院 ジョースター・一行を蒸し焼き寸前にした恐怖のニセ太陽!

ジョセフが落下しまくったラクダ ザ・ザンを背後に悠然とたたずむ



●08年2月26日 東シナ海上空・飛行機内にて(by nadaさん)

〔 タワー・オブ・グレー/グレーフライの襲撃 〕


第13巻の有名な出発シーン 「バーン!」ズラリと並んでいざ搭乗


 
ムシキングのクワガタをベースに、羽の部分
自らペイント。タロット付きというこだわり!
恐怖!タワー・オブ・グレーの無差別襲撃!飛行機内は大パニック!


〔 第3部ポージング 〕







第14巻 「おお…ブラボー!!」 第13巻 肉の芽を撃ち込むDIO!やっべ!





〔その他の海外ジョジョ立ち〕
・アステカ(メキシコ)立ち
・イタリア立ち
・アメリカ立ち(ケープ・カナベラル)


★ジョジョ・コーナー総目次


ジョジョ立ち・レベル2ポージング!


【最新ランク】 DVDトップ100 本のベストセラー100 音楽CDトップ100 玩具のトップ100/(GAME)




ド根性熱血メインページへ