☆『警備員が走って来るまで超接近』のコーナー


美の極致!アルフォンス・ミュシャ特別室


植物をモチーフに曲線を多用した優美なデザインで、19世紀末に花開いたアール・ヌーボー(新芸術)。
その頂点を極めた画家アルフォンス・ミュシャ(チェコ出身)の美世界を、とくと味わってもらおう!!

黄道十二宮(1897年)

嗚呼!ミュシャのこの絵、素晴らしすぎ。手前右下に月、左に太陽、服の模様が星々で、女性の後ろに
は星占いで有名な十二宮が描かれている。ミュシャは間違いなく人類史上最高の装飾画家だッ!!
※2位は誰か?それはマンガ家の萩尾望都!



月桂樹(1901年)

ミュシャといえば暖色系の作品イメージがあるけど、こういうグリーンを基調
とした作品も凛として良い。下ろした髪に様々な色が一筋ずつ入ってる。



連作《四つの星》より“月”(1902年) 羽根(1899年) 『ジスモンダ』のポスター(1895年)

月をテーマに描く。ミュシャの作品には珍しく、
やや小悪魔的な微笑を浮かべる女性。ドキドキ。

この気品!流れるようなラインが美しい。

フランスの大女優サラ・ベルナールを描く。
ミュシャの名を一躍有名した作品だ!



リブシェ(1917年)

約90年前の作品だけど、今でもファンタジーゲームのキャラ
とかで普通に登場しそうだよね。なんかこう、見入ってしまう。



ビザンティン風の頭部:ブルネット(1897年) ビザンティン風の頭部:(1897年)ブロンド

超複雑なデザインの髪飾り

伏し目がエレガントさ倍増(ヘッドフォンしてるみたい)



眠れる大地の春の目覚め(1933年)

晩年の作品。ミュシャはこういうタッチの絵も描けるんだ。う〜ん、ファンタスティック!







ダウンロードして使ってネ♪








オヌシは 番目の旅人でござる