★ささやかな報告〜03.12.16 入籍レポート


〔2003年12月16日〕
今日16日は、僕にとっての人生の大恩人ベートーヴェンの誕生日。青春時代から20代を経て、今に至るまで
自分は彼と共に生きてきた。だから、人生のひとつの節目となる入籍は、昔からこの日以外考えられなかった。
仕事を早めに切り上げ、夕方、2人して自転車で役所へ婚姻届を出しに行った。昼間は混み合う役所内だが、
5時直前で僕らの他には誰もいなかった。提出する用紙は1枚だけ。
免許証を見せ、ハンコを押し、相方が住所の変更をして手続きが終わった。ここに至るまでの七難八苦に比べ、
そのあまりのあっけなさに2人で笑った。仲人なし、結納なし、式もなし。36才と35才の崖っぷち。
どちらの姓を名乗るかはジャンケンで決めた(勝った!)。




婚姻届!


市役所にGO!(タイマー写真) 橋を渡っている時に日没と重なった

 
あれが市役所だ! 17時前に戸籍課に到着。「ふぅ、間に合った!」

  

婚姻届を出した直後。ロビーで早くも不安に襲われる2人。「あわわ」「だ、だ、出してしまった…!」



申請の手続きが完了したのは5時17分。市役所を出る最後の2人だった。



正面玄関前で。何はともあれ、これからよろしくお願いします。


●祝!結婚記念大晩餐会

役所を出た後、駅前の小さな中華料理屋へ繰り出し、ちゃんぽん、天津飯、
ギョーザ、肉炒めを頼んでテーブルいっぱいに置き、ささやかな宴をする。




他に客は一人もおらず、貸しきり状態。





宴の真最中! もやし1本残さず喰らい尽くす!


●スペシャル・イベント〜レッツ!ボーリング

食後、相方が「何か普段と違う特別な事をしたい」と言うので、学生時代以来、15年ぶりにボーリング
をする(1ゲーム)。結果は自分がコテンパンに叩きのめされ終了。2人だけだとアッという間だ。





「なんだここは!?」何もかもキティ・ピンク! 視覚がおかしくなりクラッときた。
ガーターのオンパレード。



●新婚旅行〜超豪華!映画3本立て!

翌日は新婚旅行(!)で大阪梅田に映画を3本観に行く。選んだ3本は--
「ファインディング・ニモ」「マトリックス・レボリューションズ」「ラストサムライ」


爆笑につぐ爆笑だった「ニモ」。最高! 水曜日はレディース・デーで女性は千円均一。
もちろん、それを見越しての映画館への新婚旅行だ。

帰りに「指輪が要るぞ」ということになり、阪急百貨店に鼻息荒く突入するも、10分後に「プラチナ、普通に5万とか
書いてあったね…」「ほんと…」とスゴスゴ退散。結局、アクセサリーの雑貨屋を巡って相方の選んだ1800円の
指輪に決定。「今はこれでいい」とゴキゲンな彼女を見て、胸を撫で下ろす。

  

1800円の指輪でも丁寧にイニシャルを彫ってくれた親切な店員さん。こうして“ちょっぴり”特別な2日間が終わった。


彼女は周囲からこの結婚を反対されていた。「趣味が墓参り?」「文芸研究家ってなんだ?」「ジョジョ立ちってなん
だ?」「36才でバイト?」もう、反対理由は無限にある。それでもド根性で意思を貫き通した妻と、最後に結婚を認めて
くれた彼女の両親に、心から「(信じてくれて)ありがとう」と言いたい。
※相方は生粋の理系。自分は“超”文系なので、理系の相方とのタッグで、ぐんと森羅万象への切り口が増えると
思います!(すでに宇宙豆知識人類史年表のコーナーでは大いにその知識を借りていマス)

〔友人一同へ〕
報告が急になったのは、僕はこれまでの人生で2度婚約を破棄されてて(6年前と9年前)、それがトラウマになって、
実際に婚姻届が受理されるのをこの目で見届けるまで「結婚する」と言えなかったからデス。m(_ _)mスマン!







生きぬきます!


















オヌシは 番目の旅人でござる