「真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!
このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!」(SBR第1巻より)

〜ジョジョの奇妙な冒険第7部/STEEL BALL RUN〜
2009北米横断スティール・ボール・ラン立ち
サンディエゴ/San Diego〜ニューヨーク/New York(2009年7月)

西海岸(カリフォルニア州)サンディエゴ・ビーチからスタート! 東海岸ニューヨーク・マンハッタン島がゴール!

第1巻 行程6000km、未曾有の大陸横断レースは西海岸から始まったッ!


★1st.STAGE/15000m短距離

●カリフォルニア州サンディエゴ(San Diego)

サンディエゴはロスの南にありメキシコ国境まですぐ 街にはスティール氏が移動に使った鉄道が残る 雲ひとつ無い真っ青な空が頭上に広がる

 
SBR第1巻
旅の荷物を整理するジャイロ

原作をほぼ忠実に再現!右から地図、缶詰、水筒、マンガ本、磁石、時計、ナイフ、薬、テープ、鏡、ジャイロ、歯磨き粉、
歯ブラシ、針と糸、毛布(寝袋)、手袋、トイレットペーパー、マッチ(ライター)、コップ、フォーク、スプーン、ロープ、
クマのヌイグルミ、双眼鏡、ワイヤー、鉛筆、靴下、タオル。※ないのは馬用ブラシ、鞍、バケツ、ローソク

 
太平洋を見つめるジャイロ。横顔がカッコ良すぎる!

サンディエゴ・ビーチはとにかく長く広い!右を見ても左を見ても、果てしなく浜辺が続き、視界の彼方がかすんでいる。ここにレースの馬が並んだ

 
第1巻
1890年9月25日午前10時00分北米大陸横断レース『スティール・ボール・ラン』がスタート!3600を超える馬が走り出す!






上空から気球視点で撮影したレースの様子 “なんちゃってヴァルキリー号”にジャイロが搭乗! 視線の先にあるのはゴールのニューヨーク!




 
第1巻
レースを中継&記録する気球群
これは全くの偶然なんだけど、この日はサンディエゴにいくつも気球が浮かんでいた!
しかも、そのうちの一つはジョースターの星印!なんちゅうグッド・タイミング!

 
「Santa Ana」(サンタアナ)の風の中、選手たちはゴールを目指して疾走する!


★2nd.STAGE/サンタ・マリア・ノヴェラ教会→モニュメント・バレー(Monument valley)

●アリゾナ砂漠越え





40度オーバーの灼熱の大地を突き進む ロビンスンのチョヤッ?


●名も無き町にて/オエコモバVSマウンテン・ティム








第4巻
ティムの襟元に輝くSHERIFF(シェリフ)バッジ
レース中継地点のとある町にて。
「おや?何か光る物が道にあるぞ?」
なんと「SFERIFF TIM」!オエコモバの爆弾で
吹っ飛んだティムのバッジが落ちていたッ!


●ユタ州モニュメント・バレー/ポーク・パイ・ハット戦

 
“悪魔の手のひら”が出現するアリゾナ砂漠を爆走しモニュメント・バレーへ!

 





第5巻 突如、空に黒い羽とワイヤーが現れ… ジャイロの姿が消えた!

 
なにーッ!どうなってるんだ!?ジャイロはどこへ消えたんだ!?

髪が岩に結ばれ
宙づりになってた!
うおお、ジャイロ!今ッ!君を助けに行くッ!



●アリゾナ州グランド・キャニオン(Grand Canyon)





第1巻 ジャイロが特訓した壁をグランド・キャニオンで発見! 鉄球で削られ穴が無数に!

神々しいグランド・キャニオンの夜明け 何もかもが巨大スケール!



★3rd.STAGE/モニュメント・バレー→キャノン・シティ(Canon City)

●コロラド州キャノン・シティ〜ロッキー・マウンテン/恐竜王国(スケアリーモンスター戦)

北米を縦断する雄大なロッキー山脈 この大自然が次のバトル・ステージ

3rd.STAGEのゴールになったキャノン・シティは恐竜の
化石がたくさん発掘されることで知られている
観光案内所の前にも巨大なステゴザウルス
が立ち、“恐竜の町”を訪問者にアピール

第6巻 恐竜の化石とDio

ロッキー山脈にて。Dioが倒れて
いたのはこの場所か!?
ロッキーの日没は早い。高所には真夏でも雪が残る


「クンクン…コーヒーの良い匂いがするじゃないか」 恐竜化したDio!







住民まで恐竜に! この“聖人の眼球”を渡すわけにはいかないッ! 「TURBO」と刻まれた眼球をGET!



★4th.STAGE/キャノン・シティ→カンザス・シティ(Kansas City)

●カンザス・シティ郊外





 
第7巻

ホット・パンツが食料用にキープしていた牛さんが吊られていた!
「ジャイロ…僕ならそれには近づかない」


●リンゴォ・ロードアゲインとの遭遇






ようこそ、
『男の世界』へ
第7巻
誇り高きガンマン、リンゴォ!
廃屋を見つけてポージング!※近所の人にはオモチャの銃で
あることを先に説明済み。でないと誤解されてヤバイことに(汗)
グハァ!ここからジャ
イロの「覚悟」が目覚める


●カンザス・シティ〜ブラックモア戦



第8巻
街中の政府公館。
屋上はハト小屋
カンザス・シティは新しい建物が多く、原作風
の建物がなかなか見つからなかった。諦め
かけた頃、縦長でレンガのビルを発見!




第8巻 雨中でヨロヨロ ブラックモアは左足のつま先を上げ、逆に右足はカカトを上げる。レインコートと傘は必需品!







第9巻 ルーシー奮戦! ブラックモアやDioとの死闘を制し、荒野で「聖人の脊椎」をゲット!

カンザス郊外の夕焼け。旅はまだまだ続く



★5th.STAGE/カンザス・シティ→シカゴ(Chicago)

●恐怖のサイレント・ウェイ

11巻 川沿いのトウモロコシ畑とサイレント・ウェイ




トウモロコシ畑!
「本体を探すんだ!」謎のスタンド攻撃から逃げるジャイロ

トウモロコシ畑は簡単に見つかったけど、手前に川が流れている場所となると見つからず、カンザスからシカゴへ続く道を探し回った。
2時間後、ついに小川沿いのトウモロコシ畑を発見。とても小さな川だけど、サイレント・ウェイ戦をここで決行した!









 





水の中を「ギュゴ」音が流れてくる!

小川の背後はトウモロコシ畑!

どうやってあの戦いを再現する!?思わず
「出来るわけない」と4回叫んだ!






激戦の果てに沈みゆくジャイロ! うまく紙の上に乗った!流れる前に急いで撮影! 下半身から沈んでいく!ヤッベ!

●ヒガシカタ・ノリスケ





11巻 「ガサッ」トウモロコシ畑から周囲を伺う東方ノリスケ 仙台藩から参戦!



★6th.STAGE/シカゴ→マッキーノ・シティ

●シカゴ(Chicago)〜ミルウォーキー(Milwaukee)

 
大都会シカゴ!5th.STAGEはここからスタート





ミルウォーキーに向かう途中、森の中の部屋に遭遇 SBR11巻 なぜこんなところに!?





SBR11巻 シュガー・マウンテン登場! 「ひとつよろしくお願い申し上げます」 「寝室から入ってはダメですッ!」


SBR11巻 運命のチョイス 「落とし物はどちらのキノコですか?」


●そして…ミルウォーキー郊外・街角での乾杯!

SBR12巻 「なあ…馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」



  
シリーズ屈指の名シーン!日没後の街角で、雪中の乾杯! なんという詩情!



日没を待って撮影(真夏ゆえ、さすがに雪はナシ)

ワインをジャイロのマグカップに注ぐ。
背後はヴァルキリーとスローダンサー

●マイク・O&チューブラー・ベルズのセカイ







 
第13巻 ガルルル… バスルームの窓から次々と侵入してくる危険なバルーン犬たち!












第13巻 「ヒィイイイ」バルーン犬が体内に! 風船を結んでるうちにけっこう破裂してしまった…



★7th.STAGE/マッキーノ・シティ→フィラデルフィア

●ゲティスバーグの戦い〜シビル・ウォー

「ウェルカム・トゥ・ヒストリック・ゲティスバーグ」

ここゲティスバーグは南北戦争最大の激戦地!
今も古戦場にはたくさんの大砲が展示されている



 
第15巻 アクセル・RO(ロー)の精神攻撃!過去に捨て去ってきたものが出現、ジャイロの動きを拘束!




第15巻
水筒の聖水
は、早く、水で洗い清めるんだーッ!

撮影を行ったのは
奇遇にも「ウォーター通り」
ここでリンカーンが“人民
による…”の演説を行った



★8th.STAGE/フィラデルフィア(Philadelphia)→ニュージャージー





第16巻 激戦の舞台となったフィラデルフィア独立宣言広場

ここにルーシーと大統領がいるのか!
原作と同じ建物が目の前にあり感動!

●マジェント・マジェント






第16巻 河岸を疾走する
マジェントたちの馬車
(左後方に橋がある)
ウェカピポVSマジェントのバトルステージになったのは
(1)デラウェア河の河岸(2)独立宣言広場の近く(3)大きな
橋がある、これらのことから間違いなくこの場所だろう!
「20th(トゥエンティース) Century BOYッ!」
無敵の絶対防御!


 
第16巻 服の下にダイナマイト! ちなみに、撮影に使用した「ノーベル・エクストラ・ダイナマイト」はスウェーデン製のキャンデーだ!


●チョコレート・ディスコ

第17巻 クイッ! 大統領の刺客“ディ・ス・コ”の「チョコレート・ディスコ」が発動! 足下のマス目から攻撃を食らったジャイロ

第17巻 スッ! 危険な薬ビンを用意、硫酸攻撃で敵を追い詰める






第17巻 頭上から襲いかかる恐竜Dio URYYYYY!!

●D・D・D・D・C=D4C=“いともたやすく行われるえげつない行為”


 
第17巻
国旗の背後からD4Cの卑劣な攻撃!
独立宣言広場の近くの小道にD4Cが降臨!※これはさすがに、完全に人通りが途絶えるのを待って
敢行した。
写真では分り難いけど、この日のフィラデルフィアは猛暑。ナイロンの旗の中で窒息しかけ(汗)



★9th.STAGE/ニュージャージー→ニューヨーク(New York)

2009年8月現在、連載は8th.STAGEまで。その先は想像の世界!

「うおおおおお!」第1位でマンハッタンに到着したジャイロ! ゴォォオオオオオル!!テープカットだ!!

このテープカット(ゴールシーン)が現実のものとなるか否か!風雲急を告げるウルトラジャンプ(毎月19日発売)の連載を刮目して見届けよ!

《以上!レース終了!》







第7巻 ホワイトハウス
最後までお読み頂き…「感謝いたします」


レンタカーを初日にレッカー移動されるとか道に迷うとか色々あったけど、僕はッ!この旅をッ!砂漠の砂粒ほども後悔していないッ!

●おまけ〜移動中のフォト

こんな道が毎日続く 夜風の中、焚火で暖を取る 朝はケロッグで一日が動き出す

ド迫力のナイアガラ・フォールズ 野宿の翌朝は朝陽が目に染みる 宿も何もない荒野で日没。今夜もまた車中泊か

「オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく…なめらかに回転するかのような…オレとヴァルキリーだけが…『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい…天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ…『光』を探せ。『光』の中へ!」(ジャイロ)第9巻


★Special Thanks to T.Uさん→僕が過去に敢行した海外ジョジョ立ち(メキシコイタリアフロリダ)はいつも孤独な
1人旅。でも、今回の米国横断はジョジョファンのT.Uさんがペアに!撮影補助や構図のアイデアなど、多くの面で
助けて頂きました。本当に有難うございました!



(ジョジョ総目次へ)



メインページにGO!!


【最新ランク】  DVDトップ100 本のベストセラー100 音楽CDトップ100 玩具のトップ100/(GAME)